Midday Stars / The Penelopes

from album "Eternsl Spring"


iTunesで、ニューアルバムの曲を聴く。一緒に以前の作品もシャッフルして聴いてみる。

あ〜、変わってへんなぁ...という思いが改めてこみ上げて来る。何せ11年前のアルバムと比べても本質は殆ど変わっていないのだから。メロディアスなポップロック、まさにこれなんです。頑固とか言われるのもむべなるかな...である。しかし、進歩してない、というのではないと思いますけどね。決して!

少々呆れるとは言え、これで良かったのだという思いの方が強いのも事実である。自分の人生をかけて、こういう音楽をやりたかった...まだまだ完成度に満足はしていないけれど、そう思ってやって来てこうなった訳だから、ある部分では大きな達成感があります。しかもそれで7枚も作ったのだから!これが自分が生きた証な訳だから。遺産、遺書と言っても良いぐらい。

で、なかなかそれをまとめて振り返るチャンスがなかったんで、今自分でiTunes内で勝手にベストを作ったりしている訳です。前から書いているけれど、今度出すアルバムの次はベストアルバム、と決めている。たぶん2006年か2007年。本当は全7枚からセレクトしたいけれど、最初の2枚はライセンスの問題とかがクリアー出来ないと使えない。で、その件を担当、あるいは解決するのに動いてくれる方...と考えて行くと、うーん、やっぱり無理かな、となる。自分の作品なのにどうして、と思われるかも知れないけれど、色々ね、あるんです。で、3枚目は権利ごと買い取ろうと思っているのですが(実際そのオファーも来ている)、お金が数十万必要なので、まだそこまで踏み出せない。

そこで、とりあえずここに自分が作りたい"The Best Of The Penelopes"をアルバム曲からピックアップして勝手に組んでみた。個人的に好きな、自信ある曲ばかりで。もしこれを万が一、昔関わって下さった方が御覧下さっていたら...という淡い期待のもと。

"IN A BIG GOLDEN CAGE"(1993)b0022069_0553210.gif
Evergreen
Sick Of You

このアルバムは歌詞とかVoスタイルとかで時に顔から火が出るぐらい恥ずかしい。それでも曲はオーソドックスで、気に入ってる曲もある。この2曲はPenelopesの原点なので外せない。



"TOUCH THE GROUND"(1994)b0022069_0562281.gif
Good Music
If You Need Somebody To Love
Fences

Good Musicもある意味自分の原点。If you...は新しい地平に向かい始めた象徴的作品。Fencesは今の方が誇りに思うぐらい。まだまだぎこちないけれど、勢いがそれを補った...と言うと綺麗な言い方かな?


"KISS OF LIFE"(1997)b0022069_0564090.gif
When Tomorrow Comes
Umbrella Day
Hopes And Fears
Time After Time

When Tomorrow...は殆どノーザンソウルに影響された英国ポップの自分なりの翻案と言う感じ。69年ぽいと言われるのも今となってはわかる。Umbrella、Hopesも新しい方向性なので外せない。Time...はフォークロック/マージービート的作品で、これがのちのMidday Starsにつながる。アルバム全体はかなり渾沌としているので、ベストではサラッと聴ける曲ばかりをセレクト。


"A PLACE IN THE SUN"(1997)b0022069_0574856.gif
The Real Her
Golden Summer
Friends

これも選んだ曲は68,9年ぽいかも知れない。タイトルがThe Whoしていて音はBeatlesしているThe Real Her、When Tomorrow路線の発展型であるGolden Summer、そしてFriendsと、60'sの有名な曲のもじりやひねりをたくさん入れていて、それにも気付いてほしいのでこういうセレクトに。


"INNER LIGHT"(1999)b0022069_0582585.gif
Seeds Of Wisdom
Timeless
Invisible Man
Rainy Season

60'sぽいけれど80'sぽくも90'sぽくもあるSeeds。2ndのモッド的要素の発展型のTimeless、ソウル色がひろがるきっかけとなったInvisible Man、より熟した感じになったRainy Season。どれも自分では気に入っている。グランジを通過してないことをアメリカの某ネットジンに(疑問を込めて)書かれたが、気に入らないから意識的に忌避した、その真意をわかって欲しかった。


"ETERNAL SPRING"(2003)b0022069_059417.gif
Vehicle
Love Is
Girl With A Golden Heart
Midday Stars

まだ今でも冷静に分析は出来ないのかも知れないけれど、ややモッド、New Wave色が戻って来たのかも知れない。しかしいずれにせよソウル色は濃厚になったんじゃないだろうか。Vehicleを作れたのは嬉しい。あれで、また一歩進めた感があるから。残り3曲はひたすら60's音楽と80'sの幸福な出会いを目指した感じ=つまり自分そのもの。



"SUMMER ..."(2005/2006)

これはまだ出てませんが!
ここからも3,4曲。さらにソウル風味が強くなった曲を。でもたぶん、自分の声は基本的に暑苦しいものではないと思うので、快活なポップロックとして響くと思う。そういう意味で味が濃くなっているだけで、1stから本質は変わってないと思う訳です。


...とまあ、だいたいこんなアイデアかな。
もし1stから3rdが無理でも全部で14,5曲になるし、そこに新曲を加えて...そんな風に考えています。
[PR]
by penelox | 2005-07-16 23:45 | The Penelopes関連


<< I Hear You Knoc... Have I Ever Men... >>