フランスLa Magic Box によるThe Penelopes インタビューより (3)



b0022069_107337.jpg



Do you have some projects in 2013-2014 (concerts in Japan, in another countries ?). Have you ever recorded a live version of you music ?

- 2013年から14年にかけてのプロジェクト、ライヴの予定はありますか?
あなたの音楽のライヴを録音したことがありますか?



Currently I'm recording a lot of songs for two projects: one is the collaborations with some female artists and the other is The Penelopes new album. The former one will be released next year and The Penelopes album in 2015 or so. As for concerts, I have no plans at now, but maybe in 2015.

I have some mini discs containing the live versions of our songs, maybe somewhere in the closet. I want to release them in the future.


最近は二つのプロジェクトのためにたくさんの録音をしています。ひとつは何人かの女性アーティストとのコラボレーションで、もうひとつはThe Penelopesのニューアルバムです。前者は来年、The Penelopesのアルバムは2015年かそれぐらいに出すつもりです。コンサートについては、今は計画してませんが、たぶん2015年にはやるつもりです。

私たちの曲のライヴバージョンを録音したミニディスクはいくつかありますよ。たぶん押し入れのどこかにあります。将来リリースしたいものです。




Can you speak to us about the situation of pop music in Japan ? Are The Penolopes members of a movement, a “musical scene” ?

- 日本の音楽シーンについて話していただけますか?
ペネロープスはあるムーヴメントや音楽シーンの一部なのでしょうか?


Well about the major pop scene, there're many teeny pop groups like AKB48 and so called J Rock stuff (typical Japanese pop/rock), and also in the indie pop scene there seem to be a lot of young artists and quite a few fans are with them in the circle, and many of them don't inspire me sadly... Where is conscientious pop music? Such a situation seems to have stayed the same for the past decade. As for The Penelopes, we're not young, and not in a major label, nor in certain marketable category, just trying to invent our own hearty, conscientious pop music , which means not many but faithful music lovers come to listen to us without fear. We may be regarded as the strange fossil from the old school guitar pop ruins somehow still breathing. Of course I don't want that 'old school' tag, but I can't help it.


そうですね、メジャーのポップシーンについては、AKB48のようなたくさんの十代向けポップグループ、それにいわゆるJ ロック(典型的な日本のポップ/ロック)のアーティストたちがいます。そしてまたインディーのシーンにもたくさんの若いアーティストがいて、少なからぬファンがその輪のなかで彼らについているというところでしょうか。で、それらの多くにはインスパイアされませんね、残念ながら・・・。良心的なポップミュージックは何処にあるんでしょうか? そんな状況が過去10年同じままだったように思えます。


The Penelopesに関して言えば、私たちは若くはないし、メジャーレーベルにも所属していない。ある種のマーケティングしやすいカテゴリーの中にいる訳でもなく、ひたすら自分達ならではの、心ある、良心的なポップミュージックを作り出そうとして来たのですが、それでどうなったかというと、多くはないが誠実な音楽愛好家の人たちが恐れる事なく私たちの音楽に耳を傾けに来てくれる、ということです。私たちは旧世代ギターポップの廃墟から出土した、どういう訳かまだ息をしている奇妙な化石みたいにみなされているのかも知れません。もちんそんな「旧世代」タグは要らないのですが、どうしようもないのです。









Do the recent ecological problems in Japan (Fukushima) have an influence on the songs ?

- 最近の日本の、福島の環境の問題は音楽に影響を与えていますか?


In my personal opinion, the ecological situation is getting worse here. Fukushima Daiichi Nuclear Plant is still emitting the massive radioactive substances and contaminating our land and of course the earth. But the government and the bureaucrats here are also still trying to deceive the nation by announcing "nuke energy is cheap and safe" or "the influence of the exposure to the radioactive substances from Fukushima is minimum, less than the Chernobyl accident". Sadly the nonsense is working even at now. The big problem seems to be so many people who lack in, or even try to avoid some independent thinking. Our last single Honeymoon Is Over was about a man who knew the truth about nuke plants and tried and failed to tell it to other people. Some people are working hard to change the situation, but it's really difficult to do so in a country under such powerful bureaucratic and business world's control.


個人的な意見では、ここ日本の環境状況はどんどん悪くなって来ていると思います。福島第一発電所はいまだ大量の放射性物質を放出していて、私たちの国を、そしてもちろん地球全体を汚染して行っています。しかし政府や官僚たちは「核エネルギーは安くて安全だ」とか「福島から出た放射性物質による被曝の影響は最低レベルで、チェルノブイリ事故以下だった」などと宣伝することでいまだに国民を騙そうとしているのです。悲しい事にそのでたらめが、今の段階でさえ上手く機能している訳です。大きな問題なのは、ある種の自立した思考に欠けている、あるいは避けようとさえしているとても多くの人びとに思えますね。


b0022069_1081623.jpg



The Penelopesの去年のシングル"Honeymoon Is Over"は、原子力発電所の真実を知って他の人たちに伝えようとするが失敗する人についての歌でした。この状況を変えようと頑張っている人たちもいますが、これほど強い官僚や財界のコントロールの下にある国でそれをやるのは大変困難なことです。
[PR]
by penelox | 2013-09-13 10:11 | The Penelopes関連


<< 音楽ウェブジンCheer Up... 音楽ウェブジンCheer Up... >>