<   2004年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

Will The Circle Be Unbroken / The Staple Singers

Will The Circle Be Unbroken / The Staple Singers
from album "Gospel"

ヘトヘトながら、やっと辿り着いた。今日が私の仕事納め。
と言っても、また2日早朝から仕事なので、これが正月休みなのか何なのかよくわからないが。


移動の合間に、こないだ読んだ姜尚中・森巣博の「ナショナリズムの克服」に続く、その続編とも言うべき「デモクラシーの冒険」を読みはじめる。これも前にも書いたが、"Looking"という曲の歌詞の資料として。

この本は、先の書に出て来た森巣博氏の妻であり、政治学者であるテッサ・モーリス・スズキ氏(オーストラリア国立大教授)と、先の姜尚中(カン・サン・ジュ)氏(東大教授)の対談集である。姜氏は、在日韓国人であり、「朝まで生テレビ」などにもよく出演されるから御存じの方も多いのでは。個人的には9.11以降の日本で、最もまともな発言を続けてらっしゃると思える数少ない知識人のひとりだ。

で、この本、非常〜に刺激的だ。ブッシュ/ネオコンによるアメリカの9.11以降の独善ぶり、小泉の米追従外交、石原都知事のポピュリズムetc...閉息感と暗たんたる気持ちになりがちなこの時代、無力感に囚われている場合ではないのだな、ということを思い出させてくれる。「デモクラシー」を活性化させるための、非常に爽快な言葉の数々。特に、

すべての人間は、外国人である。

これは本当に言い得て妙、な、良い言葉だと思う。


また、政治学科だったのに録音とレコード集めばっかして勉強もろくすっぽしなかったダメ学生としては、良い政治学のテキストでもある。とは言えこの二冊、一回読んですぐ理解できるような類いの本ではないので、あと数カ月は何度も繰り返し読むことになりそう。

しかし、結局、この"Looking"も含め、2曲が年内に録音に入れないまま残ってしまった・・。



******************************************************************



今年最後に上げる曲。前に入手したゴスペルのCDから、ステイプル・シンガーズのこの曲を。

これはゴスペルといっても、一般的にイメージされるような、壮大なハーモニーできかせる訳でも、またステイプル・シンガーズ独特の、メイヴィス・ステイプルズののソウルフルなVoでグイグイ引っ張って行くようなスタイルでもない。お父さんポップ・ステイプルズの、つぶやくようなモゴモゴVoが中心という、ちょっと彼等の全体的イメージとしては毛色の違う曲なのだが、漂って来るブルース臭がなんとも言えない味わい。いわゆる日本で一般的にイメージとして定着してしまっているような泣きのブルースではないのだが、実に染みます。

それにしても、ブルースは太く、深く、そして悲しい。ヒリヒリ痛い曲が多い。なのに、そんなスタイルでなおかつゴスペルだから、なんと言っていいのやら。つつみこむような温かさがありつつ、悲しいという・・・。

ゴスペルは宗教音楽でもあるから、くり返しが続くうちに、ある高みに達して行くという意味では、お経みたいな良さ(誤解を恐れず言えば)があるのだけれど、特に、こういう低い声でやられると・・・なんとも独特の凄みがあります。


しかし、最近なんでブラックミュージックがこう染みるのか。
特にディスコ以前までのR&B/ソウルにハートをわしづかみにされてしまう訳だが。

それはやはりそれが、社会的に弱者の立場に置かれた人々の、本当の、心からの叫びだから・・・そしてそれが、勝者/敗者に二分されつつある現在の日本社会での自分の立場からすると、よりリアリティーをもって突き刺さるようになって来たからだな、当時の彼等の音楽が。私には宗教心はないし、黒人音楽の中にある宗教心を自分のものにする気も全くないが、それでも入って来るものがあることにおそまきながら気付いた訳だ。

あまり認めたく無いが、弱者/少数派にある理想主義への共感、これは事実だと思う。
自分が良い、と思うこと。こうあって欲しいと思うこと。社会的レベル、芸術・文化的レベル、何であれ、そこに求める理想。夢。希望。正義。誠実さ。心というかソウルというか。

そういうものを求めて行くと、いつもそれが多数派の側にないことに気付かされるから。
マイノリティーに自ら嬉しがって進んで行くとか、そこに付加価値を求めてわざとらしく向かって行くのではなく、ごくごく自然に求めるものに従って動いて行くと、そうなっているのだ。

結果そうなることに、少し残念だと思うこともあるが、恥じている訳では決してない。それに、希望もまだどこかに、ほんの少し残っている。それがある限り、自分が音楽に託せるものはなくならないし、だから、卑屈になってる暇などないのだ。

2005年もさらに音楽を作って、皆様と何かを築いて行ければなぁ、と思います。

今年は本当にありがとうございました。
2005年もよろしくお願いいたします。

http://www.jttk.zaq.ne.jp/penelopes/
[PR]
by penelox | 2004-12-30 22:40 | R&B/Soul

Back On The Chain Gang / The Pretenders

from album "Learning To Crawl"(1984)

咳だけが相変わらずなくならず、ゲホゲホやっている。それでもなんとか、新春メッセージのジングルを録音。ほぼ全てワンテイクで、ボーカルやらピアノやらコンガやらを録音して行く。

なんとか間に合った!

今日教えに行ったところは暖房が壊れていたので、コートも脱がずに授業・・・って、無茶苦茶やね、しかし。それを親にも言わない親子関係って? え、俺が言わないかんの? お母さんに? 暖房壊れてますよって?

そんな阿呆な。カテーキョーがそこまでせなあかんのかいな・・・・


「日本人」なんて幻想だという思いがここ数年、やたら強くなっている。常識というものが全く通じないから。いや、幻想でも良いんだけれどね。ただ、非常識に疲れないように、自己防衛機能だけがうまくなって行くのがむなしい。

非常識と言えば、この生徒、期末でもまたまたカンニングをやらかして、大学進学がいよいよ赤信号となった。ヤレヤレ・・・。

b0022069_1119135.gifプリテンダーズのこのアルバムと言えばこの名曲。名曲多いんですけどね。
考えてみれば、プリテンダーズほど時間が経過してもほとんど古さを感じさせない音楽というのも凄い。ルックスもあまり変わらない。クリッシー・ハインドなんて、今いくつなんだ? デビューしてもうずいぶん経ってるはずなのに、ず〜っと変わらない。

いや、女性にトシきくのは失礼なのかも知れないが。


http://www.jttk.zaq.ne.jp/penelopes/
[PR]
by penelox | 2004-12-27 23:26 | New Wave

2000 Miles / The Pretenders

from album "Learning To Crawl"(1984)


皆様は、クリスマスはいかがお過ごしでしょうか。神戸のルミナリエは綺麗だったと思いますが、連日仕事の私は、阪神尼崎の「アマナリエ(あましんのライトアップ。もちろんこんな名前、ウソですけどね^^)」をそれなりに楽しみましたね(^^)。

潮風と排気ガスの混じった寒風吹きすさぶ阪神尼崎の雑踏に、ロマンチックさはないのですが、それもまたね。にがくてええんです。


私にとってクリスマスと言えばこの曲。

プリテンダーズと言えば、キラキラギターとクリッシー・ハインドの姐さんVoが強さと優しさの両サイドにうまく使い分けられてるのが特徴だと思うけれど、この曲は特に優しさが出ている、クリスマスタイムの名曲。



http://www.jttk.zaq.ne.jp/penelopes/
[PR]
by penelox | 2004-12-25 22:32 | New Wave

New Amsterdam / Elvis Costello & The Attractions

from album "Get Happy!!"(1980)

風邪のせいでここのところクスリ漬け....ヤバい(^^;)。
アタマがボーッとして、普段考えないようなことが色々駆け巡る。

だからといっては何だが、子供時代の、「ナチュラル・ハイ」。これをなつかしく思うこと、ないだろうか。
ひとつひとつはほんのささいな思い出に過ぎないのだが、夢中になって遊んでる時の高揚感、気が付いた時にもう夕暮れになっている、その夕焼けに妙に感動したりとか。あるいはまた、走り回っている時の、ワクワク感。かくれんぼしている時の、ドキドキ感。思いっきりボールを投げたり、追っかけたり、作った紙飛行機を空に向かって投げるとか...。

あの頃は気付かなかったけれど、あの時間には、一瞬ゆえの永遠(?)がありましたわ。

子供の時は、もうホント楽しくて仕方なかった。勉強も面白かったし、遊びも好きだった。絵を描いたり、虫やカエルやざりがにを取ったり、相撲、野球、プラモデル(まだガンダムなんて時代じゃなくて、ゼロ戦とかそういう軍用機や戦車を作っていた)...やりたいことが多すぎて困ったものだった。

(このへんの話については当方サイトの以下のコラムにも色々書いていますんで、よかったら読んでみて下さい)

http://www.jttk.zaq.ne.jp/penelopes/Rivertown%20Boy(5).html

小学校の時嫌だったのはカブスカウトぐらいかな。これは一緒にいるやつにオトナに媚びまくるしょうもないやつが何人かいて、そいつらが楽しい雰囲気をまるで受験塾みたいにするのがホントにイヤだった。カブスカウトというのはイギリスの軍隊が元になっていて、何か課題をゃって来ると勲章がもらえる。それで、将来リーダーになれたりするのだが、出世指向のこまっしゃくれた連中(親がそういうのに血道を上げているのだが)は当然そっちにばかり必死で、子供らしさなどかけらもなく、私は大人にこびたせこい計算をするそんな連中に戸惑うばかりで、まあホント居心地が悪かった。そいつらが仕切りはじめると、面白く無くなってしまい、結局辞めた。

これをのぞけば、ホント自分は幸せだった。昭和40年代終わりから50年代初めという時代もあったのかも知れないし、決して豊かな家庭環境ではなかったが、今の、何でもまずモノありき、の時代ではなかったからか、ほのぼのしていたし、子供時代が、そういう偶然とは言え、そんな条件に恵まれていたことに、ホント感謝している。

だから、音楽を作る時は、出来るだけそういう心象風景を思い出すようにしている。それによって、「ナチュラル・ハイ」を音に刻みつけることが出来る、ような、ハッピーなグルーヴが生まれる、ような気がして。

コステロのこのアルバム、歌詞に限って言えば、タイトルの「ハッピーになろうぜ!!」とは裏腹に、これでもかというぐらい陰鬱で苦い。b0022069_1121248.gifしかし、この、コステロの幼少時にチラッと触れる曲の穏やかさはどうだろう。アルバム中穏やかなのはこの曲だけなのだ。案外この曲が後の新しいコステロ(コステロ名を捨てたりとか、幼少期を歌ったりといった)の足掛かりになったのではないか...私はそう睨んでいるのだが。


http://www.jttk.zaq.ne.jp/penelopes/
[PR]
by penelox | 2004-12-22 23:08 | New Wave

High Fidelity / Elvis Costello & The Attractions

from album "Get Happy!!"(1980)

体調はだいぶマシになった。まあしつこい風邪ですわ。
おかげでギターとボーカルが、この一週間全く進まなかった。ハラ立ちまくり...

それでも、金は稼がんと。録音もまた再開しないと、3月末のマスタリングに間に合わない。


テンション上げるのにこの曲を。
シュープリームスからの引用が下敷きとしてあるらしい。それはよくわからないけれど、よーくわかることがひとつ。
このアルバムにあるスタックス、アトランティック、それにモータウンへの愛情はキラキラしていて、眩しいくらいだということ。

コステロの音楽をあまりよく知らない方にとって、1stアルバムからこの4thまでは、彼の音楽を知る上での、非常にわかりやすいガイドになっているのではないだろうか。

1st" My Aim Is True"
シンプルなマージービート/フォークロック風をバックに塩辛いVoを載せる個性的シンガーソングライターの登場。b0022069_10572084.gif

2nd"This Year's Model"
b0022069_10581934.gif炸裂するバンドサウンド。縦横無尽のオルガンがガレージパンク風/パワーポップ的ニュアンス。

3rd"Armed Forces"
最もニューウェーブ(さらにアバに代表されるポップ)に接近した、にぎやかで親しみやすい作品。b0022069_1059564.gif

4th"Get Happy!!"
ソウル/R&Bに接近、とってつけたような派手さはなくなったが、これも名作。b0022069_1112566.gif



こんな感じかな。

http://www.jttk.zaq.ne.jp/penelopes/
[PR]
by penelox | 2004-12-21 22:52 | New Wave

Who's Makin' Love /Johnnie Taylor

from compilation "Chronicle: The 20 Greatest Hits"


体調は相変わらず。声は出るようになったが、そこからがしつこい。のどが痛くて咳き込む状態と、体全体にだるさが広がる状態の間を行ったり来たりしている。医者に行って薬をもらっているが、そこからちっとも良くならないので少々腹が立つ。考えてみれば、ここ数年いつも、この状態からが長くて、薬をきっちり飲んでも効かず、長期戦になっている。最新の風邪のウイルスにはもう薬が効かないとか?

今日はベース録音。
私が入れておいた仮のラインを元に、miyataのプレイと差し換える。しかし私の体調のせいで、3曲の予定を2曲、"Melt"と"1983"だけにしてもらった。miyataさん、本当にスミマセン...次は頑張ります(^^;)。


それにしても、やはりベースが入ると音楽が立体的になる。平面画が3D的になるというか、奥行きが出て来るのだ。そして、こちらが入れてたのとはまた違うラインを組み立てて来るので、逆に自分の意図が改めてわかったりする。そういう面白さも出て来るのだ。作品とは自己を映す鏡なり。昔より今の方がそういうことがよくわかるようになった。

また、人間が複数で作るがゆえに、そのズレも含めて大きなものになるというか...それも今は面白いと思う。音楽ももちろん今言った自己を映す鏡なのだが、複数であるぶんそれ以上の、自分より大きな物になるのだ。その瞬間をその場で見れるというのは、楽しいものだ。

上の曲。ひさびさの、とんこつラーメン。
とにかく、熱い、濃い、泥臭い、の三拍子揃ったサザンソウルのダンスナンバー。サム&デイヴの"Soul Man"、"Hold On, I'm Coming"にも負けない(並べるのも変だが)まさに汗びっしょりの名曲。録音時には、きっと良いグルーヴがスタジオ内で生まれていたんだろうな。


http://www.jttk.zaq.ne.jp/penelopes/
[PR]
by penelox | 2004-12-19 19:43 | R&B/Soul

I'm Still In Love With You / Al Green

from compilation "The Best: The Best Hits Of Al Green"

今日はやっと少し声が出るようになったが、歌えるというレベルではない。体もだるい。おかげで録音はまた止まったまま。

まあしかし、こういう時があっても良いかな。

自分は何かと詰め込みがちな人間で、そこがダメなところだから。時々立ち止まって遠くから自分を客観視したら良いのだが、どこかでそれを怖がっている。間寛平師匠ではないが、「わしゃ止まったら死ぬんじゃ」と、どこかで思おうとしている。

そう考えることで自分にエンジンをかけて来たところもある。本当は物凄いサボリなところがあるからだ。それが吹き出して来るのが恐いのだ。ただの臆病やな、結局のところ。

サボリな自分の尻を叩かなければ、作品が作れないのだ。

じゃあ、そこまでしてモノを作る意味はあるのか?

...

いや、たぶんないのだ。ただ、作ってたら面白いのである、自分の中の色んな要素がいつも見つけられるから。要するに生きていることの再確認が出来るということなのだ。なんちゅうささいな理由や(苦笑)。

しかし、モノ作りに関わる人はみんなそうやと思うんやけどね!

ジョニー・テイラーがとんこつラーメン、ボビー・ウーマックが四川風たんたん麺とすると、アル・グリーンはやわらかチャーシューめん、あっさりしょうゆ味と言ったところか。ラーメンでたとえたりするとソウル愛好家の方からお叱りを受けそうだし、ラーメン専門家の方からもお小言を頂戴しそうだが。
...まあ、素人ソウル/R&Bファンのタワゴトと流していただきたい。

サザンソウルの中にある柔らかサイドのある種究極。優しく、しなやか、素朴、そして濃い。



http://www.jttk.zaq.ne.jp/penelopes/
[PR]
by penelox | 2004-12-16 23:47 | R&B/Soul

Velasquez And I / Would-Be-Goods

from "The Camera Loves Me"

相変わらず声が出ない。
にも関わらず仕事は休めないので、「え゛ーっ゛ど」とか「わ゛がる゛が〜?」とかやっている。おかげで、なかなか元に戻らない。また、そんな時に限って、理不尽なことが色々起こり...気持ちの面もバランスが悪い。これでは体調もなかなか戻らない。

歌えないので、暇を見つけては"Rock"、それにラスト曲となる"Looking"の歌詞の方を色々手直ししている。思いついた言葉、言い回しをメモっては残しておき、流れに合えば入れて行く。だいたいいつも、アルバムの終わりの方の曲になる程、後で聴くと曲/歌詞の出来として集中力が落ちてる感じがあるので、どうしてもそれは避けたいのだ。

ラスト曲の参考資料を購入、早速読みはじめる。カン・サン・ジュン、森巣博共著の「ナショナリズムの克服」。
アイデンティティー、特にナショナル・アイデンティティーについての話が刺激的で面白い。

体調のせいもあるが、あんまり油っこいものは今は聴きたくない。
という訳で、ウッド・ビー・グッズ。

モノクローム・セットにも通じる軽快な無国籍風ギターポップに、ヘタウマ女性Voが載っかる。さりげないセンスはあまりにさりげなさ過ぎて、気付かない人には全く気付かれないであろう。DIY的なギターサウンドも、パンクを通過した、ポストパンクな音だったのだ、実は。しかしそれも、この軽やかなポップサウンドのせいで気付かれない。

ネオアコというのは当時のポストパンク(バンクの先にあったもの、消化し乗り越えた音楽)であり、ニューウェーブのひとつだった。そのことが最近、どうも忘れ去られている気がする。

これを聴くと、エルのある部分が日本のネオアコ、的なるものに大いに影響を与えたのがやっぱりよくわかるなぁ。
でも、表層的に聴こえていても、実は深い深い、60's音楽や文化への愛情、そして自分自身の内面昇華に裏打ちされた表現だと痛感。自分の根っこにあるものをやっている感じなのだ。根付き方が半端じゃないと言うか...。そこにはやっぱり魂(ソウル)があるのだ。そして、ポスト・パンクに象徴される反骨精神。これがなきゃ、グニャグニャの軟弱BGM止まりになってしまう。

そのへんでやっぱり、日本のそういう音楽は、まず自分自身の根っこにあるものから始めるべきじゃないかなと思った次第。徹底的に自分を見つめ直すとこから、というか。それやらないと、良いものになりませんぜ、やっぱ。
そしてそれは必ずしも、メディアが流す「日本的ななにか」である必要はないのだ。


夜、昔教えていたK君より電話。
彼は高校時代に教えていて、ある大学に行ったのだが、面白くなくてやめてしまい、その後、アメリカのビジネススクールに入るというので、また今年春まで教えていたのだ。クリスマス休暇で帰って来たそうな。

彼に関しては、進路に関して私にも責任があり、後悔していたので、順調そうな声をきいてホッとした。
今はアメリカで元気一杯頑張ってるみたいだ。4年制の大学に編入する考えもあるとか。自分の頃と比べると、国境という垣根がどんどん低いものになっていて、ええ感じやなあ。



http://www.jttk.zaq.ne.jp/penelopes/
[PR]
by penelox | 2004-12-15 21:30 | Mike Alway related

Octopus's Garden / The Beatles

from album "Abbey Road"

...朝起きたら風邪で声が出ない!
すぐに医者に行って...今日はボーカルはあきらめ、"Rock"の歌詞をあれやこれやと考える。
これもオチのようなものはなく、そこに、わりと曖昧な言葉を並べてみる。

歌詞のもともとのアイデアとしては、ビートルズの"Octopus's Garden"をちょっと意識していた。もう疲れた、ゆっくりしたいわい、という。まあ、彼らは置かれている状況が180度違うけれど!

音楽的には全然違う。こういう、カントリーベースの、いかにもリンゴの楽しい感じじゃなくて、ポール・マッカートニーや、パイロットぽい甘酸っぱい感じです。


...で、なんとか歌詞が出来上がって来た。

まあ遠回りながら、どういう状況に置かれてもモノ作りにあくまで関わるという決意みたいな内容になりつつある。あまりにも人生応援歌みたいになるのは避けたいのだ。それはあまりにありふれているから。


関係ないけれど、西宮球場の取り壊しがいよいよ本格化している。

私が初めてプロ野球を観たのは、この球場で行われた昭和50年の日本シリーズ、阪急対広島であった。当時の阪急はもう、メチャクチャに、圧倒的に強かった。広島になにしろひとつも負けなかったのだ。
そのせいで、その後数年、シーズン中は阪神ファン、10月以降は阪急ファンであった(^^;)。

ここがなくなるのは、ともかく寂しいの一言。宝塚ファミリーランドに続き、阪急文化の象徴がまた消えるのだから。
悲しいことに、阪急ブレーブス(今年までオリックス・ブルーウェーブ、来年からオリックス・バファローズ...)の本拠地だったということを中学生ぐらいだともう知らないのである。

西宮北口もずいぶん変わってしまうなぁ。名物の平面交差も姿を消し、商店街も消え、球場もなくなり、出来て行くのはなんか似たような高層マンションと、あとなんやったっけ、兵庫県の文化・芸術センターみたいのが出来るらしいけれど、まあいわゆる昭和の阪急文化とは違うものやからなぁ...。

宝塚や西宮の独特のにおいっていうのを、街の計画をする方々がちっともわかってない気がするのだ。
どこもかしこも似たような街並になってしまうのは、正直つらいものがある。

本当に、昭和は遠くなって行く。


http://www.jttk.zaq.ne.jp/penelopes/
[PR]
by penelox | 2004-12-13 23:35 | 60年代

She Comes From Th Rain / The Weather Prophets

from album "Mayflower"(1987)

皆様風邪に気をつけましょう、なんて言ってる本人が咳をしてるんだからどうしようもない。

"Sweets"のボーカル録音。なんとかメイン部分が出来上がる。しかしバッキングボーカルがこれという良いのが浮かばない。

monmonとしながらさらにアコースティックギターの録音。アコギのおかげでアレンジがだいぶ良い感じになって来た。その後のアレンジを色々考えつつ、その次の曲"Rock..."(11曲目、ロックンロールのロックではない)の歌詞も考え直し。なんとか今年中に12曲、つまり全曲の基本録音を終わりたい。しかし、どうだろう...微妙かな...。

実を言うと"Sweets"は前作"Eternal Spring"のボツになった曲。その当時の段階で歌詞が納得出来なかったというか、曲という容器に入れられるほど進歩させられなかったからそのままおいておいた、という感じだ。
だから、エレクトリックギターはすでにラフな形で録音してある。雑な演奏なのだが、勢いがあってなかなか捨て難い。

ただ、弾き間違いも多いので悩む。勢いを取るか、カチッとした聴きやすさを取るか。

歌詞が熟成(?)したということもあって、もう少し落ち着いた、的確な音を目指しても良いかも知れないが...。
これはまあこのままで、ちょっと置いておくことにする。

このあいだ書いた、この曲のイメージとしてあったウェザープロフェッツ。彼等というと"Why Does The Rain"が有名だし、自分も大好きな曲だが、初めて聴いた彼等の曲は、実はこちらだった。b0022069_15331995.gifあれは87年、今は無き梅田のソレイユという輸入盤屋で買った7インチシングル。たしかEdwyn Collinsの"Don't Shilly Shally"と一緒に買ったのだ。

これらの作品を出していたエレヴェイションは、当時何か面白いことやりそうな、ちょっとした期待があったのだが。
確かメジャーのWEAの傘下でインディーポップ的な音楽を展開するはずだった...んじゃなかったかな?結局頓挫、してる間にマンチェスターブームが来て、時代の中で殆ど忘れ去られてしまったような気がする。

考えてみればあの当時(86-87年)のインディーシーンは、かなりカラフルだったにも関わらず、全体としてはあまり高い評価は受けているとはとても言えない。マンチェの導火線だったという意味で、ちょうどパンクにおけるパブロックのような立場だったのだが。だから、パブロック同様、あとで再評価が進む...ということなのかな?

ウェザープロフェッツに話を戻すと、彼等の1stは、私にとってはイギリス留学時代の深夜の友であった。ホント良い曲ばかりで、ギターポップ的にどうとか言うより、自分世代のリアルタイムの「ヴェルベット・アンダーグラウンド」、という印象であった(大げさかな?)。


ウェザープロフェッツに関するサイト:

http://www.geocities.com/weatherprophets/weather.html
[PR]
by penelox | 2004-12-12 22:01 | New Wave