アルバム録音日記: 2011年2月27日+ 3月4日

2月27日

 結局今日は朝だけ録音ちょこちょこやってあとは何も出来ず。明日もほぼ一日何も出来ない。集中して出来る日に備えて気力体力を整えるべく、気持ちを切り替えないと!

 う~とかあ~とか、そういう言葉しか出て来ませんが、色んなことを見失わないようにしないと。歌詞の一節をメモったのも忘れないようにしないと。しないとだらけのトゥナイト・・・(すみません/苦笑)。


3月4日

 久々に録音。"Spectrum"の外科手術、なんとかひとまず完了。テンポを上げて様子を見て、サビを半分に削り、ブリッジを復活させ、エンディングを決める。その後テンポを戻してみる。これでなんとか4分以内に収まりそう。

 この曲で考えているのは、とにかくダラダラしないでサラッと聴かせたい。それを忘れないで、熱くなり過ぎず、客観性をどうやって保つか、ということでして。自分で自分をプロデュースするというのがどれだけ可能か試してるというのもあります。

 改めてざっと聴いてみるとあっさりし過ぎてるかなぁとも思うけれど、これも新しい一歩。一応この構成で完成まで持って行こうと思います。

 "Spectrum"の細かい修正をして、今度は"Smile Away"という曲に取りかかってます。これは10年以上前の曲です。

 今日は一日仕事を休みにしたおかげでだいぶ録音が進みます。というか、殆ど進んでなかったので、これからなんですけどね(苦笑)。

 "Smile Away"は、ビートルズへの想いを昔のマッドチェスター系のリズムで表現した感じでしょうか(笑)。"Red Letter"(注・"Smile"はこの曲の控えなのです)もビートルズの影響下にありますので、いわばニセビートルズ対ニセビートルズという訳です(笑)

 もうひとつ、"Marmalade..."という曲のリズムとピアノのちょっとした導入部のとっかかりをつけておく。これは2曲目の"Bells"の控え曲。

 それにしてもLogic Studioでピタっと合う音を見つけるのに苦労してます。もっと研究しないと・・・(苦笑)

 この曲、"Marmalade Meadow"(ママレードの草原)というタイトルなのですが、これはもう今はこの世にいない、自分が子供の頃お世話になった、あるイギリス人女性のことを歌にしようとしているのです。


注・とにかく持てる力の全てを賭けて良い歌を作りたい! 理屈抜きで、聴いた方の心が少し軽くなる様な、温かみで心が満たされる様な歌を・・・この日記の頃はそこまで思っていなかったのですが、震災、原発事故であまりに思うことが多い今は、歌そのものの力を純粋に信じたい気分です。
[PR]
by penelox | 2011-03-26 00:38 | The Penelopes関連


<< アルバム録音日記: 2011年... 御覧の皆様へ >>