45歳の地図

 なんかあまりにナイーヴなタイトルで自分でも笑ってしまいますが、要するに、11月13日で私、45歳になりまして。そして、誕生日と言うものは、一度立ち止まって、過去や未来を考えてみたくなる・・・そんな効果があるのですよね。それゆえ、色々とこれまでのことやこれからのことを考えざるを得なかった。この日に決意のようなものが浮かんでくるのを押しとどめるのは難しかったと、そういうことです。


 そんななかでやはり思うのは、一番の懸案になっているアルバム作り。秋をテーマ/タイトルにした作品は、だいぶ頭の中で形になって来ています。かなり悲しいメロディーの曲が増えると思います。それは色々と辛い/キツい想い(女性に恋して、そしてかなわないというのは、わかってはいるけれど実に実に苦しいものですね/苦笑)を最近だいぶしたから自然と出やすかったというのもありますし、また、秋の持つ本質的な悲しみと落ち着きを表現として出したい、というのもありますね。The Penelopesというと、いつも、前向きで始まりの音、と評されますが、悲しくて立ち止まってる音も出したい訳です(笑)。


 そしてもうひとつ、テーマはなく、ダウンロードだけのアルバム、それにただで皆様にプレゼントするアルバム。このふたつも考えています。どちらかというと、こういうノンテーマの方が作りやすくて、既にデモスケッチで上げたような曲はこちらに行くと思います。


 ともあれ、この3つを中心に、毎年少し仕事が楽になりそうな2月以降、集中していけたら、と思うのですが、なにしろ生活もして行かなくてはなりません。両立がどんどん難しくなっているというのはコトバにすると簡単ですが、実際の所、常に少なからぬ数の生徒さんを抱えて、それぞれに異なる計画を立て、違うやり方/言葉遣いで指導し、そして突然の家庭や会社からの理不尽にも耐えるというのは、精神的、体力的にも正直非常に疲れます。そして疲労回復にどんどん時間がかかるようになって来ているのも事実でして。録音しようとしてもグタッとなって寝てしまっている・・・実際これの繰り返しでこの一年過ぎてしまいましたので、自信がないのです。これで録音に飛び込めるのか、怖いのです。



 けれど、mixiでも少し書きましたが、自分のモットーは改めて、迷ったら前に出る、というシンプルなものであることを思い出したところでして。ここまでやって来た/来れたのも、基本はそういう単純さと楽観主義、そして日々地道にコツコツ勤勉に勉強/研究することを忘れないこと・・・それでした。ホント、最近の日本人全体にも言いたいんですけどね、昭和の楽観主義と勤勉さをある意味思い出すことですよね。もちろん時代背景は同じではないですから、あんなエネルギーはないとか、動機がなかなか出て来にくいとか、色々言えますけれど、四の五の考えて結論が出ないのなら、結論なぞ出さなくて良いのかも知れませんよ。どういう気持ちを抱えようとも、苦しくとも、とりあえず目の前のことを着実にやり続けよう。それぐらいシンプルでいいんじゃないだろうか、そう思えるんですね。



 45歳は不惑ならぬ富惑・・・そんなつもりで、地図を書きながら少しずつ進んで行こうと思います。



"Melt the Snow" The Penelopes



[PR]
by penelox | 2010-11-15 00:35 | The Penelopes関連


<< 近況など・・・ スコット・ウォーカーに恋して・・・ >>