「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:2000年代( 16 )

A Brilliant Escape – The Happening Sounds of Beauty


b0022069_83337100.jpg



 先日、カナダのレーベルThe Beautiful Musicからこのフリー・サンプラーCDが届きましたのでご紹介。


 御覧の様に、BMXバンディッツ、The Sound、ABBAのカヴァーなどを含む、14のポップバンドによる全18曲。


01. The Model Spy – Chinaski (Beauty 028)
02. Dot Dash – Writing On The Wall (Beauty 022)
03. The Yellow Melodies – Your Class (BMX Bandits Cover - Beauty 026)*
04. Skytone – The Summer That Never Ends*
05. Pretty Eyes For Captain America – She Lives For The Moment (Beauty 025)*
06. Armstrong – This One (Beauty 034)*
07. The Social Icons - Stay (Beauty 016)
08. Roy Moller – Hidden Realms (Beauty 027)*
09. Self Love - Blue Fire (Instrumental) (Beauty 030)*
10. The Just Joans – I Hope He's Everything You Wanted Me To Be (Beauty 025)*
11. The Yellow Melodies – Something That You Do (Monograph Cover)**
12. Nick Danger & The DCR – Cincinatti (Beauty 011)
13. Skytone – One Fine Day (Beauty 018)
14. Dot Dash – The Past Is Another Country (Beauty 022)
15. The Sharks – Heartland (The Sound Cover)*
16. Chester - Silly Girl (Beauty 025)*
17. The Social Icons - East Wing Remix (Original on Beauty 016)**
18. Mark Crozer & The Rels - The Winner Takes It All (ABBA Cover)**


何枚かいただいてますので、もしDJの皆様でご希望の方いらっしゃいましたら、お知らせ下さい。


こちらでも聞けますのでぜひお試しを。
[PR]
by penelox | 2013-08-03 08:36 | 2000年代

Rowena Dugdale (Santa Dog) interview (part 3)

ロウィーナ・ダグデイル(サンタ・ドッグ)インタビュー(part 3)

by Tatsuhiko. Watanbe(The Penelopes / Vaudeville Park Records)


10.美しいスリーヴ・アートが印象的でした。バンドによってディレクションされたデザインなんですか?もしそうなら、なにかコンセプトはありましたか?

そう。私達が全部自分達でやってる。(デザイン)アーティストとしてトレーニングを受けた事、それにイラストレーター/デザイナーとして生計を立ててる事が助けになってるわね。だからCDのデザイン、フライヤー、アートディレクションは全部私が出来るの。コンセプトは鳥、翼、生き物、贅沢なアンティークとか、それらを思わせるような感じかな。


10. I was really impressed with the beautiful sleeve art. Was it directed by the band? If so, was there any concept?

Yes, we do it all ourselves. It helps that I trained as an artist and make my living as an illustrator/designer so I can do all the cd art/flyers/art direction. The concept seems to be anything bird like, wings, creatures, and a plush antique elegance.




11. 普段はどんなデザインを手掛けてらっしゃるんですか?

幅広い、色んなクライアントやプロジェクトのデザインをやってるわ、本のカヴァーから、雑誌、色んなデザイン・プロジェクトのね。こないだ終わったのが「オブザーヴァー」紙の日曜版の雑誌の星占いのところ、そして現在カリフォルニアのデザイン会社のために15フィートのコラージュのパネル2枚をやってるところよ。



11.what sort of design do you usually do for a living?

I design for a wide variety of clients and projects, from book covers to magazines and design projects. I have just finished a set of horoscopes for the Observer Sunday magazine and am currently working on two 15ft collage panels for a Californian design agency.




12.あなたがアンティークが好きだという空気が物凄く伝わって来ます。デザイナーとして敬愛する人、物などはありますか?

私、エジンバラ・スクール・オブ・アートでプリント生地を勉強したのね。だからそれが私のレイヤーとか織物、古いものへの愛情につながってる。古いポストカードを集めたり、崩れた壁の写真を撮ったりね。友達が香港での休暇から帰って来たんだけど、素敵な可愛い包装紙やバスの切符、領収書なんかを持って帰って来てね。そういうのがみんな好きなの。私が敬愛するアーティストにはパウル・クレーロバート・ラウシェンバーグなんかがいるわ。


12.there's strong atmosphere that you like antique. is there anyone or anything that you adore as a designer?

I studied printed textiles at Edinburgh School of art, hence my love of layers, textures and old things. I like picking up old postcards, taking photos of crumbling walls, etc. A friend has just come back from a holiday in Hong Kong and brought me back lovely sweet wrappers, bus tickets, receipts etc. I love all that stuff. Artists I admire include Paul Klee and Robert Rauschenberg.

b0022069_12314262.gif




13.バンドの話に戻ります。あなたのバンドの全員がそれぞれ違う場所出身ですよね。そのせいで面白いなと思えるような事ってあります? 文化的に、とか、アクセントとか、何でも良いんですが。たとえば北部と南部とか、イングランド人とスコットランド人とか、階級的なものとか...。

13.良い質問ね、だけど正直言うと、私達そんなに違いはないのよ。かける音楽のタイプもみんな割と共通したバンドだし、文化的には違いはわずかしかないわ。


13.About the band again. everybody in your band is from different place. is there anything all of you find interesting  for that? culturally, accent, whatever. north and south, english and scottish, class thing etc...

It's a good question but to be honest it doesn't really make much difference to us as we all have common bonds over the type of music we play and culturally the differences are slight. 




14.あなたたちのレーベル「RA RA RA レコード」についてです。これは地元のレーベルですか? 英国では良いインディーレーベルを見つけるのって難しいと思います?  すみません、最近の英国のインディーシーンには詳しくないもので...。

「Ra Ra Ra」は私たち自身のレーベルなの。もともとはここから私達が好きなバンドの作品ももっと出したかったんだけど、今のところは時間もお金もなくて。私達わざと自分達のEPを出すために自分たちのレーベルを始めたの、そうすれば全くレーベルがないよりもレビュワーや音楽紙の注意を引けるでしょ。最近の英国インディーシーンは賑やかね。インターネットがホントに私達のような人達が曲をプロモートする手助けになってる。でも凄く人が一杯のシーンよね。


14.About your label RA RA RA Records. Is it your local label? And in generel do you find it difficult to find a good indie label in UK? Sorry, but I'm not familiar with the current UK indie scene.

Ra Ra Ra is our own label. Originally we wanted to put more releases out from bands we like on it but we haven't had the time or finances as yet. We purposely started our own label to put out our EP as it means you gain more attention from reviewers and press rather than having no label at all. The current UK indie scene is thriving and the internet has really helped bands like us promote our songs, but it's a very crowded scene.




15.あなた達はブリストルのバンドですよね。この街の音楽シーンについて教えてくれませんか?ブリストルは国際的には、エイドリアン・シャーウッドのOn-U とか、いわゆる「ダブ」ミュージックで高い評価を受けてると思うのですが。日本ではブリリアント・コーナーズのような80年代のギターポップも人気があります。ここはあなた方の音楽活動にとって良い場所ですか?


ブリストルは素晴らしぃ街よ。私達はここをベースにはしてるけど、ここで育った訳ではないから。ロブはスコットランドのアバディーン、私はサマーセット、ジョジョはマンチェスター、そしてマーティンはバース。ブリストルには凄く活発な音楽シーン
があるんだけど、90年代初期にマッシヴ・アタックやポーティスヘッド、それにトリッキーなんかが出て来るまでは世間の注目を浴びることはなかったわ。住むのにも良いし、ギグをしにロンドンに行くのにもちょうど良い距離なのよ。


15.You are Bristol band? Could you tell me about its musical scene? I guess Bristol is internationally highly acclaimed for 'Dub' music, Adrian Sherwood's On-U stuff, and in Japan for the guitar pop bands in the 80's such as The Brilliant Corners. Is it nice place for your musical activity?

Bristol is a great city. We are based here but didn't grow up here. Rob is from Aberdeen in Scotland, I'm from Somerset, Jojo is from Manchester and Martin is from Bath. Bristol has a thriving musical scene but musically the city has been out of the public eye since the early nineties with Massive Attack and Portishead and Tricky. It's a good city to live in and close enough to London to be able to gig there too.




16.将来についてです。何かはっきりした計画や夢はありますか? (バンドとしてだけでなく、個人的に、でも)

私とロブは幸運にも欲しいものの多くを既に手に入れて来たわ-自分達でやって来たからたくさんの時間を音楽に捧げることが出来たし、自分達の録音スタジオも持てた。それに先週、サンタ・ドッグの曲が初めてレディオ・ワン(BBC Radio1)でかかった。私達にとってはこれが凄く嬉しい事だった。私達4人、より幅広い層のファンをつかみたい訳だけれど、このバンドでもっとやりたい事はあるわ-ツアー、アルバム - いつでも計画や夢はあるわよね!


16.About the future. Is there any clear plan? and any dream ( not only as a band, but personally!)?

Rob and I are lucky to have already achieved a lot of what we wanted - we both work for ourselves so have lots of time to devote to music and we have our own recording studio. Also last week Santa Dog got its first radio play on Radio 1 which was a big delight for us. The four of us would like to reach wider audiences though and do a lot more with the band - tours, an album - there are always plans and dreams!



b0022069_12345937.gif"The Chemical EP" Santa Dog
(RA RA RA Records/ 2005)

サンタ・ドッグ・オフィシャルサイト
[PR]
by penelox | 2005-12-07 05:15 | 2000年代

Rowena Dugdale (Santa Dog) interview (part 2)

ロウィーナ・ダクデイル(サンタ・ドッグ)インタビュー(part 2)

by Tatsuhiko. Watanbe(The Penelopes / Vaudeville Park Records)


6.歌詞に関しておききしたいです。"Chemical"ではどんなことが歌われているのでしょう。もし公にしてもかまわない、という事でしたら教えて下さい。


"Chemical"はしばしば薬物摂取についての歌と解釈されるんだけど、実際は恋に落ち、そしてコントロールが効かなくなることについての歌なの。


b0022069_23232147.gif6.About lyrics. What sort of things do you sing in 'chemical'? Please let me know if you never mind making public.


Chemical is often interpreted as a song about drug taking but it's actually about being in love and out of control.


7.インスピレーションはどこから生まれますか? あなたが歌詞を書く際に意識しているような、特定の事柄など、何かありますか? あるいは、全て自然の流れに任せています? お気に入りの作詞家はいますか?

しばしば歌詞はあるアイデア、フレーズやムードのちょっとしかたまりから出来て行くのね。たとえば"Nest"は、ある友人がある状況を"poinsoned little nest"(汚れた小さな巣) と呼んだのをきいて出来たの- 曲そのものがそのフレーズや彼のそう表現していた状況に基づいていた訳だけど。"Katy"は週末にふたりの姪っ子たちの面倒をみて過ごした後書かれた。ケイティーっていう下の姪(9歳)が特に音楽や私のギターが好きでね、結局は若さや野心、それに家族についての歌になったわ。好きな作詞家ってなると、ビートルズはもちろんの事、エルヴィス・コステロ、パディー・マッカルーン(プリファブ・スプラウト)、それに最近ではスフィアン・スティーヴンスかな。そんな事言っちゃってアレだけど、はっきりした意味を持たせない言葉の響きもしばしば好きだったりするのよ。たとえばコクトー・ツインズとかシガー・ロスみたいなね。


7.Where does the inspiration  generate from? Is there any certain thing you are conscious of in writing lyrics? or you just leave everything to the course of nature? Is there any favourite lyricist?


Often the lyrics are formed around a nugget of an idea, a phrase or a mood. For example, 'nest' was formed after I heard a friend calling a certain situation a 'poisoned little nest' - the whole song was based around that phrase and the situation he was describing. 'Katy' was written after I'd spent the weekend looking after my two nieces. Katy, my younger niece (9) had a particular affinity to music and my guitar and I ended up writing a song about youth, ambition and families. When it comes to favourite lyricists, the Beatles of course, Elvis Costello, Paddy MacAloon and currently Sufjan Stevens. having said that, I often love the sound of words even without the meaning being clear. The Cocteau Twins or Sigor Ros for example.



b0022069_23243838.gif

"The Chemical EP" Santa Dog
(RA RA RA Records/ 2005)
1.Chemical 2.Nest 3.Flame 4.Katy




8.お気に入りの作家を教えて下さい。

私読書はホントダメなのよ。集中して読まないといけないか興味を無くしちゃうかでしょ。だから今はあんまりわざわざ読んだりしないわ、さもないと一日中本に夢中になって過ごさないといけなくなるから! 昔はジョン・アーヴィングを楽しんでたんだけどね。


8.Please let me know your favourite book writer?


I am hopeless at reading books - I have to read them intensively or I lose interest in them so I just don't bother now or I'd spend all day with my nose in a book! I have enjoyed John Irving in the past though.




9.全体として目立つのは、ロブのギターとあなたのとても穏やかで落ち着いた声で導かれる独特の音の組み合わせですね。多くの若いインディーバンドが見せる傾向がある、ある種の不安定さが感じられない。あなたのバンドや音楽が特定の音楽シーンやカテゴリーの一部であると思いますか? よく一緒にプレイする、あるいは同世代としてリスペクトしているアーティストはいますか?


ありがとう! ライブでの私達はもう少し荒っぽい感じなのよ。地元の新聞のレビューは最近「彼等のライブは実際のところは非常に元気一杯で、時にパンクのエッジがある」って書いてた。それって、メロディックな曲と、あまりスムースで退屈になり過ぎない活気の間でバランスを取るってことなの。私達が現在の音楽シーンのどこにフィットしてるかはよくわからないわね、意識的に90年代初期の女性をフロントに立てたバンドのシーンのリバイバルをやろうとしてる訳じゃないし。これが私達がやれる音なのよ。


9.On the whole, the conspicous things are the beautiful combination of unique sound led by Rob's guitar and Rowena's very mild, calm voice. there's nothing unsteady like many young indie bands tend to show off. do you find your band and music belonging to part of the certain music scene/category? is there any artist you play with a lot or respect as the same generation?


That's very kind! I must say that live we are slightly more raucous. A recent review from a local newspaper said "in fact their music live is actually pretty gutsy and sometimes has quite a punk edge." It's getting the balance between melodic tunes and also a spark which stops it getting too smooth and dull. I'm not quite sure where our music fits in the current scene, we're not intentionally trying to be revivalists of the early 90's female-fronted band scene, it's just a sound that we do.

(part 3 に続く)
[PR]
by penelox | 2005-12-06 05:15 | 2000年代

Rowena Dugdale (Santa Dog) interview (part 1)

8月末、私のもとに送られて来たCD。"The Chemical EP"と名付けられた、穏やかな女性Voと創意に富むギターサウンドが織り成す、手作り感たっぷりの4曲が入ったその作品は、ブリストルの"Santa Dog"というバンドからのものでした。

英国の音楽事情というのは、音楽雑誌だけではとてもフォロー仕切れません(これはもちろんどこの国でも同じでしょう)。インターネットの世の中になって、大手の雑誌で取り扱えるアーティストが事実上ほんの一握りだということが明白になった現在、その為にインディペンデントのアーティストが一般への知名度の浸透、流通といった点で困難を強いられる(ゆえに音楽性、質を云々される前に権威主義、差別主義的発想で歪曲され偏見にさらされる)状況がますます進んでいるのはある意味では悲しいけれど、またある意味では新しい時代の到来とも取れます。メジャー/インディー、プロ/アマチュアといった括りに囚われずに、素晴らしい音楽を見つける事が出来る、という点では、こんな可能性に満ちた時代は今までなかった、とも言える訳ですから。これこそが、太古からの人間の営為である、音楽を楽しむという文化の原点でもあると思うのです。

彼等の音楽がどんな感じなのかは、あまり私があれこれ言うよりも、サイトで試聴するのが一番。
こちらが彼らのオフィシャル・サイト。ぜひ聴いてみて下さい。

彼等の音楽に魅せられたひとりとして、何度かのやり取りを経て、ボーカル/ギター担当のロウィーナ・ダグデイルにインタビューを行なってみました。もちろん日本で彼等のインタビューが紹介されるのはこれが初めて。興味深い回答が得られましたので、ぜひどうぞ!



**********************************************************

Rowena Dugdale - vocals/guitar
Rob Williams - lead guitar
Jojo Harper - bass
Martin Maidment - drums

-----------------------------------------------------

Rowena Dugdale (Santa Dog) interview(part1)

ロウィーナ・ダグデイル(サンタ・ドッグ)インタビュー(part 1)

by Tatsuhiko. Watanbe(The Penelopes / Vaudeville Park Records)


1.バンドについての質問です。サンタ・ドッグはどのようにして始まったのでしょうか。

もともと90年代に私がエジンバラのアートスクールにいた頃、ロブ(・ウィリアムス/ギター)と出会ったの。それでロブが私達のバンドに加わって、以来色んな形で一緒に音楽を作って来た。でもサンタ・ドッグはある共通の友人を通じてジョジョ(・ハーパー/ベース)に出会った去年の夏に始まったのね。で、3ピースのバンドとしてやり始めたって訳。何人かの一時的なドラマーを経て、また友人を通じてマーティン(メイドメント/ドラムス)と知り合ったのが数カ月前、で現在のラインナップが固まった。


1.About the band. How did the band get started?

I originally met Rob (guitar) in Edinburgh in the 1990's when I was at Art school and Rob joined our band. We've been making music ever since then in some shape or form but Santa Dog came about last summer when we met Jojo (bass) through a mutual friend and started jamming as a 3 piece. After several temporary drummers we met Martin (again through mutual friends) a couple of months ago and our line-up is now set. 



2.「サンタ・ドッグ」というお名前は、どこから来たのですか?

この名前はレジデンツ(アメリカ出身のおかしなバンド。頭に巨大な眼球のマスクをかぶっている人達)にインスパイアされてるの。1970年代の彼等の1stシングルなんだけど、"satan god"のアナグラム(単語のつづり替えの遊び)なのね。ロブが彼等のファンで、オリジナル盤も持ってるんだけど、私達の音楽自体は彼等に影響されてる訳ではないわね。


2.Where did the band name 'Santa Dog' come from?

The name is inspired by a band called Residents (they are a crazy bunch, from the USA, they wore giant eyeballs on their heads) - it was the name of their first single in the 1970's and is an anagram of satan god. Rob is a fan of theirs and has all the original vinyl but our music isn't influenced by them.

b0022069_15324142.gif


3."The Chemical EP"についてです。 90年代のアメリカのバンドの影響を感じるんですが、またとても英国的な部分もありますね。そういう、音楽的影響に関してはかなり意識的ですか? それとも、ただ自然にやってる、という感じですか?


誰か他の人達のスタイルでやることを目指した訳ではないわ。直感的に演奏した訳だけど、影響が気付かないうちに出ているかも知れないわね。私達アメリカのバンドもイギリスのバンドも両方好きだから(スウェーデンもフランスも...たとえば、ステレオラブやカーディガンズ!)。


3.About "The Chemical EP". I felt the influence from the 90's American bands, but also there are something  very English. Are you strictly conscious of such musical influence? Or you just play naturally?

We didn't set out to play in the style of anyone else - we just play intuitively but maybe our influences do creep in. We love listening to a mix of American and British bands. (and Swedish and French - eg. Stereolab and the Cardigans!)



4.ふだんよく聴くバンド/音楽を挙げていただけますか? そして、もし可能でしたらあなたが子供の頃、あるいはバンドを始める前、どんな音楽が好きだったか教えて下さい。

ロブと私はスミス、ビートルズ、ブロンディー、スローイング・ミュージズ、コクトーツインズ、ジェフ・バックリー、サイケデリック・ファーズ、ジェイソン・フォークナー、プリファブ・スプラウトが好き。ジョジョはヴァーヴとスピリチュアライズド、マーティンの最近のお気に入りはベン・クウェラー、ジェンマ・ヘイズ、アイアン・アンド・ワイン...それに彼はイエスの大ファンね。


4.Can you name the bands/music you usually listen to? And if possible, when you were child or before starting s band, what sort of music did you like?

Rob and I love The Smiths, the Beatles, Blondie, Throwing Muses, Cocteau Twins, Jeff Buckley, Psychedelic Furs, Jason Falkner, Prefab Sprout. Jojo very much likes the Verve and Spiritualised, Martin's current fav's include Ben Kweller, Gemma Hayes, Iron & Wine and he's also a big Yes fan.



5.作曲のプロセスについてです。歌詞はどなたが担当しているんでしょうか? また、音楽的アイデアは誰が持ち込んで来ます?「ひとりのソングライターとミュージシャン達」という関係ですか? それとも、「ソングライティング・チーム」という関係なのでしょうか? あるいはそれ以外のスタイルなんでしょうか。


私が曲の骨格(ギターの一連の流れと歌詞)を書いてそれをバンドの前で出して形にして行く、ということが多いわね。でもロブとじっくり曲を作ったり、私達でアイデアを出してから曲にしていくことも多いかな。


5.About songwriting process. Who is in charge of lyrics? And who brings the musical idea?  is it the relationship like 'one sole songwriter and musicians', or 'songwriting team', or any other style?

I tend to write the barebones of a track (Guitar line and lyrics) and then present it to the band for shaping but also I work with Rob very closely and often we form songs from jamming out ideas.

(part 2に続く)
[PR]
by penelox | 2005-12-05 23:59 | 2000年代

Beast With A Billion Eyes / Age Of Jets

from album "Go Go Gadget Pop"(2004)

12/2
Age Of Jets(エイジ・オブ・ジェッツ)のマーク・ジェット(写真右から二人目)と約半年ぶりに会う。彼は今度出すThe Penelopesのアルバムにも一曲ゲストVoで参加している。b0022069_1537529.gif

AOJのセカンドアルバムの録音が最終段階でまだ終わってないとか、夏にロンドンでやったギグの話とか、つもる話をあれこれと。いつものように、日本でどうやったらメジャー雑誌でレビューしてもらえるのか尋ねられるが、ホントあんまり良い事が言えないのが辛い。

また、だいたい2ndアルバムぐらいの段階(デビューアルバムを出した後)でどういう事を考えるのか、というのもよくわかる。契約が切れて次、さあどうする、って時の心境は痛い程。だから大した事は言えないが、まあまたコンピもある事だし頑張って行こう、と励ます。

b0022069_1535553.gif上の曲はDamaged Goods(このレーベル名はギャング・オブ・フォーの曲から取った...のはもう言わずもがな?)から2004年にリリースされた彼等の1stアルバムからの曲。

2ndアルバムでは更に実験的になっていて、まさにガジェットポップさが全開(初期ロキシーをたとえに出したらわかりやすいか?)のエイジ・オブ・ジェッツ。彼等の音楽は今の英国では正直かなり独立独歩な感はある。Maximo Parkがもしロックからだけのインプットから自由になったら...とでも言えば良いだろうか。無茶やりよんなぁと、笑いながらもその魅力を味わえる2nd。なんとかリリースにこぎつけてほしいものだ。
[PR]
by penelox | 2005-12-02 05:15 | 2000年代

No Cause For Regret / Jasmine Ash


「ジャスミン・アッシュ」インタビュー(2)

Jasmine Ash interview
by Tatsuhiko. Watanbe(The Penelopes / Vaudeville Park Records)

前回に引き続きジャスミン・アッシュのインタピューをどうぞ。
後編では、プロデューサーの事、彼女が好きな音楽、日本の事などなど...を語ってもらいました。こちらが彼女のオフィシャル・サイト。日本のサイトはこちら
10月の来日スケジュールもチェックしてみて下さい!


**********************************************************

6.プロデューサーのエズラ・ホルブルックについて教えて下さい。

6.Could you tell me about the producer Ezra Holbrook?


エズラは天才よ。彼はまさに音楽の天才で、この世界で一番尊敬する人達の一人ね。凄いプロデューサーだし...しかしまた生まれ持ってのミュージシャンでありソングライターであるという。過去にはメジャーレーべルと契約していたこともあって、今でもホントにうまくやってるわ、ここポートランドでたくさんの人達をプロデュースしてて、今までにいくつか実にクールな作品をやって来てる。
もうすぐ彼のウェブサイトが出来るんで、曲をチェックしてみて欲しいわ。ホント凄いから。こちらでもMP3サンプルをチェックしてみて。彼はホントに私が自分自身の音楽に欲しい理想像がわかってるし見えるのよ。

Ezra is a genius. He truly is a musical genuis and one of the people I look up to most in this world. He is an amazing producer.. but also an amazing musican and songwriter in his own right. He has had a major label record deal in his past and is doing really well, he produces for a lot of people here in Portland and has done some really cool stuff. His website will be up soon: www.ezraholbrook.com you should check out some of his stuff. Amazing. Also check out: www.cdbaby.com/ezraholbrook for MP3 samples. He really knows and sees my vision that I want for my own music.


7.あなたがオール・タイムでいつも好きな曲やアルバム、もしあったら教えて下さい。

7.Could you name your all-time favorite song or album (if any)?


私に出来る一番ありきたりな言い方をあえて言ってみるわね。すごくたくさんの色んなバンドが好きなの、だから言うのは難しい! でももしトップ5を挙げるとすれば、順不同でこうなるかな:-

私が夢中になってるアルバムは The Bends / Radiohead、Ok Computer / Radiohead (レディオヘッドはなんでも、なのよ!)、Homogenic / Bjork(ビヨーク)、Gran Turismo / The Cardigand(カーディガンズ)、Same(もともとはBleed Americanというタイトル)/Jimmy Eat World、まだまだ続けられるけど、このへんが私がまず思いつくアルバムかしら。

I am going to risk saying the most cliche thing I can: I love so many different bands, it's hard to say! But if I had to choose, I could give you a top 5, in no particular order.

I am obsessed with: The Bends, Radiohead. Ok Computer, Radiohead. (anything by Radiohead!) Homogenic, Bjork. Gran Turismo, The Cardigans. Self Titled, (formerly Bleed American), Jimmy Eat World. And really I could go on and on.. but these were the first that I thought of.


8.今回の日本でのライブはどのようにして計画するに至ったのですか?b0022069_11423019.gif
8.How did you come to plan to play in Japan?


アメリカから出たい、って思ったのよ...日本はその点で良い選択に思えたのね。前にいくつかのメールをなんとなく送り始めて、L'uriという素晴らしいバンドの友人が私に返事をくれて、今回の事が実現したの。私本当に世界的な規模でオーディエンスが欲しいのよ...その意味で、日本より他に良い場所ってあるかしら?


I decided that I wanted to get out of the US.. and Japan seemed like the obvious choice. I one day sorta half-heartedly started sending some emails and my friends from L'uri, an awesome band, got back to me and we made it happen.. I am really determined to get a huge worldwide audience.. and where better to start than Japan?



9.日本についてはどんな印象をお持ちですか。

9.Is there any impression about the country?


私にわかるところから言えば、日本の文化は凄いわ。私が慣れてしまっているものと比べてずっと美しいし全く違うものなの。私がやり取りして来た人はみんな驚く程良い人達で好意的だし。日本に行って個人的に色んな人達に会えるのが待ち遠しいわ。きっとものすごい学習経験になるんだろうしね。それに、この日本行きがうまくいけば...間違いなく戻ったら何でもできると思うのよ!

From what I can tell, Japanese culture is amazing.. it's so beautiful and so different than what I am used to. Everyone that I have come in contact with has been amazingly nice and welcoming.. I can't wait to come over and meet people in person! I think it will be an awesome learning experience. Plus, if this trip goes well.. you better believe I'm going to do anything and everything I can to go back!



10.日本の音楽ファンに何かメッセージをいただけますか?

10.Could you give some messages to Japanese music fans?


そうね、ひとつめは...みんな私の音楽を本当に気に入ってくれたらいいなってこと。もうひとつは、もし気に入ってくれたらそれを広めて欲しいってこと。私の目標はできるだけたくさんの日本の人達に聴いて欲しい、ってことだから。私の日本でのウェブサイトはここにあるわ。今後数週間の間に色々更新されるんでまたチェックしてみてね。

それともし、あなたがミュージシャンで、何かアドバイスを必要としてるんだったら、私が今までもらった最も重要なアドバイスは...「決して」、決してあきらめちゃダメ、ってことだったのよ。本当に、誰だって、何だって出来るのよ。とにかくあきらめないで...あなたに最高の幸運を祈ってるわ!

最後に日本で私を助けてくれる人達にもお礼を言わせてほしいわ。このツアーを企画してくれたレーベルはGreen Tea, Incというところなの。彼らはイカしてるしこのツアーは彼等なしには実現しなかったことだから...彼等はホントに凄いわ。彼等が私とのこのツアーを企画してくれた..彼等の音楽も素晴らしいのよ!

Well, number one.. I really hope you like my music.. number two, if you do, please spread it around. My goal is to have as many Japanese people hear it as possible. My Japanese website is: luri.jp/jas.htm and there should be a lot of updates in the next few weeks..

Also, if you're a musician and you need advice, the most important advice that I have ever had, has been to *never* give up! Really, anyone can do anything... just never give up.. best of luck to you!

Fianally let me give many thanks to the people helping me in Japan. The label that is putting together this whole trip is called Green Tea, Inc. They rock and this whole trip couldn't have been done without them.. they are so awesome.They really have made this trip with me.. and their music is great too! www.luri.jp


album "From Grey To Blue"(CD/ 2004/ 80 beats per second

b0022069_1142505.gif
[PR]
by penelox | 2005-09-29 12:04 | 2000年代

Fall / Jasmine Ash

「ジャスミン・アッシュ」インタビュー

Jasmine Ash interview

by Tatsuhiko. Watanbe(The Penelopes / Vaudeville Park Records)

8月末、あるアーティストよりメールが。彼女の名はジャスミン・アッシュ。アメリカはオレゴン州・ポートランドを拠点に活動するシンガー・ソング・ライター。2ndアルバム"From Grey To Blue"をリリース、 10月には何と来日してライブを行なうとの事。

で、メールをいただいて以降、そのアルバムをもとに何度かのやり取りを経て、彼女に書簡インタビューを行ないました。90年代以降に大きく広がった、極めてオーソドックスなソングライティング能力を持つ女性シンガー・ソング・ライターの潮流(特に彼女の場合、エイミー・マンの影響、共通点はかなりあるとみた)と、同時にUSインディーの草の根的底力も感じさせる、若さに似合わぬ完成された音楽性を持つ彼女。生い立ち、活動経緯、ポートランドのことなど、2000年代のアメリカを生きる次世代の女性アーティストから、興味深い回答が得られました。

こちらが彼女のオフィシャル・サイト。日本のサイトはこちら

***********************************************************



1. 人生における、音楽との最初の印象的な出会いっていったら何でした?

1.Could you tell me about your first impressive encounter with music in your life?

ビートルズやジェームス・テイラー、エルトン・ジョン、ジョーン・バエズ、ジョニ・ミッチェル、ローリング・ストーンズといった、本当に素晴らしいアーティストを聴いて育ったことを憶えてるわ。いつも曲にあわせて歌うのが好きだったし、外にいて歩いてたり、他の事をしていても頭の中でちょっとしたメロディーを作ったりしてた。でもそれが自分の人生のこんな大きな部分になるなんて思ってもみなかった。自分のことを良い歌手だなんて、思ったりもしなかったのよ。b0022069_2092013.gifでも今思い返してみると、自分でわかってる以上にこういう曲は私に影響を与えていて、その時の感覚がずっと私の人生に残って来てたのよね。思うに音楽っていうものはある種の感情-それがどんなものでも-を呼び起こすもので、誰もがその曲その曲によって違った風に感じるものなの。だから私がわかってる以上に音楽は私に影響を与えてた、そのことが今は理解できるのね。まるで私の内面がどこかに埋められてて、まさに完璧なタイミングで外へ出て来た、って感じかな...興味深い事だと思う。

I remember growing up to the Beatles, James Taylor, Elton John, Joan Baez, Joni Mitchell, The Rolling Stones, really good music. I always loved to sing along, and would always make up little melodies in my head when I was outside.. walking or something. But I never thought that it would ever become such a big part of my life.. and I never really thought I was a good singer. Looking back now though, I saw that the songs affected me more than I realized, and those feelings have carried over to my life now. I believe that music should always evoke some sort of emotion, whatever that emotion may be.. and everyone feels differently depending on the song.. Now I can see that music affected me more than I know.. almost like it was buried inside me just to come out at the very perfect moment... interesting, I think.


2. 曲を書き始め、歌いはじめるきっかけになったのは何だったのですか? アーティストとしてのあなたを目覚めさせるようなレコードとか曲があったのですか?

2.What was a good chance that made you start writing songs and singing? Was there any record or song that awoke you as an artist?

正直言うとミュージシャンになることさえ考えてなかったわ。子どもの頃6年ぐらいピアノのレッスンを受けてたんだけど、やめてからは私、スポーツ選手になったのね。高校、大学を通じてずっと、物凄くスポーツに打ち込んでた。大学の終わりになって初めて、自分がギターを学んでみたいってことに気付いた。その前は歌ってもいなかったし、自分でも良い声してるなんて全く思って無かったのよね。

実際のところは私の前のボーイフレンドが凄いギタープレイヤーでね、ある日私が言ったの「コードを弾くぐらいだったらできるかな?」って。そしたら彼が「きっとできるよ」。それですぐ弾いてみたら、特に大変なこともなく、やめちゃうこともなくで...ホントうまく行ったのね。だからちゃんと学ぶために一生懸命やりたくなったの。

その後すぐ、学校でスペイン語を学ぶためにメキシコに行った。そこで毎晩バンド演奏をやってるレストランに通い始めたのね。私達すぐ親しくなって、何曲か一緒に歌わないかときかれたの。最初はホントに抵抗したのよ、だって自分が歌えるなんて全く思ってなかったんだから。困ったなって感じだった。彼等は絶対歌えると私を納得させて、で毎晩3曲ぐらい歌ったの。レディオヘッドの"Creep"、エリック・クラプトンの"Tears In Heaven"、それに4・ノン・ブロンズの"What's Up"をね。本当に私が歌い始める自信をつけたのはこの時だった。

で、大学を卒業するためにユージンに戻ると、ギターの勉強、そしてそれに合わせて歌う事に集中するようになった。すぐに曲を書き始めるという訳にはいかなかったけれど。自分が曲を書けるということもわからなかったしね。それはたまたまそうなったのよ。メロディーに合わせて歌詞を書き始めて、でそれからその後曲を書き始めて...3ヶ月ぐらいしかかからなかった。で、ギターを手にして10ヶ月後には最初のライブをやってた。緊張したわよ。実際私の演奏ときたら最低で。それで私は決心を固めたし、その事が私に一生厳命やらせるきっかけになったのね。凄いアーティストになりたかった...音楽は本当に私の人生を変えたわ。

I honestly never thought I would ever be a musician. I did take piano lessons for about 6 years when I was a kid, but after I quit, I became an athlete. I pretty much played sports all through high school and college. It wasn't until the very end of college that I realized that I wanted to try learning the guitar. I never sang before that either, and I didn't think I had a nice voice at all.

I actually had an ex boyfriend who was an awesome guitar player. One day I said "can I try to play a chord?" and he said "sure.." I played it right away, didn't really struggle and I haven't put it down since.. it really clicked with me, so I wanted to work hard to learn it well.

Shortly after that, I traveld to Mexico to study spanish for school. I started to go every night to a resturant that had a house band. We quickly became friends with them and they asked me if I wanted to sing a couple songs with them.. I really resisted at first, because I didn't think I could sing at all. I felt embarassed. They convinced me, and I would sing with them every night, about 3 songs: "Creep," by Radiohead, "Tears in Heaven," by Eric Clapton and "What's up," by 4 Non Blondes. It was then that I gained the confidence to start singing for real.

When I moved back to Eugene to finish up school.. I became focused on learning the guitar and singing along. I didn't start writing songs right away though. I didn't know that I could try and write songs.. it just sorta happened. I began putting lyrics to melodies and then writing songs after that.. it only took about 3 months. 10 months after I picked up the guitar, I had my first show ever. I was so nervous.. and really, I sucked. I was determined though and that's what made me work hard. I wanted to be great.. music really changed my life.

3. あなたはより大きな音楽的チャンスを求めてポートランドに移ったときいています。ユージンの音楽的状況というのはどういうものだったのですか? また、ポートランドはどうだったのですか? 日本人にとってはその違いがはっきりとはわからないのもので。ポートランドには大きなシーンがある訳ですか?


3.I read you moved to Portland for larger musical opportunities. How was the musical situation in Eugene? And how about Portland? For the Japanese people the difference doesn't seem so clear. Is there large scene in Portland?

卒業した後、ユージンを出なきゃならないのはわかってたわ。ユージンは小さな大学町で、プレイする場所も、バンドもそんなに多くない。ポートランドは音楽シーンでよく知られていて...一番凄いところ、って訳じゃないけれど。ここ(ポートランド)は市場としてはバンドの数が飽和状態で、それはかっこいいことでもあるんだけど、でもそれが目立つのを大変にもしてるの。それがポートランド以外の市場にも行こうとして来た理由でもある。たとえばロサンジェルスなんて...LAでは目立つのはもっと大変よ。そこでも私のキャリアにおいて助けになる重要な人達の目を惹こうとして来たわ。ポートランドにはそういう人達って、そんなに多くないのよ。

After graduation, I knew that I had to leave Eugene. Eugene is a small college town and there weren't as many places to play, bands, etc. Portland was well known for it's music scene.. although it's not the greatest. The market is saturated with bands here (Portland) which can be cool, but it can also make it hard to stand out. That is part of the reason that I've been trying to reach other markets besides Portland. Los Angeles for example.. although in L.A. it's MUCH harder to stand out.. I've just been trying to catch the eye of important people down there that could help me in my career. There aren't as many people like that in Portland.

4. アルバム"From Grey To Blue"を聴きました。とても良い作品でした。興味深いのは、タイトルは「希望」を感じさせるものなのに、音楽そのものは落ち込んでるというか、そんなに元気でもないんですよね。光を求めているというか、歌い手自身が歌うことで励ましてるというか...要するに極めて自然で純粋な心からの声というか...。あなた自身はこのアルバムをどうみていますか?


4.I heard your "From Grey To Blue" CD, which I found so enjoyable. What interested me was, despite the title implying some sort of 'hope' image, that music in itself sounded a little downhearted, or I think it not so cheerful but searching for the light, just like encouraging the singer herself by singing...in short, quite natural and pure voice from the heart. How do you describe the album yourself?

それは凄いことだわ。そのタイトルに希望が見えるというのは...すごく嬉しいことよ。このアルバムに収録された曲の多くを書いた時、私本当に人生の中での酷いところにいたの。ここにある曲は私に起こったことについての文字どおりの説明なの、人間関係であり、思いであり...。思い出してみれば、当時は将来についてあまり多くの希望を持てなかった。曲の多くが踏みつけられたような、悲しいものだ、というのは私もわかるわ。前のボーイフレンドにメチャクチャ傷つけられててね、それが曲の殆どを書くインスピレーションになってたのよ。"Dissatisfied"や"No One Came"のような曲は、私が彼から感じた苦しみや怒りについての歌なの、でもそこには希望もあるんだけれど。"Replacing"や"No Cause for Regret"のような曲は、また自分を取り戻して普通の人間として過去にもっていた怒りから通り過ぎて行くことについての歌だし。

"Fall"も良い例かな。この歌は、捨てられた後私が持たなければならなかった強さについて歌ってる。これは殆ど、人々が言うようなことに私が手を伸ばしてる感じかな...あなたが経験してることは私にもわかってるわ、あなただけじゃないのよ...みたいな。ある人間関係の中にいるのは大変なことで、多くのリスクを背負ってるの。何度も何度も人は傷つけられるし、あるいはあっという間に行き止まりを迎えてしまうこともある。私はソングライティングを通じて自分の苦しみに立ち向かい、それに対処することが出来たの。音楽をやり始めるまで私にはそんな強さはなかったわ。セラピーのようなものね。


また聴いて欲しいんだけど、新しい曲はもっと良くなってると思うわ。人生における、もっと成熟したところから出て来てるものだから。いまでも時々苦しみは感じるわ。でもそれは実際は無意識的なもので、曲を書こうとする時しか出て来ないの。おかしいわよね。今の曲はもっともっと成長したところから出て来てるし、そのことは私にとってはかなり健全なことなのよ。

I think that's great, that you see a hope in the title.. I am so glad. When I wrote many of the songs that ended up on the album, I was in a really bad place in my life. The songs are literal accounts about what has happened to me, with relationships, feelings, et. Back then, I didn't have a lot of hope about the future. I realize that many of the songs are downtrodden and sad. I had been really hurt by my ex-boyfriend, and that was really the inspiriation for writing most of the songs off that album. Songs like "Dissatisfied," and "No One Came" are songs about my hurt and anger I felt from him.. but there is hope, too. Songs like "Replacing" and "No Cause for Regret" are really about picking myself up again and getting past all the anger I had just as a regular person.

"Fall" is a good example too.. that song spoke of the strength I had to have after being dumped. It's almost like I'm reaching out to people saying.. I know what you're going through and you're not alone.. It's hard to be in a
relationship.. you take many risks. A lot of times, someone can get really hurt, or end up with the short end of the stick. I think through my writing I really faced up to my pain, and was able to deal with it. I didn't have that
before I started playing music. Sorta like therapy.

My new stuff, which I want you to hear sometime soon, I think is better. It's coming from a more mature place in my life. I still feel the pain sometimes.. but it's really unconcious, and only comes out when I am trying to write a song. Weird. The songs now are coming from a much more mature place, which is a lot healthier for me.


5. どういう状況の時に曲が浮かんで来ると思いますか? それともあなたの曲作りには何かコツのようなものはありますか?

5.In what situation do you think song comes to your mind? Or is there any knack for your songwriting?


今は私、自分のやってることをすごい仕事だと思ってるの。人間に出来る最も興味深く、クリエイティブな仕事のひとつよね!ワクワクしながら書いてるもの...でも、毎日やらないといけないの。ギターを手にして、出来るだけ新しい何かを書こうとしているわ。1週間に一曲って感じで。時にはうまく行かないし、1週間に4曲書ける時もある。でも全部が良い出来じゃないんだけどね。たぶん過去3年半(それが私の音楽をやって来た期間なんだけど)に150曲は書いたわ。それらのうちの殆どは全く良くないんだけれど。もし3年半でアルバム3枚分の曲を書けたら、それぞれのアルバムについて11曲かそれぐらいの予備はあると思うのよね...それっていい感じでやれてるってことよね。

I really look at it as an awesome job now. One of the most interesting and creative jobs you could have! It makes me excited to write.. but I have to do it every day. I challange myself to get on the guitar and write something
new as much as I can. I try for a song a week. Sometimes I can't do it, sometimes I can write 4 a week.. but that doesn't mean they are all good.. I have probably written 150 songs in the past 3 1/2 years (this is how long I
have been playing music) Most of them are not good at all.. I figure if I can write 3 albums of songs in 3 1/2 years, in which 11 or so on each album is a keeper.. I am doing well.


album "From Grey To Blue"(CD/ 2004/ 80 beats per second)

b0022069_2093836.gif








(次回に続く)
[PR]
by penelox | 2005-09-26 20:28 | 2000年代

Nest / Santa Dog

from "The Chemical EP"


どこでウチのサイトを見つけるのかわかりませんが、世界中から色んな現在進行形のバンドがCDを送って下さる。で、良い音楽が本当に多い(お世辞抜きで)。

まあ私自身色んな音楽が好きだから、というのもあるけれど、良い音楽がなかなか届きにくい状況、というのを身を持って痛感(まさに身を持って!)しているだけに、特に80's的ニュアンスの21世紀型良質ポップ、となると放ってはおけません。熱烈に応援したい、こういう音楽たちも。


b0022069_0542896.gif今回紹介するSanta Dog(サンタ・ドッグ)は、英国ブリストルのバンド。女性Voロウィーナ・ダグデイルを擁する4人組。彼等の音楽の比較に出されるのはスローイング・ミュージズ、サンデイズ...と書くとわかるでしょうか。80年代後半の、やや落ち着いた、しかしじわじわ染みて来るギターポップです。b0022069_23471339.gif彼等の"The Chemical EP"で聴ける音楽は、はじけた感じよりも、あくまで穏やかな英国の風景。あの曇り空、雲間から俄に顔を出す陽の光...そんなイメージのギターサウンドに、優しくささやくボーカル。こちらが彼等のオフィシャル・サイト

こちらのmusicのコーナーで曲が聴けます。

今流行りのNew Wave、のニュアンスとはまた違いますが、こういう音楽も共存していた、その幅広さが80's New Waveだったとも言えますし。何より、こんなバンドが今ちゃんと地道に活動出来ている(大変だろうなとは思うけれど)英国の音楽文化の豊かさをうらやましく思います。

前回書いたmixi(ミクシィ)でも日記を始めました。たぶん同時にふたつも書くのは無理なのでいずれ共倒れすると思います(苦笑)が、それまでは頑張りますので、(登録が必要ですけれど)よろしければのぞいてやって下さい。
[PR]
by penelox | 2005-08-29 23:52 | 2000年代

Weapons Of Angel Delight / Carbon/Silicon

from "The Grand Delusion"

親しくさせていただいているかねぼんさんから、元クラッシュのミック・ジョーンズの最新情報をいただきましたので、こちらにご紹介。

Mick Jones(Ex-The Clash)とTony James(Ex-Generation X、Ex-Sigue Sigue Sputnik)が2004年5月、新バンドCarbon/Siliconを結成、活動中です。まだ1stアルバムのリリースには至っていませんが、いくつかの曲が彼等のオフィシャルサイト、また日本ではかねぼんさんのCarboon/Siliconのページで聴けます。日本語による最新情報もこちらでぜひチェックしてみて下さい。

個人的には彼等のサイトのdiscographyにあるフリーCD"The Grand Delusion"からの曲"Weapons Of Angel Delight"が凄く良かった。
b0022069_12335642.gif
アーシーなロックン・ロール(言うまでもないけれどブラック・リズム&ブルーズが下敷きとしてある、ローリング・ストーンズにも通ずるもの)にあのクラッシュ時代から変わらない独特の柔らかい声とポップなVoスタイル、メロディーライン、これでああ、ミック・ジョーンズだなとすぐわかる。そこにジグ・ジグ・スパトニックにあった近未来SF風(当時は早過ぎたのか?)ガジェット・ロッンクンロール的アレンジ。これはトニー・ジェイムスの味なのかな?考えてみればふたりの要素がそのまま出てると言えばそうなのかも、なんですが、それが今のNew Waveリバイバルな時代に実に自然に馴染んでいるのが良い感じです。

まあそれより何より、社会性あふれる歌詞...こればっかりは昨今の若手バンドにはなかなか出せない部分。かつてジョーンズ氏はみずからクラッシュの音楽を"reportive"(報告的)と語っていた(高校の頃、ミュージックライフに載ったんですよね、確か。あの来日インタビューは今となっては凄くベーシックな内容だったけれどとても印象に残ってます)。世界情勢に向ける鋭い視線が20数年前と全く変わってないところが新鮮な驚き。非常に励まされる思いです。
[PR]
by penelox | 2005-08-27 12:39 | 2000年代

Riot Radio / The Dead 60s

先日のHal、Magic Numbersのようなメロディアス・ポップロックから一転、ファンキーNew Waveもリヴァイバル中なので気になっている。と言うか、別物、という意識もホントはないのだけど。

リヴァプールの若手The Dead 60sの"Riot Radio"、これも良いですねー。b0022069_23543031.gif
しかし、自分が良いなぁーと思うのには、たぶんノスタルジーも入ってるから、というのもわかっている...だって出してる音が、ホントに70's末から80's初めの、ファンキーなNew Waveと言うか、連想するバンドがクラッシュ、ギャング・オブ・フォー、ポップグループ、スペシャルズとかの2トーンのバンドそのままなんですよ。どうしたって高校の頃の兄貴のテープコレクションをいじくり倒していた(兄ちゃん、すまん)、その頃の気分がフラッシュバックして来るのだ。当時と違うのは、そのミックス具合の、若さに似合わぬ器用さだけだったりして...。

で、タイトルが"Riot Radio"ですよ。はぁ〜、とため息をつくしかない。

"White Riot"(Clash)+ "Radio Radio"(Costello)、あるいは"On Your Radio"(Joe Jackson)、あるいは"Radios In Motion"(XTC)。あるいは"White Riot"のかわりに"Riot Act"(Costello)でも良い。なんかその頃のバンドの使ってる言葉、タイトルを
シャッフルして組み合わせ直したようにさえ思えてしまう。iTunesで曲タイトルまでシャッフルしたのだろうか。

でもCookie Sceneの最新号でインタビューを読むと、そうではなさそうだ。たまたまみたいなのだ。

おまけにこのジャケはギャング・オブ・フォーの"Solid Gold"そのままじゃないですか。しかしこれもなんかたまたまそうなった風にも見えるし。わざとなのか、レコード会社の意向もあったのか...わからないけれど。まあ注目を集めるのは事実ですけど。

(左)The Dead 60s "Riot Radio"、(右)Gang Of Four "Solid Gold"

b0022069_23523282.gifb0022069_23532943.gif
だから、じゃあうさん臭いのか...というとその逆で、結果的にあざとい感じがしないのだ。だから不思議なのですよ。何故なんでしょうかね...わからん...最近こういう若手バンドがどうしてこんなに屈託なく80's初期のホワイト・ダブ/ファンク/レゲエ/ディスコなどを取り入れたNWサウンドをやってるのでしょうか?

もちろんこういう状況は面白いし、音楽そのものも楽しんでいるけれど、何かが明かされるだろう、という意味で、やっぱり数枚先の方が気になりますね、根っこに何があるのか、楽しみでもあります。

当時のNew Waveは、さらに新しい世界を切り開いたり、あるいは行き詰まったり、そういう事がそれぞれあって拡散して行った訳ですが、今は当時よりは何でもフラットに見渡せ、取捨選択して何でも手に入れられる時代。だから当時ほど近視眼的にはならない気もするし、突然ありゃ?ってな感じて訳のわからない方向(たとえば逆に凄い整理された良質ポップになったり)に行ったりして、それが妙にこなれている、ってな事になるかも知れないし、それはそれで興味深い。
[PR]
by penelox | 2005-08-24 23:57 | 2000年代