The Penelopesの近況

 前にも書きましたが私、最近は録音したものがすぐmp3ファイルに出来る便利な小型レコーダーを入手しまして、次の作品に向けたデモのスケッチをしています。

 もちろんメインはThe Penelopes用なのですが、10~12曲のアルバムに対して今回は100以上用意していて、殆ど往年のマライヤかホイットニーか(例えがアレですね・・・)という感じなんですけれど、まぁまだアコースティックギターとVoだけの一発録り段階なので、いくらこんなに作っても、正式録音となって来た時に消えて行くものも多いとは思います。10何年ぶりに引っぱり出して来た曲もあって、かなり色んなタイプがありますが、まぁ私の好みなんて限られてますので、これから機材を揃えてちゃんと録音し始めて、見えて来ることの方が殆どで、まだまだわからないですけれど。アルバムとしてのバランスというのがあるので、曲どうしの相性が悪ければ、曲自体が良く出来たと思っても使わないでしょうし。そういうのはネット販売とかを考えています。

 またそれらとは別に、他のアーティストへの楽曲提供も、今後少し積極的にやろうとしています。これは、10年前に"Inner LIght"というアルバムを出した際に、色々実験をしまして、自分以外の方に歌っていただいたり、全く今までと違うタイプの楽曲を収録したり、というのをだいぶやったのですね。で、その作品を出した後、もうThe Penelopesでやれることはとりあえずは無いな、となって、別のことをやり出したんです。それが、自分以外のアーティストとのコラボレート(Rhythm Fantasyという女性デュオはこれでした)やら、別ユニットでの活動(Heartstringsというのを、ドイツ人女性Voとやり始めてました。結局2曲ほどデモを作るにとどまりましたが。あとアンビエント的なインストも沢山作りましたね)、それに楽曲提供(あるシンガーの作詞、私の作曲で、別の歌手に歌ってもらう、というようなこともやりました)だった訳ですが、今は割と、そういうモードにまたなって来ていまして。まぁもちろん、あの当時とは違って、もうすべてやり尽くした・・・というのではないのですが、自分なりのレベルでThe Penelopesはある程度のものは出せそうなので、さらなる刺激・・・といったところです。それに、当時に比べると連絡の取りやすさがもう、全然違います。まだPCはやってませんでしたし、私はケータイも持ってなかったから、連絡取り合って、デモを聴いてもらうのも一苦労で、まずは郵便でしたからね、カセットテープに曲入れて・・・(笑)。今はオンラインでmp3ファイルを送ったり出来るんですから、夢見たいですよ、ホント。とまぁ、この便利さを生かさない手はないなと、ようやく重い腰が上がりつつあります(笑)。

 で、とりあえず今やり始めているコラボレートとしては、Marsh Branchさんという、mixiでマイミクでもある女性シンガー・ソングライターの方に2曲、"Umbrella Weeps"、"Hidden Haikus"なる楽曲を提供しました。こちらはNew Waveやネオアコを通っておられる同年代の方というのもあってか、とってもやりやすかったです。また近々聴けると思いますのでお知らせいたしますね。また、同じくマイミクであるBoyfriend's Deadというシューゲイザータイプのバンドにも2曲、"Keep It Tight"、"Magic Rain"という作品の提供を予定しています。まぁこちらはまだ聴いていただけてないので、気に入っていただけるかはわかりませんが。私としては、ネオサイケが好きだというのでカメレオンズを意識して(笑)頑張りました。とは言え、どちらも作詞、作曲をこちらでやっていても全体としては上に書いたようなラフなスケッチでお送りしているので、アレンジはアーティストさんまかせですが。

 とまぁこんな感じで、最近はモノ作りに飢えている状態です。


・Marsh Branch - 大人っぽい女性Voのネオアコースティック/ギターポップというのはかなり好きなんですよ。ケイティディッズまた聴いてみよっと!

b0022069_0221653.jpg


・Boyfriend's Dead - シューゲイザーというのはネオサイケデリックの80年代末という時代なりの展開なのでしょうかね。ハウス・オブ・ラヴまた聴いてみよっと!

b0022069_022314.jpg


・サンヨー ICR-PS390RM- スケッチ作りに使っている小型レコーダー。Macに対応出来るか不安でしたが、何も問題なくて、良かった!

b0022069_02244100.jpg

[PR]
by penelox | 2009-07-07 00:24 | The Penelopes関連


<< 大きな音楽に救われた夜 ラヴレター・トゥー・アメリカ >>