音楽を作るのは楽しい!


 mixiを御覧の方はおわかりと思いますが、このところつぶやきのところで、The Penelopesじゃなくて、The Trial Balloons(ザ・トライアル・バルーンズ/観測気球という意味)というユニット名で、いくつかスケッチを作っては聴いていただいています。The Penelopesとしてやっても良かったのですが、ある程度曲がプールに一杯になったというのもありました。それに、音楽活動をもう少し間口を広げるというか、緩やかなものにしときたいというのがありまして。ですから、これらの中からいくつかはまたThe Penelopesとして出て来る可能性もありますし、もしかしてこのままのユニット名で形にするかも知れませんし、他の方に歌っていただくかも知れません。そういうのも面白いかな、とか思ったりもするんですね。夢がありますでしょ。

 まあともあれ、ラフスケッチなんかの段階で聴いていただくのは、良いことなのか正直わかりません。なんだこの程度かい・・・と言われる可能性大ですし、のちに正式バージョンが出てくるまで興味を繋いでもらえるか、賭けではあるのですが。それでまあ、ユニット名も観測気球と(笑)。

 で、今回は、とりあえずは興味をもっていただける方に賭けたという訳です(笑)。

 でも、ああだこうだ書いてますが、結局のところはシンプルに、音楽作るのって、純粋に楽しい。それが今一番感じることです。そういう気持ちをこのラフスケッチから感じていだけたら嬉しいですね。

"The Trail Balloon"(6/23)
 観測気球というのは、政治家とか官僚なんかが様子見にメディアを使ってある意見を流してみて、世論の反応をうかがう、そういう時に使う言葉なんですが、当然そういうことをモロに歌おうと思ってる訳じゃなくて、人間関係にあてはめてみたんですよ。様子見の優柔不断さって男女関係にもないですかって・・・(笑)。そういう内容を、こういう楽曲に乗せるとどうなるかという感じです。


"Nearmisses"(6/25)
 心を広く持ったせいで誰かに裏切られた・・・そんな思いに囚われる・・・そういう経験って、ありませんか? そこからちよっと冷静になって誰かを(もちろん自分も)責めないようにしよう、ただ、もうがっかりさせないでおくれ・・・という、そんな歌ですね。


"Mellow Colours In the Sky"(6/25)
 "Penny Lane"でキンクスとXTCとエミット・ローズが待ち合わせしたような感じにしたかった(笑)。ふと空を見上げて、その穏やかさに圧倒されることってないですか。サビの「我々の小さな 無関心な目の前に 空の柔らかな色彩」・・・ここがとっても書きたかったところです。


"Vilolets In a Misty Morning"(6/25)
 宝塚での朝の一コマを絵画みたいに表現したものですね、これは。霧の朝の菫たちというのは、宝塚南口駅周辺でよく見かける音楽学校の生徒達のことをイメージしたんですね。なんだか現実味がないくらいの美しい生徒達たちが、いつも挨拶すべき先輩を探してキョロキョロしてる姿は、もうずっと前から、宝塚界隈でしか見られないものなんです。


"Uppermost"(6/26)
 夜中遅かったので、かなり抑え気味に歌ってます。サビの「君は最高 だけど不満がないと言うつもりはない・・・そうやって我々は成長し分別がついて行くのかな?」ここが結構書きたかったところではありますね。


"Let the Wildflower Be"(6/26)
 これは仕事で子供と接していていつも感じることを歌にしたといったところです。「そう、認めなきゃいけないよ 我々の未来が明るくないってことは でもこれは見逃しちゃいけない  未来は子供たちのものだということ もし野の花が奔放に伸びて行くのなら そのままにしておこうよ 立ち止まって考える時だよ 連帯感について」歌で世の中を変えることなんて出来ないんだけれど、人を少し立ち止まらせるぐらいは出来ますよね。それが歌を作る原動力になってるのも否定出来ないなって、思うんですよね。 


"Paradise In the Sands"(6/28)
 家の前に大昔に存在したダンスホールから色々と浮かんで来た物語を歌にしてみたというところです。セピア色になった古い写真、このカップルは誰? ときく子供に、君の曾祖父と曾祖母の若かりし頃だよって。「それが歴史だよ 無数の人々が作り上げた 勇敢なる一人の政治家でも 真面目くさった歴史家でもなく」というところがポイントですね。


b0022069_22384060.jpg

[PR]
by penelox | 2010-06-28 22:40 | The Penelopes関連


<< 原石放出中 My Favourite LP... >>