不滅の北部魂(ノーザン・ソウル)・・・Hurrah!

Watanabe's Pop Picks 182
"Gloria" - Hurrah! (1985)
from the compilation "Boxed"

b0022069_0394827.jpg





 やっぱり良い曲は何年経っても良いな・・・。
 たぶん初めて聴いてから24年は経ってると思うのだけれど、やっぱり良い。同じように心が熱くなる。

 ノーザン・ソウルという言葉は、一般にはアメリカのモータウンとか、フィリーソウルを連想させるのでしょうけれど、スコットランド、それにリヴァプールやマンチェスターのような英国北部の音楽も、ソウル的スタイルというより、英国北部魂という意味でイメージ出来るんですよね。そんな意味で、フラー!。このニューカッスルのレーベルKitchenwareから80年代に飛び出して来た人達も、忘れ得ぬ人達。

b0022069_0393866.jpg


 同じく"Boxed"収録のいくつかを。どの曲も凛とした緊張感とコンパクトにまとまった良質の楽曲で、大変に聴きやすいです。原点のひとつと再認識。

■The Sun Shines Here
1982年の1stシングル。最高でした。



■Who'd've Thought
泣きのサビが好きでした。



■Hip Hip
 爽やかでどこか哀愁ある疾走感と言いましょうか。19ハタチのガキでしたから、当時は感情表現の引き出しを増やしてもらったような、そんな印象があります。



■Tame
これも好きな曲だった・・・。燃え上がるようなメロディー作りが上手い人達でした。



b0022069_0395930.jpg



 いちびって(=調子に乗って、というニュアンスの関西弁です)人気ブログランキングなるものに登録してみました。もしよろしければクリックして下さいませ。
人気ブログランキングへ
[PR]
by penelox | 2009-10-12 00:41 | Pop Picks


<< あの時代のあの音、そして鮮やか... 80's イングランズ... >>