2010年10月の原石

前回に続きまして、10月に書いたラフスケッチです。


Feels Like the Sun (Is Coming Out) (10.10.7)

 曲構成をもう少しいじるつもりですが、一応最初のスケッチとして。まだタイトルに太陽が出てますね(笑)。17歳の頃の心象風景がすべてだとは思いませんが、その残像を辿って行くのもまたある種創作の引き出しのひとつになっていまして。


Daisy (Her Imagination Wanders) (10.10.13)

 恥知らずにも告白すれば、書く時に姪っ子が頭にあったことで出て来た曲。自分の子ではないですけれど、子供が周りにいることで得られるインスピレーションというのはもう、とてつもないものがありますね。

歌詞はこちら

彼女が大きくなった時に、見つけてくれたらいいなぁと・・・(笑)。


From the Belvedere (10.10.19)


 内容についてはブログの方に書いたことに尽きますね。歌詞もこちらの記事にありますのでよろしければ。



Thank You (10.10.20)

 どうしても忘れられない人についての、複雑な心境を書き残した歌という感じ。曲が軽やかなのは、歌詞が重いせいで自然とバランスを取ったんだと思います。そういう性格なのです・・・(苦笑)。



The Cookie Crumbles (10.10.22)

b0022069_21564569.jpg



 上の"Thank You"の続編的ではありますが、悲しいなら悲しいでいいじゃないか、自滅は避けて、まずはその感情に向き合おう、そして笑い飛ばそう・・・と、落ち込んでる自分に、穏やかに活を入れようとしてる歌ですね。



She's My Almanac (10.10.24)


 簡単に言うと、どれだけ苦しくても、結局誰かを好きになる気持ちは生き残るんだなと。そういう、人間の心の不思議さ(自分の不思議さかも/笑)についての歌なのかも知れません。
[PR]
by penelox | 2010-10-26 21:58 | The Penelopes関連


<< スコット・ウォーカーに恋して・・・ 2010年7月から9月の原石 >>