カテゴリ:The Penelopes関連( 240 )

明けましておめでとうございます

 
 2013年も何卒宜しくお願いいたします。

 このブログの主旨が、「The Penelopes watanabeによる音楽的日常」であったはずなのですが、ずいぶん方向が変わってしまっているのかも知れません。特に震災のあった2011年以降、さらにそんな気がしますが、やっぱりそれは私たちのいる社会があまりに穏やかさを欠いていると言いますか、殺伐として、平和でなくなって来ていて、それに自然に反応してしまうからだと思います。また同時に、思っていた以上にこの国の多くが危険に対して鈍感、あるいはその察知・公開に臆病であることを感じたというのもあります。これは十代の頃に知った、戦前の日本社会を強く想起させるものでして、そんな訳でブログの主旨も、そんな社会の変化と危機意識と無関係ではいられませんでした。

 とはいえ、何か震災、原発や政治に関する動画をリンクして問題提起して・・・というのだけでは満足ではないですし、何というか、どう伝えたらいいのか、難しいなと思うことばかりです。やっぱり音楽が好きですし。

 ですので、そのあたりのバランスを何とか保ちたいなと、たぶん毎年おんなじことをまた繰り返し書いているでしょうけれど(苦笑)、本当にそう思います。

 この曲は26日の夜中に浮かんで、録音して行き、31日に完成したものです。この1年感じたこと、上に書いたようなことも意識しながら作ったつもりです。楽しんで頂けたら幸いと思う、曲の年賀状です。

The Penelopes - Hello New World
(T.Watanabe)

Hello new world
Hello new year
Goodbye old world
Goodbye, goodbye

1. Your heart is crying
for the precious things dying
But if your spring is not drying
there're a lot more to do
The world seems to be crying
Your senses not lying
But if your spring is not drying
there're a lot more to do

If you can recall all the messages
that you feel you failed to have
If you can recall the pledge
now it's time...

2. Springtime for warmongers
we didn't want no longer
But if your hope's not drying
there're a lot more to do
Backlashers are prying
A moron mayor's plastic smiling
But if your hope's not drying
there're a lot more to do

If you find it crazy, don't be lazy
If you feel love's in our side
If you can recall the pride
now it's time...

Yes it's up to you human race
The future's always in your hand
Let us start building a better place
for the children, hand in hand!

こんにちは 新しい世界
こんにちは 新しい年
さようなら 古い世界
さようなら さようなら

1.君の心が泣いている
貴重なものが死んで行くせいで
でも もし君の泉が枯れて行ってるのではないのなら
出来ることはもっとたくさんあるよ

世界が泣いているように思える
君の五感は嘘をついてないよ
でも もし君の泉が枯れて行ってるのではないのなら
出来ることはもっとたくさんあるよ

もし君が受け取り損ねたと感じてる全てのメッセージを
思い出せるのなら
もし君が固い約束を思い出せるのなら
今こそそのとき

2. 戦争挑発屋達の春
僕たちはもう必要としてなかった連中なのに
でも もし君の希望が枯れて行ってるのではないのなら
やることはもっとたくさんあるよ

反動主義者達がのぞき見をしてる
間抜けな市長が作り笑いをしてる
でも もし君の希望が枯れて行ってるのではないのなら
やることはもっとたくさんあるよ

狂ってると思うのならぐずぐずするな
愛が僕たちの側にあると感じてるのなら
もし君が自尊心を思い出せるのなら
今こそそのとき

そうだよ 人類 君達次第なんだ
未来はいつも君たちの手の中にあるんだ
もっと良い場所を作り始めよう
子ども達のために 手に手を取って
[PR]
by penelox | 2013-01-01 20:30 | The Penelopes関連

6月1日 iTunes限定リリース The Penelopes "Honeymoon Is Over" & "Ghost Ship"

 
 6月1日にiTunes限定で新曲"Honeymoon Is Over"と"Ghost Ship"の2曲がリリースされました。ぜひチェックしてみて下さい。

b0022069_025346.jpg



The Penelopes "Honeymoon Is Over" & "Ghost Ship"' iTunes(日本語)

The Penelopes "Honeymoon Is Over" & "Ghost Ship"' iTunes(English)


ほんの一部ですがこちらもどうぞ。


[PR]
by penelox | 2012-12-31 00:06 | The Penelopes関連

The Penelopes - Warbler




Early in the morning
Dews dropping one by one
from the leaf
You may hear the song coming
telling the arrival of spring

Hold your breath, listen now
You could hear the rehearsal of the
warbler...

Early in the morning
Your head never starting well
for the day
You may hear the song coming

Hold your breath, listen now
You could hear the recital for the
warbler...

(music)

Don't be late, you need no ticket
Cherish full of life and joy
Sing!
warbler...

Can you hear it from the hedge
Somewhere in the hedge on a spring day




早朝
露が葉っぱから
ひとつ ひとつと落ちて行く頃
あの歌がやって来るのがきこえるかも
春の到来を告げるあの歌が

息をひそめて さあ聴いてごらん
ウグイスのリハーサルが聞こえるはず

早朝
頭がうまく 一日のスタートを切れない頃
あの歌がやって来るのがきこえるかな

息をひそめて さあ聴いてみて
ウグイスのリサイタルが聞こえるはず

遅れないで
チケットなんて必要ないから
生命と喜びを愛し
歌う ウグイス


生け垣から
春の日の 生け垣の何処かから
聞こえて来るよ
[PR]
by penelox | 2012-12-31 00:05 | The Penelopes関連

The Penelopes "Furusato" 「ふるさと」





1. 兎追ひし かの山
小鮒(こぶな)釣りし かの川
夢は今も めぐりて
忘れがたき 故郷(ふるさと)

2. 如何(いか)にいます 父母
恙(つつが)なしや 友がき
雨に風に つけても
思ひ出(い)づる 故郷

3. 志(こころざし)を はたして
いつの日にか 帰らん
山は青き 故郷
水は清き 故郷

1. 兎追ひし かの山
小鮒(こぶな)釣りし かの川
夢は今も めぐりて
忘れがたき 故郷(ふるさと)

2. 如何(いか)にいます 父母
恙(つつが)なしや 友がき
雨に風に つけても
思ひ出(い)づる 故郷

3. 志(こころざし)を はたして
いつの日にか 帰らん
山は靑き 故郷
水は淸き 故郷

"Furusato" {ふるさと」(カラオケ/ karaoke version )





1.usagi oishi kanoyama
kobuna tsurishi kanokawa
Yumewa imamo megurite
Wasuregataki furusato

2. Ikaniimasu Chichihaha
Tsutsuganashiya tomogaki
Ameni Kazeni tsuketemo
Omoiizuru furusato

3. Kokorozashio hatashite
Itsunohinika Kaeran
Yamawa aoki furusato
Mizuwa aoki furusato

==================================

グレッグ・アーウィンさんという方が英語詞に訳されていますので、こちらもよろしければ。
ご自身のブログ

My Country Home  (English words by Greg Irwin)

Back in the mountains I knew as a child
Fish filled the rivers and rabbits ran wild
Memories, I carry these wherever I may roam
I hear it calling me, my country home

Mother and Father, how I miss you now
How are my friends I lost touch with somehow?
When the rain falls or the wind blows I feel so alone
I hear it calling me, my country home

I've got this dream and it keeps me away
When it comes true I'm going back there someday
Chrystal waters, mighty mountains blue as emerald stone
I hear it calling me, my country home

b0022069_1081317.jpg

[PR]
by penelox | 2012-12-31 00:04 | The Penelopes関連

"Summerdew Avenue" on iTunes

 ちょっと前のリリースになりますが、The Penelopesの2006年の作品、目下のところ最新作である通算7枚目のアルバム"Summerdew Avenue"が、iTunes Storeで購入可能となりました。こちらからぜひどうぞ。

iTunes Music Store

b0022069_2255231.jpg

[PR]
by penelox | 2012-12-31 00:03 | The Penelopes関連

Download The Penelopes!

現在ザ・ぺネロープスの以下の作品がダウンロード購入できます。
Download The Penelopes albums on the following sites:-

b0022069_12545923.jpg"A PLACE IN THE SUN" (1997)
iTunes| Rhapsody
(日本)iTunes|MUSICO|LISTEN JAPAN|ONGEN



b0022069_13145084.jpg"INNER LIGHT" (1999)
iTunes| Rhapsody
(日本)iTunes|MUSICO|LISTEN JAPAN|ONGEN



b0022069_13285951.jpg"ETERNAL SPRING" (2003)
iTunes| Rhapsody
(日本)iTunes|LISTEN JAPAN|ONGEN



b0022069_13291716.jpg"SUMMERDEW AVENUE" (2006)
(日本)ONGEN|monstar.fm
[PR]
by penelox | 2012-12-31 00:02 | The Penelopes関連

O Bosque /WoodlandコンピをiTunesで

 ペネロープスの楽曲"Gentians"を収録、英国O Bosque/Woodlandより2010年3月にリリースされたワールドワイドなコンピレーションCD、"cosmoPOPlitan Volume 2"がiTunesでも販売されています。ぜひどうぞ!


b0022069_11291723.jpg


"cosmoPOPlitan Volume 3" - Various Artists - iTunes
[PR]
by penelox | 2012-12-31 00:01 | The Penelopes関連

The Penelopes - It's Not You

from album "In A Big Golden Cage"(1993)
and single "It's Not You" (1994)

b0022069_11111838.jpg





Amazon

b0022069_11114593.jpg
 スペインのElefantから話が来てリリースした94年のシングルですね。ちょっと長過ぎるなぁといつも思うんですが、当時書いた時は、今までと違うタイプのなかなか良い曲が書けたと思ったものでした。イギリスのネオアコースティック的な音楽から一歩進めて、というか少し離れるつもりで、70年代半ばのアメリカンロック - イーグルスとかシルヴァー、オーリアンズなど - を聴いてて浮かんで来た曲想でしたので。


 それまでそういう音楽は、基本的には英国New Wave育ちからするとタブーみたいに勝手に思い込んでいましたので、禁を破ったぞと興奮していたんだと思います。でも、考えてみれば兄貴の持っていたカセットコレクションにそういった音楽は一杯ありました。好きだったエルヴィス・コステロもアメリカンロックの影響は抜きに語れませんし、ネオアコーステックにもその影響はありましたから、結局普通に前へ進んだだけだったんだとあとで気づきましたね。



 録音してからもう20年も経ってしまったのですが、ついこのあいだのことに思えてなりません。この曲を書いた時の新鮮な気持ちは忘れたくないなと今でも思います。好奇心と発見と興奮の日々・・・。
[PR]
by penelox | 2012-10-24 11:14 | The Penelopes関連

The Penelopes - Evergreen

from compilation "The Birth Of the True" (1992)
and album "In A Big Golden Cage" (1993)


b0022069_10145822.jpg




Amazon

 最初にCDになった曲なので大変思い入れがあります。ただ正直なところを言えば、91年12月にこの大阪中津のスタジオで数時間で録ったヴァージョンよりも、本当はその数ヶ月前に家で録った4trカセットMTRによるものの方がより思い入れがあるのです。当時のギタリストであった弟は、二度と同じフレーズを弾かなかったですし(彼のポリシーだったのかどうかは未確認です/笑)、キーボードプレイヤーに借りてそのスタジオ録音で使ったリッケンバッカー12弦ギターにまだ慣れていなかったので、ベストヴァージョンになったとは思ってないのです。

 はじめに収録されたコンピ"The Birth Of the True"(1992)はCDとリヴァプールのSugarfrostから出たアナログ盤の2つがありますが、音としてはアナログの方が断然好きです。高音がさほど伸びないけれど低音が温かく全体に丸い音像。皆様ももし見つけたらぜひ聴き比べていただきたいです。
[PR]
by penelox | 2012-10-22 10:13 | The Penelopes関連

The Penelopes - If You Need Somebody To Love

from "Touch the Ground" (1994)

b0022069_9485913.jpg





Amazon


 この2ndアルバム"Touch the Ground"はいまだに好きだと言ってくれる方が多いので有り難いです。当時は限られた時間であわてて録音したという記憶しかなく、とにかく出来ることをやったという感じでした。今みたいにじっくりと腰を据えて・・・というのとはまったく逆でしたが、それゆえの良さというのもまた、あるとは思いますね。


 最後に戦場での場面が夢のように消えて行く効果と、「もし愛すべき人が必要なら 前みたいに怖がっちゃだめ」というサビの一節は今でも気に入っています。耳に止まりやすいのは、モンキーズっぽいピアノゆえでしょうか? (笑)
[PR]
by penelox | 2012-10-20 09:46 | The Penelopes関連