フランスLa Magic Box によるThe Penelopes インタビューより (2)

b0022069_14564724.jpg


曲解説(続き)

And She Does (Does Me Good) - Talking Heads have a song called And She Was... At first I wanted to sing like Bryan Ferry ( my old brother would often play Roxy Music records when I was a teenager) singing on the Velvet Underground's Waiting For the Man track, but it was naturally getting closer to my all time favourite Rocket From A Bottle by XTC.


アンド・シー・ダズ(ダズ・ミー・グッド)
「Talking Headsに"And She Was"って曲がありましたよね。最初はVelvet Undergroundの"Waiting For the Man"をバックにBryan Ferry(Roxy Musicのレコードを十代の頃兄貴がよくかけてたんですよ)が歌ってるようにしたかったんですが、自然といつもお気に入りの曲であるXTCの"Rocket From A Bottle"に接近して行きました」



The Disappointed (XTC) - I hope this version doesn't insult the best track on their Nonsuch album.


ザ・ディサポインティッド
「このバージョンが彼らのアルバム"Nonsuch"のベスト・トラックの侮辱になってないことを願っています」


Hanyu No Yado (Home Sweet Home) - I picked up this old song because I wanted to put a Japanese song on the album and also because it was not originally a Japanese song actually - originally made for the opera Clari, Maid of Milan, a play about an Italian, words written by an American and music by an English! Like the song's interesting travel around the world and what the words said, I wanted it to be the mixture of many different things - the traditional Japanese fete rhythms and percussions with the syhthesizers symbolizing technology, or singing in Japanese in the wind of a Chinese flute.


埴生の宿
「アルバムに日本語の歌を入れたかったというのと、実際は日本の歌ではない - 元々はイタリアの人についてのクラリというオペラのために作られたのであり、しかも歌詞はアメリカ人、曲はイギリス人によって書かれた! - という理由で選んだんです。この歌が世界中を回ったように、そして歌詞が伝える内容(故郷についてのこと)の様に、カヴァー自体も沢山の様々な物事のミックスであって欲しかったんです。つまり、伝統的な日本のお祭りのリズムや打楽器にテクノロジーを象徴するシンセサイザーだったり、中国の笛による風の中で日本語で歌うこととか。



- An evolution in your music after more 10 years of recording ?

- 10年以上に渡る録音での音楽の進化については?


About song writing, in terms of both lyrics and song crafting, I think I have gradually learned to focus on what I want to express. Now I feel I can approach the proper expression easilier than 10 years ago or so. As for the arrangement, the progress in recording equipments is really amazing. 20 years ago when we recorded the 1st album, little did I imagine the recording circumstances now I'm in.

ソングライティングに関しては、歌詞と曲作りの両方の観点から、徐々に自分が表現したいことの焦点が合わせられるようになってきたと思います。10年かそれぐらい前よりはふさわしい表現により容易に近づくことができていると今は感じています。アレンジについては、録音機材の進化が本当に驚くべきものがあります。1stアルバムを録音した20年前は今いるような録音環境を殆ど想像出来ませんでしたから。



- You're definitely the fan of the English band XTC. You signed a cover of The disappointed. A different version of the original, like your own universe, more acoustic. This song has a signification for you ?

- イギリスのバンドXTCのファンですよね。"The Disappointed"をカヴァーしてますが、オリジナルとはかなり違ってますね。貴方自身の世界というか、もっとアコースティックで。この曲は貴方にとって重要な作品でしたか?

b0022069_1458022.jpg


Of all their albums, Nonsuch is I think the best work of the band as a trio. And The Disappointed is the best track (along with Wrapped In Grey), so covering the song was just like trying to reach the crest of an extremely high mountain! Avoiding making it sound like an exact copy, I wanted it not to be some sort of insult to the best pop band in the 80s but to be a testimonial letter saying "thank you very much for rescuing me in my younger days"!


彼らの全てのアルバムのなかで、"Nonsuch"がトリオとしての最高作だと思います。そして"The Disappointed"は("Wrapped In Grey"と並ぶ)ベストトラックですよ。だから、その曲をカヴァーするというのは、非常に高い山の頂上に到達しようとすることの様でした。完全なコピーのようにするのは避けて、80年代のベストポップバンドへの侮辱ではなく、「若い頃に救い出してくれてありがとうございます」と述べている感謝状にしたかったんです。
[PR]
by penelox | 2013-08-11 14:59 | The Penelopes関連


<< 音楽ウェブジンCheer Up... フランスLa Magic Bo... >>