The Penelopes - Good Music (1994)



 
From the 2nd album "Touch the Ground"


 The Penelopes、94年のセカンドアルバム"Touch the Ground"からの曲、"Good Music"。

 伊藤英嗣氏(現クッキーシーン編集長)が当時ポルスプエスト内に設立したRail Recordingsからリリースされたアルバム。1stが80年代英国ネオアコースティックと60年代の色が濃かったとすると、このアルバムはそこにもっと個人的なルーツ - 70年代後半の英国New Waveのパワーポップの色(まさに最近Pop Picksで紹介している音!)を加えた感じでしょうか。

 この曲については、シーケンサーの部分がThe Whoの"Baba O'Reilley"や"Won't Get Fooled Again"あたりとの共通性を指摘されたりしましたが、全くその通りですね(笑)。歌詞にも"Teenage Wasteland"という言葉が出て来ます。Elvis Costello、XTC、Squeeze(この曲が閃いたときはAny TroubleやThe Vaporsもイメージとしてありました)・・・十代の頃、良い音楽がボクの人生を救ってくれた・・・そう歌われる、まさにそのまんまの曲です(笑)。

(mixiより転載)

b0022069_17414278.jpg

b0022069_1742625.jpg

[PR]
by penelox | 2008-12-15 17:43 | The Penelopes関連


<< The Penelopes -... The Penelopes -... >>