Seeds Of Wisdom / The Penelopes

from album "Inner LIght"(1999)

11/5
(mixiに掲載したものを少し編集)

マイミクのCさんが熱く語って下さったのにアテられて、自分でも少し語りたくなりました。 99年に出したアルバム"Inner Light"の事です。
ちょっと色々と書いてみます。

このアルバム、タイトルは「スタートレック・ネクスト・ジェネレーション」の1エピソード、"The Inner LIght"(邦題「超時空惑星カターン」)から取ったのでした。b0022069_1449318.gifですからビートルズとは関係ないんです(ちなみに"Inner Light"という言葉にはクエーカー教徒の世界での意味もある様ですが、 ここでは特定の宗教団体との関わりでの意味を意図したものではありませんので悪しからず)

この話は、中途半端なトレッキーの私が薦めるぐらいですから、「スタートレック」をあんまり知らない方でも逆に楽しめると思いますし、むしろSFに興味ない方にオススメしたい名エピソード。モノを作ること、もっと言えば、たとえばこうやって文章を書く事だって、その思いの奥にはこのドラマの内容と通底するところがある...そう思ったんですよね。そこにいたく感動して、当時はもう2.3年前から、そのタイトルでやると決めていました。

ジャケットは、ドラマでラストの頃に出て来る(人工衛星を打ち上げたシーンの)青空の美しさがあまりに強烈に印象に残っていたので、その打ち上げた人工衛星から外を見た、というのイメージして考えたデザインでした。自分にとってこのアルバムは、その人工衛星だった訳です。

このエピソードに関しては、ご興味ある方はぜひ こちらを御覧下さい。...いや、こちらは観ないで先にドラマを観た方が良いかも知れませんね。


ここまでがmixiに書いた内容。
上に挙げた曲はその一曲目。トラフィックの"Paper Sun"的なブリティッシュ・サイケに、ライトニング・シーズみたいな80年代後半風エレポップを混ぜて自分流にアレンジした感じでした。まさに60'sと80'sの融合、という意味で、まさしく遅れて来た「マンチェスター」な音でした。

歌詞に関しては、ありきたりだが知性を大事にしようよ、というメッセージ。
それはもちろん、偏差値が一番、受験戦争礼讃、というのではないし、私立に行ったら事足りる、というのとも違う。想像力を忘れるな、視野を広く持て、違いを恐れず、尊重し受け入れよう...そういう事。そこに必要なのは(誠実な好奇心と愛情に支えられた)知性と勇気だという。まあそんな感じです。

このメッセージはこのアルバム全体に言えることでしたが。
[PR]
by penelox | 2005-11-05 05:15 | The Penelopes関連


<< Animal Farm ... Wonderwall / Oasis >>