Across 110th Street / Bobby Womack

from compilation "Midnight Mover: The Bobby Womack Collection" (1993)

朝から仕事。昼からやっとこさ時間が出来た。
しかしバテバテで元気なし。考えてみればもう何週間もまる一日休みがない。
その一方で、録音はどんどん予定からズレて行く。あーあ...。

だが、あせってみたところで。

実際のところ、音楽業界に浮上の兆しはないのだそうだ。
もう、決まりきった一部のアーティストと、決まりきったフォーマットの音楽しか食わせる余裕がないのだ、レコード会社も。そういう売れ線アーテイストでさえも実際は大変な状況なのだし。

だから、さもうまく行ってるかのような、見栄張ったハリボテのイメージ戦略なんぞもうやめて、みんなでどうやったら良い音楽が届くようになるか、もっと考えて行くべきだと思うのだが、自分さえ良ければという、道徳的にかなり低いレベルの人々が多く、いつまで経ってもその場しのぎがなくならない。プロ野球と同じで、上にいる人間が自分たちだけが助かることしか考えていないからだ。

...それにしても、勝ち組だの負け組だのって、安易に使う無神経さには正気を疑う。
ただ多種多様な生き方があるだけやないか、ホンマ。ちゃいまっか、皆さん?


しかしまあ、私がやるような音楽が好きな方というのは、本当に、心の底から良い音楽を愛している。それがいつも伝わって来る。だから、そういう方に出来るだけ届くよう、さらに音楽のクォリティーを上げて、良い音楽にしないと。
食えるとか食えないとか、そういう問題ではない。いつも良い刺激と、緊張感をもらっているのだから。

だから、自分の表現の完成を目標として、それを最優先することが結局人を楽しませ、聴く方への刺激になり、誠実さにつながるのだ。そして次の時代に何かが、姿勢のようなものが伝わって行く...そういう当たり前な、自然な人間の営みのひとつとして表現活動があるだけだ。

とにかく頑張るだけ。

上の曲は、1973年の映画「110番街交差点」の主題歌である。

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=19409


歴史を考えてみればわかるのだが、アメリカで黒人の人々が置かれ続けた立場を考えれば、自分なんて甘やかされまくっている。

だからといって(映画で描かれるような)犯罪を肯定するのではもちろんないが。
ただ、この曲の歌詞を見て欲しい。英語だけれど、わかると思いますよ、歌詞の主人公の置かれてる状況が。

http://www.reallyrics.com/lyrics/B021600010001.asp

貧困、教育の不足、偏見、差別、暴力...日本人にとって他人事でも何でもないと思う昨今。

さて、ギター録音開始。

http://www.jttk.zaq.ne.jp/penelopes/
[PR]
by penelox | 2004-12-05 19:22 | R&B/Soul


<< Commerciality /... キャプテン・ウルトラ / 冨田... >>