Fall / Jasmine Ash

「ジャスミン・アッシュ」インタビュー

Jasmine Ash interview

by Tatsuhiko. Watanbe(The Penelopes / Vaudeville Park Records)

8月末、あるアーティストよりメールが。彼女の名はジャスミン・アッシュ。アメリカはオレゴン州・ポートランドを拠点に活動するシンガー・ソング・ライター。2ndアルバム"From Grey To Blue"をリリース、 10月には何と来日してライブを行なうとの事。

で、メールをいただいて以降、そのアルバムをもとに何度かのやり取りを経て、彼女に書簡インタビューを行ないました。90年代以降に大きく広がった、極めてオーソドックスなソングライティング能力を持つ女性シンガー・ソング・ライターの潮流(特に彼女の場合、エイミー・マンの影響、共通点はかなりあるとみた)と、同時にUSインディーの草の根的底力も感じさせる、若さに似合わぬ完成された音楽性を持つ彼女。生い立ち、活動経緯、ポートランドのことなど、2000年代のアメリカを生きる次世代の女性アーティストから、興味深い回答が得られました。

こちらが彼女のオフィシャル・サイト。日本のサイトはこちら

***********************************************************



1. 人生における、音楽との最初の印象的な出会いっていったら何でした?

1.Could you tell me about your first impressive encounter with music in your life?

ビートルズやジェームス・テイラー、エルトン・ジョン、ジョーン・バエズ、ジョニ・ミッチェル、ローリング・ストーンズといった、本当に素晴らしいアーティストを聴いて育ったことを憶えてるわ。いつも曲にあわせて歌うのが好きだったし、外にいて歩いてたり、他の事をしていても頭の中でちょっとしたメロディーを作ったりしてた。でもそれが自分の人生のこんな大きな部分になるなんて思ってもみなかった。自分のことを良い歌手だなんて、思ったりもしなかったのよ。でも今思い返してみると、自分でわかってる以上にこういう曲は私に影響を与えていて、その時の感覚がずっと私の人生に残って来てたのよね。思うに音楽っていうものはある種の感情-それがどんなものでも-を呼び起こすもので、誰もがその曲その曲によって違った風に感じるものなの。だから私がわかってる以上に音楽は私に影響を与えてた、そのことが今は理解できるのね。まるで私の内面がどこかに埋められてて、まさに完璧なタイミングで外へ出て来た、って感じかな...興味深い事だと思う。

I remember growing up to the Beatles, James Taylor, Elton John, Joan Baez, Joni Mitchell, The Rolling Stones, really good music. I always loved to sing along, and would always make up little melodies in my head when I was outside.. walking or something. But I never thought that it would ever become such a big part of my life.. and I never really thought I was a good singer. Looking back now though, I saw that the songs affected me more than I realized, and those feelings have carried over to my life now. I believe that music should always evoke some sort of emotion, whatever that emotion may be.. and everyone feels differently depending on the song.. Now I can see that music affected me more than I know.. almost like it was buried inside me just to come out at the very perfect moment... interesting, I think.


2. 曲を書き始め、歌いはじめるきっかけになったのは何だったのですか? アーティストとしてのあなたを目覚めさせるようなレコードとか曲があったのですか?

2.What was a good chance that made you start writing songs and singing? Was there any record or song that awoke you as an artist?

正直言うとミュージシャンになることさえ考えてなかったわ。子どもの頃6年ぐらいピアノのレッスンを受けてたんだけど、やめてからは私、スポーツ選手になったのね。高校、大学を通じてずっと、物凄くスポーツに打ち込んでた。大学の終わりになって初めて、自分がギターを学んでみたいってことに気付いた。その前は歌ってもいなかったし、自分でも良い声してるなんて全く思って無かったのよね。

実際のところは私の前のボーイフレンドが凄いギタープレイヤーでね、ある日私が言ったの「コードを弾くぐらいだったらできるかな?」って。そしたら彼が「きっとできるよ」。それですぐ弾いてみたら、特に大変なこともなく、やめちゃうこともなくで...ホントうまく行ったのね。だからちゃんと学ぶために一生懸命やりたくなったの。

その後すぐ、学校でスペイン語を学ぶためにメキシコに行った。そこで毎晩バンド演奏をやってるレストランに通い始めたのね。私達すぐ親しくなって、何曲か一緒に歌わないかときかれたの。最初はホントに抵抗したのよ、だって自分が歌えるなんて全く思ってなかったんだから。困ったなって感じだった。彼等は絶対歌えると私を納得させて、で毎晩3曲ぐらい歌ったの。レディオヘッドの"Creep"、エリック・クラプトンの"Tears In Heaven"、それに4・ノン・ブロンズの"What's Up"をね。本当に私が歌い始める自信をつけたのはこの時だった。

で、大学を卒業するためにユージンに戻ると、ギターの勉強、そしてそれに合わせて歌う事に集中するようになった。すぐに曲を書き始めるという訳にはいかなかったけれど。自分が曲を書けるということもわからなかったしね。それはたまたまそうなったのよ。メロディーに合わせて歌詞を書き始めて、でそれからその後曲を書き始めて...3ヶ月ぐらいしかかからなかった。で、ギターを手にして10ヶ月後には最初のライブをやってた。緊張したわよ。実際私の演奏ときたら最低で。それで私は決心を固めたし、その事が私に一生厳命やらせるきっかけになったのね。凄いアーティストになりたかった...音楽は本当に私の人生を変えたわ。

I honestly never thought I would ever be a musician. I did take piano lessons for about 6 years when I was a kid, but after I quit, I became an athlete. I pretty much played sports all through high school and college. It wasn't until the very end of college that I realized that I wanted to try learning the guitar. I never sang before that either, and I didn't think I had a nice voice at all.

I actually had an ex boyfriend who was an awesome guitar player. One day I said "can I try to play a chord?" and he said "sure.." I played it right away, didn't really struggle and I haven't put it down since.. it really clicked with me, so I wanted to work hard to learn it well.

Shortly after that, I traveld to Mexico to study spanish for school. I started to go every night to a resturant that had a house band. We quickly became friends with them and they asked me if I wanted to sing a couple songs with them.. I really resisted at first, because I didn't think I could sing at all. I felt embarassed. They convinced me, and I would sing with them every night, about 3 songs: "Creep," by Radiohead, "Tears in Heaven," by Eric Clapton and "What's up," by 4 Non Blondes. It was then that I gained the confidence to start singing for real.

When I moved back to Eugene to finish up school.. I became focused on learning the guitar and singing along. I didn't start writing songs right away though. I didn't know that I could try and write songs.. it just sorta happened. I began putting lyrics to melodies and then writing songs after that.. it only took about 3 months. 10 months after I picked up the guitar, I had my first show ever. I was so nervous.. and really, I sucked. I was determined though and that's what made me work hard. I wanted to be great.. music really changed my life.

3. あなたはより大きな音楽的チャンスを求めてポートランドに移ったときいています。ユージンの音楽的状況というのはどういうものだったのですか? また、ポートランドはどうだったのですか? 日本人にとってはその違いがはっきりとはわからないのもので。ポートランドには大きなシーンがある訳ですか?


3.I read you moved to Portland for larger musical opportunities. How was the musical situation in Eugene? And how about Portland? For the Japanese people the difference doesn't seem so clear. Is there large scene in Portland?

卒業した後、ユージンを出なきゃならないのはわかってたわ。ユージンは小さな大学町で、プレイする場所も、バンドもそんなに多くない。ポートランドは音楽シーンでよく知られていて...一番凄いところ、って訳じゃないけれど。ここ(ポートランド)は市場としてはバンドの数が飽和状態で、それはかっこいいことでもあるんだけど、でもそれが目立つのを大変にもしてるの。それがポートランド以外の市場にも行こうとして来た理由でもある。たとえばロサンジェルスなんて...LAでは目立つのはもっと大変よ。そこでも私のキャリアにおいて助けになる重要な人達の目を惹こうとして来たわ。ポートランドにはそういう人達って、そんなに多くないのよ。

After graduation, I knew that I had to leave Eugene. Eugene is a small college town and there weren't as many places to play, bands, etc. Portland was well known for it's music scene.. although it's not the greatest. The market is saturated with bands here (Portland) which can be cool, but it can also make it hard to stand out. That is part of the reason that I've been trying to reach other markets besides Portland. Los Angeles for example.. although in L.A. it's MUCH harder to stand out.. I've just been trying to catch the eye of important people down there that could help me in my career. There aren't as many people like that in Portland.

4. アルバム"From Grey To Blue"を聴きました。とても良い作品でした。興味深いのは、タイトルは「希望」を感じさせるものなのに、音楽そのものは落ち込んでるというか、そんなに元気でもないんですよね。光を求めているというか、歌い手自身が歌うことで励ましてるというか...要するに極めて自然で純粋な心からの声というか...。あなた自身はこのアルバムをどうみていますか?


4.I heard your "From Grey To Blue" CD, which I found so enjoyable. What interested me was, despite the title implying some sort of 'hope' image, that music in itself sounded a little downhearted, or I think it not so cheerful but searching for the light, just like encouraging the singer herself by singing...in short, quite natural and pure voice from the heart. How do you describe the album yourself?

それは凄いことだわ。そのタイトルに希望が見えるというのは...すごく嬉しいことよ。このアルバムに収録された曲の多くを書いた時、私本当に人生の中での酷いところにいたの。ここにある曲は私に起こったことについての文字どおりの説明なの、人間関係であり、思いであり...。思い出してみれば、当時は将来についてあまり多くの希望を持てなかった。曲の多くが踏みつけられたような、悲しいものだ、というのは私もわかるわ。前のボーイフレンドにメチャクチャ傷つけられててね、それが曲の殆どを書くインスピレーションになってたのよ。"Dissatisfied"や"No One Came"のような曲は、私が彼から感じた苦しみや怒りについての歌なの、でもそこには希望もあるんだけれど。"Replacing"や"No Cause for Regret"のような曲は、また自分を取り戻して普通の人間として過去にもっていた怒りから通り過ぎて行くことについての歌だし。

"Fall"も良い例かな。この歌は、捨てられた後私が持たなければならなかった強さについて歌ってる。これは殆ど、人々が言うようなことに私が手を伸ばしてる感じかな...あなたが経験してることは私にもわかってるわ、あなただけじゃないのよ...みたいな。ある人間関係の中にいるのは大変なことで、多くのリスクを背負ってるの。何度も何度も人は傷つけられるし、あるいはあっという間に行き止まりを迎えてしまうこともある。私はソングライティングを通じて自分の苦しみに立ち向かい、それに対処することが出来たの。音楽をやり始めるまで私にはそんな強さはなかったわ。セラピーのようなものね。


また聴いて欲しいんだけど、新しい曲はもっと良くなってると思うわ。人生における、もっと成熟したところから出て来てるものだから。いまでも時々苦しみは感じるわ。でもそれは実際は無意識的なもので、曲を書こうとする時しか出て来ないの。おかしいわよね。今の曲はもっともっと成長したところから出て来てるし、そのことは私にとってはかなり健全なことなのよ。

I think that's great, that you see a hope in the title.. I am so glad. When I wrote many of the songs that ended up on the album, I was in a really bad place in my life. The songs are literal accounts about what has happened to me, with relationships, feelings, et. Back then, I didn't have a lot of hope about the future. I realize that many of the songs are downtrodden and sad. I had been really hurt by my ex-boyfriend, and that was really the inspiriation for writing most of the songs off that album. Songs like "Dissatisfied," and "No One Came" are songs about my hurt and anger I felt from him.. but there is hope, too. Songs like "Replacing" and "No Cause for Regret" are really about picking myself up again and getting past all the anger I had just as a regular person.

"Fall" is a good example too.. that song spoke of the strength I had to have after being dumped. It's almost like I'm reaching out to people saying.. I know what you're going through and you're not alone.. It's hard to be in a
relationship.. you take many risks. A lot of times, someone can get really hurt, or end up with the short end of the stick. I think through my writing I really faced up to my pain, and was able to deal with it. I didn't have that
before I started playing music. Sorta like therapy.

My new stuff, which I want you to hear sometime soon, I think is better. It's coming from a more mature place in my life. I still feel the pain sometimes.. but it's really unconcious, and only comes out when I am trying to write a song. Weird. The songs now are coming from a much more mature place, which is a lot healthier for me.


5. どういう状況の時に曲が浮かんで来ると思いますか? それともあなたの曲作りには何かコツのようなものはありますか?

5.In what situation do you think song comes to your mind? Or is there any knack for your songwriting?


今は私、自分のやってることをすごい仕事だと思ってるの。人間に出来る最も興味深く、クリエイティブな仕事のひとつよね!ワクワクしながら書いてるもの...でも、毎日やらないといけないの。ギターを手にして、出来るだけ新しい何かを書こうとしているわ。1週間に一曲って感じで。時にはうまく行かないし、1週間に4曲書ける時もある。でも全部が良い出来じゃないんだけどね。たぶん過去3年半(それが私の音楽をやって来た期間なんだけど)に150曲は書いたわ。それらのうちの殆どは全く良くないんだけれど。もし3年半でアルバム3枚分の曲を書けたら、それぞれのアルバムについて11曲かそれぐらいの予備はあると思うのよね...それっていい感じでやれてるってことよね。

I really look at it as an awesome job now. One of the most interesting and creative jobs you could have! It makes me excited to write.. but I have to do it every day. I challange myself to get on the guitar and write something
new as much as I can. I try for a song a week. Sometimes I can't do it, sometimes I can write 4 a week.. but that doesn't mean they are all good.. I have probably written 150 songs in the past 3 1/2 years (this is how long I
have been playing music) Most of them are not good at all.. I figure if I can write 3 albums of songs in 3 1/2 years, in which 11 or so on each album is a keeper.. I am doing well.


album "From Grey To Blue"(CD/ 2004/ 80 beats per second)










(次回に続く)
■  [PR]
by penelox | 2005-09-26 20:28 | 2000年代


<< No Cause For Re... Do the Du / A C... >>