「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:SF/特撮(Tokusatsu)( 2 )

「ロンドン指令X」を初めて観る!

b0022069_17404627.jpg


「ロンドン指令X」(The Secret Service)なるジェリー・アンダーソン製作の英国人形劇があるのは知っていたけれど、観たことはなかったんですよね。たった13話で終わったと言う、カルト中のカルトなこのドラマ、たまたまやってたので観てみると・・・

The Secret Service Trailer


(1)上にも出てきますがオープニング/エンディングの音楽が実にオシャレなスキャット。映像の新鮮な色のセンスとかも含め(いかにもイングランドな緑と教会の風景、鮮やか でお洒落な60年代末の色彩感覚、そしてそれらのデザインの取り合わせが)、何を思い出すかというと、どういう訳か、エル・レーベルのレコードなのであった(笑)。1969年の作品なので、もしかしたら子供時代のマイク・オールウェイ氏も観てたのかも知れませんね。何しろ「おしゃれマル秘探偵(The Avengers)」が大好きな方ですから。このXTCの"Mayor Of Simpleton"のPVもThe Avengersへのオマージュが入ってると思うのですが。




 それはさておき、これがその、「ロンドン指令X」の方の音楽。




(2)神父が秘密諜報員というのはそれにしても凄い設定(組織がB.I.S.H.O.P.というのも笑える)。その神父アンウィン神父(日本語版ではスタンレー神父・・・というか、NHKも放送してたんですね!)を演じる(人形と実写が混じっている)スタンレー・アンウィンという人(役名がそのままってのがまた良い)はコメディアンで、何とあのスモール・フェイセズの名盤"Ogden's Nut Gone Flake"のナレーションをしている人なのだった。

b0022069_1741465.jpg













 これがそのSmall FacesのTVスペシャルでのアンウィン氏。




(3)また、その神父の声を日本語版で吹き替えているのは、久松保夫氏。久松氏というと、あの「宇宙大作戦」の「ミスター・スポック」。ゆえに、なんか観ているとスポックがチラチラしてしまう(笑)。




(4)結論。そりゃまあ、成功したかというとアレですけど(笑)、やっぱり60年代のドラマは良いなと。


b0022069_17411856.jpg






 いちびって(=調子に乗って、というニュアンスの関西弁です)人気ブログランキングなるものに登録してみました。もしよろしければクリックして下さいませ。


人気ブログランキングへ
[PR]
by penelox | 2009-07-28 17:48 | SF/特撮(Tokusatsu)

実相寺昭雄監督

wikipediaで実相寺監督の項を読む。


1937年3月29日 - 2006年11月29日


11月...亡くなられたのは、もうそんな前だったっけ...絶句してしまった。
書きたいと思っているうちに時間が経ってしまっていた。



 ここ数年、急に昔の特撮を振り返りたくなり、それで実相寺監督による「ウルトラマン」「ウルトラセブン」「怪奇大作戦」などを猛烈な勢いで鑑賞、その独特の映像世界を堪能し、それについてもここで少し書いていた。それに、よく読む「ちくま」には実相寺氏をはじめとする特撮関係にかつて関わった方のエッセイが定期的に掲載されていて、かなり興味深かった(今は石堂淑朗氏が書いている)。

 それだけに、昨年初めに佐々木守氏の追悼文を書いていた実相寺氏が、こんなに早く逝去されてしまうとは、思いもよらなかった。私がエエ加減なことを書いた「シルバー仮面」のリメイクが、まさか彼の遺作になろうとは。


 今月の「ちくま」のあとがき、編集部の方による言葉。
 記録的な暖冬からゴジラ映画の話、そしてそのシリーズの大監督である 本多猪四郎監督の事に続けて。



作風はまったく違うが、本多さんを敬愛していた実相寺昭雄監督のウルトラマンにも、同じような群集シーン(リヤカーに家財道具を載せ、赤ん坊を背負いながら、黙々と避難するシーンがしばしば描かれている)が何度か描かれている。「本多先生の真似をしたかったんだよ」とうかがったことがあったが、「赤い夕陽をバックに宇宙人を出したくなるのは、子供の頃すごした中国の原風景だね」とも言っていたように、実相寺さん自身の引揚者体験もあったようだ。

b0022069_23522215.jpg


 この、中国の原風景、というのも、昭和の特撮(のみならず映画全般の)のひとつのキーワードでもある気がするのだけれど、ここではひとまずおくとして。


 彼の作品の強烈な映像は、もう心の一部になってしまっていて、自分の中のある種の基準、スタンダードになっていたなとつくづく感じる。ガヴァドン、ジャミラ、スカイドン、第四惑星のロボット長官、メトロン星人のちゃぶ台シーン...。

 それは、別に私だけではなくて、たくさんの人がそうやって、良いもの、美しいものについてのある基準を作ってもらったと感じてるのを知ってるんです。だからこそ、もっともっと色んな人、特撮に興味もないような色んな世代の方に、ぜひ見て欲しいなと強く思う。


彼の監督作品について思うことを、ちょっと色々書いてみるつもりです。
[PR]
by penelox | 2007-03-07 23:54 | SF/特撮(Tokusatsu)