「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

No Cause For Regret / Jasmine Ash


「ジャスミン・アッシュ」インタビュー(2)

Jasmine Ash interview
by Tatsuhiko. Watanbe(The Penelopes / Vaudeville Park Records)

前回に引き続きジャスミン・アッシュのインタピューをどうぞ。
後編では、プロデューサーの事、彼女が好きな音楽、日本の事などなど...を語ってもらいました。こちらが彼女のオフィシャル・サイト。日本のサイトはこちら
10月の来日スケジュールもチェックしてみて下さい!


**********************************************************

6.プロデューサーのエズラ・ホルブルックについて教えて下さい。

6.Could you tell me about the producer Ezra Holbrook?


エズラは天才よ。彼はまさに音楽の天才で、この世界で一番尊敬する人達の一人ね。凄いプロデューサーだし...しかしまた生まれ持ってのミュージシャンでありソングライターであるという。過去にはメジャーレーべルと契約していたこともあって、今でもホントにうまくやってるわ、ここポートランドでたくさんの人達をプロデュースしてて、今までにいくつか実にクールな作品をやって来てる。
もうすぐ彼のウェブサイトが出来るんで、曲をチェックしてみて欲しいわ。ホント凄いから。こちらでもMP3サンプルをチェックしてみて。彼はホントに私が自分自身の音楽に欲しい理想像がわかってるし見えるのよ。

Ezra is a genius. He truly is a musical genuis and one of the people I look up to most in this world. He is an amazing producer.. but also an amazing musican and songwriter in his own right. He has had a major label record deal in his past and is doing really well, he produces for a lot of people here in Portland and has done some really cool stuff. His website will be up soon: www.ezraholbrook.com you should check out some of his stuff. Amazing. Also check out: www.cdbaby.com/ezraholbrook for MP3 samples. He really knows and sees my vision that I want for my own music.


7.あなたがオール・タイムでいつも好きな曲やアルバム、もしあったら教えて下さい。

7.Could you name your all-time favorite song or album (if any)?


私に出来る一番ありきたりな言い方をあえて言ってみるわね。すごくたくさんの色んなバンドが好きなの、だから言うのは難しい! でももしトップ5を挙げるとすれば、順不同でこうなるかな:-

私が夢中になってるアルバムは The Bends / Radiohead、Ok Computer / Radiohead (レディオヘッドはなんでも、なのよ!)、Homogenic / Bjork(ビヨーク)、Gran Turismo / The Cardigand(カーディガンズ)、Same(もともとはBleed Americanというタイトル)/Jimmy Eat World、まだまだ続けられるけど、このへんが私がまず思いつくアルバムかしら。

I am going to risk saying the most cliche thing I can: I love so many different bands, it's hard to say! But if I had to choose, I could give you a top 5, in no particular order.

I am obsessed with: The Bends, Radiohead. Ok Computer, Radiohead. (anything by Radiohead!) Homogenic, Bjork. Gran Turismo, The Cardigans. Self Titled, (formerly Bleed American), Jimmy Eat World. And really I could go on and on.. but these were the first that I thought of.


8.今回の日本でのライブはどのようにして計画するに至ったのですか?b0022069_11423019.gif
8.How did you come to plan to play in Japan?


アメリカから出たい、って思ったのよ...日本はその点で良い選択に思えたのね。前にいくつかのメールをなんとなく送り始めて、L'uriという素晴らしいバンドの友人が私に返事をくれて、今回の事が実現したの。私本当に世界的な規模でオーディエンスが欲しいのよ...その意味で、日本より他に良い場所ってあるかしら?


I decided that I wanted to get out of the US.. and Japan seemed like the obvious choice. I one day sorta half-heartedly started sending some emails and my friends from L'uri, an awesome band, got back to me and we made it happen.. I am really determined to get a huge worldwide audience.. and where better to start than Japan?



9.日本についてはどんな印象をお持ちですか。

9.Is there any impression about the country?


私にわかるところから言えば、日本の文化は凄いわ。私が慣れてしまっているものと比べてずっと美しいし全く違うものなの。私がやり取りして来た人はみんな驚く程良い人達で好意的だし。日本に行って個人的に色んな人達に会えるのが待ち遠しいわ。きっとものすごい学習経験になるんだろうしね。それに、この日本行きがうまくいけば...間違いなく戻ったら何でもできると思うのよ!

From what I can tell, Japanese culture is amazing.. it's so beautiful and so different than what I am used to. Everyone that I have come in contact with has been amazingly nice and welcoming.. I can't wait to come over and meet people in person! I think it will be an awesome learning experience. Plus, if this trip goes well.. you better believe I'm going to do anything and everything I can to go back!



10.日本の音楽ファンに何かメッセージをいただけますか?

10.Could you give some messages to Japanese music fans?


そうね、ひとつめは...みんな私の音楽を本当に気に入ってくれたらいいなってこと。もうひとつは、もし気に入ってくれたらそれを広めて欲しいってこと。私の目標はできるだけたくさんの日本の人達に聴いて欲しい、ってことだから。私の日本でのウェブサイトはここにあるわ。今後数週間の間に色々更新されるんでまたチェックしてみてね。

それともし、あなたがミュージシャンで、何かアドバイスを必要としてるんだったら、私が今までもらった最も重要なアドバイスは...「決して」、決してあきらめちゃダメ、ってことだったのよ。本当に、誰だって、何だって出来るのよ。とにかくあきらめないで...あなたに最高の幸運を祈ってるわ!

最後に日本で私を助けてくれる人達にもお礼を言わせてほしいわ。このツアーを企画してくれたレーベルはGreen Tea, Incというところなの。彼らはイカしてるしこのツアーは彼等なしには実現しなかったことだから...彼等はホントに凄いわ。彼等が私とのこのツアーを企画してくれた..彼等の音楽も素晴らしいのよ!

Well, number one.. I really hope you like my music.. number two, if you do, please spread it around. My goal is to have as many Japanese people hear it as possible. My Japanese website is: luri.jp/jas.htm and there should be a lot of updates in the next few weeks..

Also, if you're a musician and you need advice, the most important advice that I have ever had, has been to *never* give up! Really, anyone can do anything... just never give up.. best of luck to you!

Fianally let me give many thanks to the people helping me in Japan. The label that is putting together this whole trip is called Green Tea, Inc. They rock and this whole trip couldn't have been done without them.. they are so awesome.They really have made this trip with me.. and their music is great too! www.luri.jp


album "From Grey To Blue"(CD/ 2004/ 80 beats per second

b0022069_1142505.gif
[PR]
by penelox | 2005-09-29 12:04 | 2000年代

Fall / Jasmine Ash

「ジャスミン・アッシュ」インタビュー

Jasmine Ash interview

by Tatsuhiko. Watanbe(The Penelopes / Vaudeville Park Records)

8月末、あるアーティストよりメールが。彼女の名はジャスミン・アッシュ。アメリカはオレゴン州・ポートランドを拠点に活動するシンガー・ソング・ライター。2ndアルバム"From Grey To Blue"をリリース、 10月には何と来日してライブを行なうとの事。

で、メールをいただいて以降、そのアルバムをもとに何度かのやり取りを経て、彼女に書簡インタビューを行ないました。90年代以降に大きく広がった、極めてオーソドックスなソングライティング能力を持つ女性シンガー・ソング・ライターの潮流(特に彼女の場合、エイミー・マンの影響、共通点はかなりあるとみた)と、同時にUSインディーの草の根的底力も感じさせる、若さに似合わぬ完成された音楽性を持つ彼女。生い立ち、活動経緯、ポートランドのことなど、2000年代のアメリカを生きる次世代の女性アーティストから、興味深い回答が得られました。

こちらが彼女のオフィシャル・サイト。日本のサイトはこちら

***********************************************************



1. 人生における、音楽との最初の印象的な出会いっていったら何でした?

1.Could you tell me about your first impressive encounter with music in your life?

ビートルズやジェームス・テイラー、エルトン・ジョン、ジョーン・バエズ、ジョニ・ミッチェル、ローリング・ストーンズといった、本当に素晴らしいアーティストを聴いて育ったことを憶えてるわ。いつも曲にあわせて歌うのが好きだったし、外にいて歩いてたり、他の事をしていても頭の中でちょっとしたメロディーを作ったりしてた。でもそれが自分の人生のこんな大きな部分になるなんて思ってもみなかった。自分のことを良い歌手だなんて、思ったりもしなかったのよ。b0022069_2092013.gifでも今思い返してみると、自分でわかってる以上にこういう曲は私に影響を与えていて、その時の感覚がずっと私の人生に残って来てたのよね。思うに音楽っていうものはある種の感情-それがどんなものでも-を呼び起こすもので、誰もがその曲その曲によって違った風に感じるものなの。だから私がわかってる以上に音楽は私に影響を与えてた、そのことが今は理解できるのね。まるで私の内面がどこかに埋められてて、まさに完璧なタイミングで外へ出て来た、って感じかな...興味深い事だと思う。

I remember growing up to the Beatles, James Taylor, Elton John, Joan Baez, Joni Mitchell, The Rolling Stones, really good music. I always loved to sing along, and would always make up little melodies in my head when I was outside.. walking or something. But I never thought that it would ever become such a big part of my life.. and I never really thought I was a good singer. Looking back now though, I saw that the songs affected me more than I realized, and those feelings have carried over to my life now. I believe that music should always evoke some sort of emotion, whatever that emotion may be.. and everyone feels differently depending on the song.. Now I can see that music affected me more than I know.. almost like it was buried inside me just to come out at the very perfect moment... interesting, I think.


2. 曲を書き始め、歌いはじめるきっかけになったのは何だったのですか? アーティストとしてのあなたを目覚めさせるようなレコードとか曲があったのですか?

2.What was a good chance that made you start writing songs and singing? Was there any record or song that awoke you as an artist?

正直言うとミュージシャンになることさえ考えてなかったわ。子どもの頃6年ぐらいピアノのレッスンを受けてたんだけど、やめてからは私、スポーツ選手になったのね。高校、大学を通じてずっと、物凄くスポーツに打ち込んでた。大学の終わりになって初めて、自分がギターを学んでみたいってことに気付いた。その前は歌ってもいなかったし、自分でも良い声してるなんて全く思って無かったのよね。

実際のところは私の前のボーイフレンドが凄いギタープレイヤーでね、ある日私が言ったの「コードを弾くぐらいだったらできるかな?」って。そしたら彼が「きっとできるよ」。それですぐ弾いてみたら、特に大変なこともなく、やめちゃうこともなくで...ホントうまく行ったのね。だからちゃんと学ぶために一生懸命やりたくなったの。

その後すぐ、学校でスペイン語を学ぶためにメキシコに行った。そこで毎晩バンド演奏をやってるレストランに通い始めたのね。私達すぐ親しくなって、何曲か一緒に歌わないかときかれたの。最初はホントに抵抗したのよ、だって自分が歌えるなんて全く思ってなかったんだから。困ったなって感じだった。彼等は絶対歌えると私を納得させて、で毎晩3曲ぐらい歌ったの。レディオヘッドの"Creep"、エリック・クラプトンの"Tears In Heaven"、それに4・ノン・ブロンズの"What's Up"をね。本当に私が歌い始める自信をつけたのはこの時だった。

で、大学を卒業するためにユージンに戻ると、ギターの勉強、そしてそれに合わせて歌う事に集中するようになった。すぐに曲を書き始めるという訳にはいかなかったけれど。自分が曲を書けるということもわからなかったしね。それはたまたまそうなったのよ。メロディーに合わせて歌詞を書き始めて、でそれからその後曲を書き始めて...3ヶ月ぐらいしかかからなかった。で、ギターを手にして10ヶ月後には最初のライブをやってた。緊張したわよ。実際私の演奏ときたら最低で。それで私は決心を固めたし、その事が私に一生厳命やらせるきっかけになったのね。凄いアーティストになりたかった...音楽は本当に私の人生を変えたわ。

I honestly never thought I would ever be a musician. I did take piano lessons for about 6 years when I was a kid, but after I quit, I became an athlete. I pretty much played sports all through high school and college. It wasn't until the very end of college that I realized that I wanted to try learning the guitar. I never sang before that either, and I didn't think I had a nice voice at all.

I actually had an ex boyfriend who was an awesome guitar player. One day I said "can I try to play a chord?" and he said "sure.." I played it right away, didn't really struggle and I haven't put it down since.. it really clicked with me, so I wanted to work hard to learn it well.

Shortly after that, I traveld to Mexico to study spanish for school. I started to go every night to a resturant that had a house band. We quickly became friends with them and they asked me if I wanted to sing a couple songs with them.. I really resisted at first, because I didn't think I could sing at all. I felt embarassed. They convinced me, and I would sing with them every night, about 3 songs: "Creep," by Radiohead, "Tears in Heaven," by Eric Clapton and "What's up," by 4 Non Blondes. It was then that I gained the confidence to start singing for real.

When I moved back to Eugene to finish up school.. I became focused on learning the guitar and singing along. I didn't start writing songs right away though. I didn't know that I could try and write songs.. it just sorta happened. I began putting lyrics to melodies and then writing songs after that.. it only took about 3 months. 10 months after I picked up the guitar, I had my first show ever. I was so nervous.. and really, I sucked. I was determined though and that's what made me work hard. I wanted to be great.. music really changed my life.

3. あなたはより大きな音楽的チャンスを求めてポートランドに移ったときいています。ユージンの音楽的状況というのはどういうものだったのですか? また、ポートランドはどうだったのですか? 日本人にとってはその違いがはっきりとはわからないのもので。ポートランドには大きなシーンがある訳ですか?


3.I read you moved to Portland for larger musical opportunities. How was the musical situation in Eugene? And how about Portland? For the Japanese people the difference doesn't seem so clear. Is there large scene in Portland?

卒業した後、ユージンを出なきゃならないのはわかってたわ。ユージンは小さな大学町で、プレイする場所も、バンドもそんなに多くない。ポートランドは音楽シーンでよく知られていて...一番凄いところ、って訳じゃないけれど。ここ(ポートランド)は市場としてはバンドの数が飽和状態で、それはかっこいいことでもあるんだけど、でもそれが目立つのを大変にもしてるの。それがポートランド以外の市場にも行こうとして来た理由でもある。たとえばロサンジェルスなんて...LAでは目立つのはもっと大変よ。そこでも私のキャリアにおいて助けになる重要な人達の目を惹こうとして来たわ。ポートランドにはそういう人達って、そんなに多くないのよ。

After graduation, I knew that I had to leave Eugene. Eugene is a small college town and there weren't as many places to play, bands, etc. Portland was well known for it's music scene.. although it's not the greatest. The market is saturated with bands here (Portland) which can be cool, but it can also make it hard to stand out. That is part of the reason that I've been trying to reach other markets besides Portland. Los Angeles for example.. although in L.A. it's MUCH harder to stand out.. I've just been trying to catch the eye of important people down there that could help me in my career. There aren't as many people like that in Portland.

4. アルバム"From Grey To Blue"を聴きました。とても良い作品でした。興味深いのは、タイトルは「希望」を感じさせるものなのに、音楽そのものは落ち込んでるというか、そんなに元気でもないんですよね。光を求めているというか、歌い手自身が歌うことで励ましてるというか...要するに極めて自然で純粋な心からの声というか...。あなた自身はこのアルバムをどうみていますか?


4.I heard your "From Grey To Blue" CD, which I found so enjoyable. What interested me was, despite the title implying some sort of 'hope' image, that music in itself sounded a little downhearted, or I think it not so cheerful but searching for the light, just like encouraging the singer herself by singing...in short, quite natural and pure voice from the heart. How do you describe the album yourself?

それは凄いことだわ。そのタイトルに希望が見えるというのは...すごく嬉しいことよ。このアルバムに収録された曲の多くを書いた時、私本当に人生の中での酷いところにいたの。ここにある曲は私に起こったことについての文字どおりの説明なの、人間関係であり、思いであり...。思い出してみれば、当時は将来についてあまり多くの希望を持てなかった。曲の多くが踏みつけられたような、悲しいものだ、というのは私もわかるわ。前のボーイフレンドにメチャクチャ傷つけられててね、それが曲の殆どを書くインスピレーションになってたのよ。"Dissatisfied"や"No One Came"のような曲は、私が彼から感じた苦しみや怒りについての歌なの、でもそこには希望もあるんだけれど。"Replacing"や"No Cause for Regret"のような曲は、また自分を取り戻して普通の人間として過去にもっていた怒りから通り過ぎて行くことについての歌だし。

"Fall"も良い例かな。この歌は、捨てられた後私が持たなければならなかった強さについて歌ってる。これは殆ど、人々が言うようなことに私が手を伸ばしてる感じかな...あなたが経験してることは私にもわかってるわ、あなただけじゃないのよ...みたいな。ある人間関係の中にいるのは大変なことで、多くのリスクを背負ってるの。何度も何度も人は傷つけられるし、あるいはあっという間に行き止まりを迎えてしまうこともある。私はソングライティングを通じて自分の苦しみに立ち向かい、それに対処することが出来たの。音楽をやり始めるまで私にはそんな強さはなかったわ。セラピーのようなものね。


また聴いて欲しいんだけど、新しい曲はもっと良くなってると思うわ。人生における、もっと成熟したところから出て来てるものだから。いまでも時々苦しみは感じるわ。でもそれは実際は無意識的なもので、曲を書こうとする時しか出て来ないの。おかしいわよね。今の曲はもっともっと成長したところから出て来てるし、そのことは私にとってはかなり健全なことなのよ。

I think that's great, that you see a hope in the title.. I am so glad. When I wrote many of the songs that ended up on the album, I was in a really bad place in my life. The songs are literal accounts about what has happened to me, with relationships, feelings, et. Back then, I didn't have a lot of hope about the future. I realize that many of the songs are downtrodden and sad. I had been really hurt by my ex-boyfriend, and that was really the inspiriation for writing most of the songs off that album. Songs like "Dissatisfied," and "No One Came" are songs about my hurt and anger I felt from him.. but there is hope, too. Songs like "Replacing" and "No Cause for Regret" are really about picking myself up again and getting past all the anger I had just as a regular person.

"Fall" is a good example too.. that song spoke of the strength I had to have after being dumped. It's almost like I'm reaching out to people saying.. I know what you're going through and you're not alone.. It's hard to be in a
relationship.. you take many risks. A lot of times, someone can get really hurt, or end up with the short end of the stick. I think through my writing I really faced up to my pain, and was able to deal with it. I didn't have that
before I started playing music. Sorta like therapy.

My new stuff, which I want you to hear sometime soon, I think is better. It's coming from a more mature place in my life. I still feel the pain sometimes.. but it's really unconcious, and only comes out when I am trying to write a song. Weird. The songs now are coming from a much more mature place, which is a lot healthier for me.


5. どういう状況の時に曲が浮かんで来ると思いますか? それともあなたの曲作りには何かコツのようなものはありますか?

5.In what situation do you think song comes to your mind? Or is there any knack for your songwriting?


今は私、自分のやってることをすごい仕事だと思ってるの。人間に出来る最も興味深く、クリエイティブな仕事のひとつよね!ワクワクしながら書いてるもの...でも、毎日やらないといけないの。ギターを手にして、出来るだけ新しい何かを書こうとしているわ。1週間に一曲って感じで。時にはうまく行かないし、1週間に4曲書ける時もある。でも全部が良い出来じゃないんだけどね。たぶん過去3年半(それが私の音楽をやって来た期間なんだけど)に150曲は書いたわ。それらのうちの殆どは全く良くないんだけれど。もし3年半でアルバム3枚分の曲を書けたら、それぞれのアルバムについて11曲かそれぐらいの予備はあると思うのよね...それっていい感じでやれてるってことよね。

I really look at it as an awesome job now. One of the most interesting and creative jobs you could have! It makes me excited to write.. but I have to do it every day. I challange myself to get on the guitar and write something
new as much as I can. I try for a song a week. Sometimes I can't do it, sometimes I can write 4 a week.. but that doesn't mean they are all good.. I have probably written 150 songs in the past 3 1/2 years (this is how long I
have been playing music) Most of them are not good at all.. I figure if I can write 3 albums of songs in 3 1/2 years, in which 11 or so on each album is a keeper.. I am doing well.


album "From Grey To Blue"(CD/ 2004/ 80 beats per second)

b0022069_2093836.gif








(次回に続く)
[PR]
by penelox | 2005-09-26 20:28 | 2000年代

Do the Du / A Certain Ratio

from compilation "Early"

どうもいけませんね。mixiで書き込むとこちらがホントほったらかしになって来ます。
一応こちらは(音楽をあくまで中心とした)日記風で、mixiはひたすら音楽紹介、という感じなのですが、日常が最近かなり険し過ぎて、楽しく書けないというのもあるのです。それがこちらにあまり書けない理由。

なんでも書いたら良い...そういう考えもあるとは思う。けれど、実際のところ、本当の自分の心情をさらけ出す日記を、人に見せる前提で書くなんて、私には到底出来ないんですよね。それは危険極まりないと思ってます。それは、のぞきに来る方に悪意が潜んでるかも知れないから...ということよりも、受け取り方の違いによって不幸な出会いになる事が多々あるからですね。どういう目的でインターネットに接続するかも人それぞれ。それをとやかく言えないし、こちらの想像の範疇を超える場合も多々ある。あくまで最低限意見の交換をできれば良いとは思うけれど、それ以上は正直言って恐い。顔を合わせていても意図が図りかねる人が多いのに、まして文章だけ、となると...。お互い様でしょうけれど、もどかしい。

まあそんな事を言いながら、過去の日記には心情をかなり綴っているのもありますから、多少ブレているのはご容赦いただきたいけれど、ともかく、ここにはもう少し色々書いてみようとは思っています。あくまで「日記風」で。


9/12
選挙の結果...ひたすらむなしい。全く支持しない政党に常に牛耳られている国に住むって、ホントに辛い事です。無党派層なんてのが「ムード派」層であり、もっというと「無能派」層...なんてのが浮かんで来る...佐高信氏みたいな駄洒落。

入れる党がないなら、少しでもこちらが支持できる政党に作り替えるのは、民主主義社会に住む国民の務めではないのか。今までは積極的に支持しなかったんじゃなくて、「はっきり」「わかりやすく」言ってくれる、「この人ならついていける」と思える人を待っていただけ...つまりヒトラーみたいな独裁者が欲しかったって事?

小泉改革の核心が旧大蔵/財務族としての役人の言いなりではないと、果たして言い切れるのでしょうか...。



9/14
立花隆の「マザー・ネイチャーズ・トーク」に刺激されてさらに数冊読みはじめる。
「同時代を撃つ」、「イラク戦争 日本の運命 小泉の運命」。

9/17
帰宅すると姪っ子がまた部屋にシールをペタペタ貼ってしまってる。
女の子はホントお星さまとお花が好き。

また気になった本。「昔、革命的だったお父さんたちへ」(平凡社新書)。
共著のひとり林信吾氏の「これでもイギリスが好きですか?」を立ち読みして面白かったので、改めて買いに行ったら、見つからず、それでこっちを。これは、おおざっぱに言えば団塊世代(昭和20-23,4年ぐらい生まれ)に対する批判の書。もう少し具体的な提言をして、その世代に飲み込みやすくする手もあったような気がする。これだと、余計反発を食らいそうで。でも、わかる部分はたくさんある。

「これでも...」に戻すと、イギリスものの本に関しては、林望氏の本に代表されるようなエスタブリッシュメントな英国だけに依拠した絶賛論は相当違和感があった。で、高尾慶子氏による「家政婦はみた」的英国論がそれへのカウンターとしてかなり新鮮で面白かった記憶がある。英国というのはいうまでもなく階級社会が前提としてあるし、それ以外にも人種や民族の壁などが絡み合い、複雑きわまりない。ひとつの英国として語るのが土台無理な話のような気もしている。だから、英国について考察するのならできるだけ色んな立場から検証するべきなのだろうな。

しかしそれは考えてみれば日本もそうである。ネオ階級社会の到来を言われる昨今だけれど、そもそも総中流意識自体幻想だったのだし。私が関わっている方(仕事、音楽、その他もろもろ含めて)で自分と同じ社会的背景にある、と言い切れる人など殆どいない。しかし、だからこそ面白いし、自分の立ち位置も見えて来る、というものだ。

他者への想像力、愛情といってもいいけれど、それの奥の深さ、難しさ、傷つけられる苦しさも含めて、もっともっと開かれた心で受け止められないとダメだな、と思う。でもええ加減な人間、秘匿的な人間を甘やかすのが優しさとも思わないが。

まだまだ心はフラフラだ。


9/18
民主党の人事が決まったところでこちら、山口二郎教授のサイトをを改めて読む。自民党とは違う路線の対抗政党がない国の不幸を思う。福祉重視の社会民主主義路線というのが、何故成立しないのだろう...。
この国は、実は変わる気などないような気がして来る。

日本をあきらめない、なる民主党の選挙スローガン、外国の広告代理店が考えたらしい。なんで? どこの国?

もしアメリカだったら、ある疑念-つまり民主党を負けさせるための罠-を感じざるを得ない。国民の(口に出したく無い)無意識のホンネを代弁している一方、それ言ったらそりゃ小泉の方が当然前向きに響くのだから。

まあ、それに乗って行った政党も政党だが。
「郵政選挙」になった以上、小泉の郵政改革の欺瞞を徹底的に暴くべきだったのに。


XTCの"Apple Venus"を聴く。
ブックレットにやたらと日本のバンドの推薦文が載っているのだが、その煽りほどの興奮が得られない。それがもどかしい。煽られたからかえって? いや、そうじゃないんですよ。あきらかに前作"Nonsuch"より何かが落ちている感じ。何がか? と言われると、エネルギーの量かな...。いや、もっと言うとエネルギーの使い場所のバランスが悪くなってる気がしてしまうのだ。

ギター中心じゃない、というのはさんざんきかされていた事だし、それは全然構わない。何より、曲の仕掛けが簡単に見えてしまう。だからマジカルに響かないのだ、きっと。歌詞の凝り様は、その方向に行くのがわかっていたし興味深くもある。けれど、音楽として何か直線的というか、多方向に広がって行くパワーがないというか。描こうとした世界はうまく整理されているのかも知れないけれど...ちよっと寂しいな...。40代後半はこうなってしまうもんなのか? ミュージカルやイージーリスニングをたくさん聴いた結果と読んだことがあるけれど、換骨奪胎してそれをより楽しく豊かな音楽に作り替えられたか...というと、う〜ん、微妙。

そういえばポール・ウェラーもまとまっているけれど(音楽として)元気がない。英国人の頑固さが融通のきかなさに見えてしまう嫌な瞬間だ。

まあまだまだ何回も聴くつもりですし、結論なんて出せませんが。既に6年前の作品だし。もう一枚"Wasp Star"とセットで聴くべき、という思いも捨てられないし...とまあ、ずっと聴いて来た人間は辛いですわ(苦笑)。

9/19
色々とやらないといけない事、進めないといけないことがあるが、遅々として進まず。
アタマに来ることが色々あって、しかしそれは結局自分のお人よしさが招いたもので...つまり自業自得。

この日教えている生徒さんは、推薦の志望理由書の感銘を受けた何かについて書けとの要求に、私のCDについて書くと言う。
嘘でも嬉しいよ。

9/20
b0022069_15502566.gifこういう上がったり下がったりの、感情の起伏が激しくてそれに疲れてしまってる毎日には、こういうやたら冷静な(冷酷な?)マンチェスター産、(70's末〜80's前半に最盛期を迎えた)ホワイト・New Waveファンクを。

彼等、音楽で何を表現しようとしていたのか...いや、もしかしたらこの音像を作り出すことにのみ興味があったのかも知れないな。とにかく鋭角的、温かみやくどさゼロのファンクがこういう心境の時は何故か気持ち良い。ACRって、昨今のNew Waveリヴァイバルの方がピタッと来そうだ。
[PR]
by penelox | 2005-09-20 15:56 | New Wave

Three Crosses / Liberty Horses

9/5
いつも通りに教えに行き、部屋に入ると何と私の歌声が。何ごとかと戸惑う私に、満面笑みのアメリカン・フットボーラー。

なんと私のアルバム"Eternal Spring"をかけているではないか。別の生徒さん(彼の友人)から私のCDが密かに渡っていたのだ。
1曲めが特に気に入ったとのこと。
大変光栄、しかし恥ずかしいことすんなよ...。

9/7

今日の授業、何を話したか思い出せない。口だけが勝手に仕事をしていた感じ。

思い出せるのは、ゴルフ部のキャプテンとなって部員を引っ張るこの子、成長して非常にしっかりした人間になって来たなぁということ。2年前は母親の馬鹿さ加減に涙していたのだ。それを考えるとよくここまで来たと思う。もちろんまだまだ若いから今後挫折もあるんだろう。けれど素直に嬉しい、TMレヴォリューションが好き、という唯一の欠点をのぞけば(笑)。
まぁガンダム好きだから仕方ないけれど。

そんな嬉しいことと、とてつもなく悲しいこと。全く逆の感情がいま同時に心にあるので、訳がわからない。まさに人生はローラー・コースター。

XTCの"Apple Venus"とLiberty HorsesのMaxiシングル"Believe"を偶然発見、購入。こういう出会いも大事な事。またじっくり聴いてみよう。


9/8
体調は良く無いし、眠れない。
どちらかというとこれは精神状態の問題で、今どうこうなるものではない。時間が解決することだ。

それにしても、Mixiで色んな方に見つけていただけるのはとてつもない僥倖。
何かを失うまさにその時に、また何かを得る...自分の人生を振り返っても、いつもそうだった気がする。不思議だ。


9/10

星野SD続投決定、そしてボロ勝ちで阪神マジック点灯。
読売にしたら、星野に「ぜひやってみたい」、そう言わせたかったのだろう。で、そんなにやりたいのなら...みたいな形にして恩着せがましく上から要請する、という、そういう構図にきっとしたかったのに違いない。下手に出てお願いなんかするとフロントの立場が星野より下になってしまう。そうすると色んな事を暴かれて改革、つまりナベツネの影響力排除、という流れになってしまうのだから。あくまで自分達の影響力を残せる形にしたいのだろう。さすがナベツネ。しょーもな。

今回は無理だっだが、たぶん来季以降、巨人が低迷したら数年はあの手この手で揺さぶって星野に言わせようとするね、あれは。しかし、そもそもナベツネ本人が居座ってるから巨人はダメなのにね。一番問題なのはフロントなのに。アタマが良いのと、自分をリストラできる勇気とは違うものなのだ。

たぶん来年は原か江川でしょうね。岡田対原でも、岡田対江川でも、どっちでも面白い。清原、ローズは楽天かオリックスに行くべきでしょう。

9/11
総選挙の投票日。
日本人って、ホントに、骨の随まで自民党が大好きなのね...。

(後記)

思うに小泉首相が言っていた「政治改革」ってのは要するに「自民党改革」だったんですな。今回の選挙は結局他の党は蚊屋の外で、とにかく田舎の自民党、地方利益誘導型イメージの自民党を都市部の無党派層向けにモデルチェンジするためだけに利用された、という。結果イメージだけ、見た目だけのイメージで選挙に勝つ方法論をついに自民党が手に入れた、ということですね。で、これによって民主党は居場所を失ったと。

だから、今回のボロ勝ちの結果に、なんも考えんとただ「何かやってくれそうだから」(何をよ?)と自民党に入れた無党派層はちょっとこの結果にビックリしてるはず。しかし数年後の選挙の頃にはもう忘れてるんだろうな...

私としては、まず政権交代が起こって欲しかったのだが。それでたとえば民主党を中心とする政権が出来ても、必ず内部での意見対立やボロが出て来る...そこでまたシャッフルすればいい...そう思ったのだが。

これでまた日本のアメリカ属国化が一歩前進しましたね...。日本人はアメリカという国の恐さにあまりに無防備。政治意識のあまりの低さに悲しくなります。



上の曲は、Liberty Horsesの3曲入りMaxiの最後の曲。これが一番良い感じでした。生楽器のグルーブが心地良いです。英国フォークの重鎮イワン・マッコールの息子ニールとカラムの兄弟を中心とする、90年代初めにラフトレードから作品をリリースしていたバンド(今も活動してるのかな?)。b0022069_20405797.gifと、言うことは、あのカースティー・マッコールの兄弟、ということになりますね。

内容はというと、派手さはないけれど、アメリカン・フォークミュージックや英国トラッドなどを吸収して生まれたのであろう、ポップと言うには実に生真面目な、誠実さが伝わって来るルーツ寄り音楽というべきか。90年代初めのラフトレード、なおかつ元バイブルのブー・ヒューワーダインも参加してるからか、ネオアコースティックのその後....的な匂いもあります。
[PR]
by penelox | 2005-09-11 20:51 | 90年代

Lovefool / The Cardigans

from album "First Band On the Moon"


案の定mixiを始めると、こちらの日記がほったらかしになって来ますね...。

9/1
立花隆の「政治と情念」を読了、「マザーネイチャー・トーク」に移る。立花氏が各分野の学者と語る対論集です。猿や昆虫、宇宙などなど...に関して、興味深い話多数。ああ〜、世の中知らないことだらけですわ。


9/2
生徒さんが欲しいと言っていたThe Cardigansのアルバム(最初の3枚)を持って行く。3枚で900円だったので代わりに買っておいてあげたのだった。

それにしても最近スウェディッシュ系、恐ろしく安いな〜。

b0022069_1952235.gif安いということは良いけれど、その値段のあまりの下がり方にバブリーさが匂って来てたまらない気持ちになる、ああいうブームという奴。音楽の本質は全くほったらかされたまま、消費されてハイ、終わりという。

でも作ってる人達は何も変わってない訳で(もちろん売れることで刺激を受ける、というのはあるだろうけれど。変わってしまうバンドは所詮その程度)、地に足をつけて
きっと活動を続けているに違いないのに。b0022069_1953420.gifThe Cardigansも、ああいう売り方、消費のされ方をしなかったら、とても良質なポップバンドとして記憶され続けたと思うのですよ。まぁどっちが良いのかは正直わからないけれど...でもきっと日本で受けたというのは嬉しい誤算だったんだろうけれど、でもそれが圧倒的に彼等の音楽を変えた感じはないと思うんですよね。最初からああいう音楽だったし、基本線は変わらなかったと思う。それで成長し、深化して行っただけだと思うんですけれどね。b0022069_1954444.gif

そういうことが、バブリーな売り方じゃちっとも伝わらない。で、ブームが終わると必要以上にネガティヴなイメージで見られてしまう。

一番最新のアルバムなんて、話題になってたんでしょうかね。
もっともっと流行り廃りとは関係ない、深い作品になってたように思うんですけどね。それなのに結構、「もうCardigansなんてねぇ...」なんて言ってる人、結構いたと思う。

こういうこと書くときっとお節介に聞こえるのだろうけれど、でもそうやって軽佻浮薄に飛びついては離れて行く人って、音楽の中にある大事なエッセンスをだいぶ逃してると思うんですよね。そこがもう、もったいないし、悔しくて仕方ない。音楽なんて聴いてないんだろう、と思ってしまいます...いや、もちろん聴いてる部分の違い、とも言えますけれど。


私自身思い出してみると、当時は音楽云々よりも、その売り方に拒否反応を覚えたんですよ、95年当時。フュージョンぽい消費主義的軽さが多少気になるとはいえ、音楽は基本的に好きでした。売り方自体も、スウェーデンの事を知るにつれ、気にならなくなって行った。でも逆に、興味を持ちはじめるのに反比例するかのように、露出が減って行った。良い音楽だなぁ、と思う頃には誰も話題にしなくなって...。

これって、どういうこと??

しかし、そういうことをいくら思っている人が一定数いても、たぶんレコード会社はこう言うのですよね - 聴き手がそれを望んでる、と。

結局、音楽業界のモノの売り方というのは基本的にずっとこういうものだし、90'sになってますます煽りのスタイルに手が込んで来た、それだけの事、という気もする。それに自分でもレーベルをやってると、音楽を売る、ということに関して、作り手の立場と売り手の立場、聴き手の立場でいつも脳内対立が起きるのも事実(小規模ですけどね)なんで。レコード会社の考えが全くわからない、とも言えないんですよね、正直言って。

だから、聴き手が成熟して、たとえば作り手の立場への想像力をもっと使えるようになること....そうでなくとも、多様な音楽への多様な楽しみ方が出来るようになること、つまり音楽にまつわるもっと豊かな関わり方が出来ること...、これが、売り手(実際これが一番力を持っている)の暴走を止められる、あるいは止められないとしても、微調整させられる唯一の方法だと思う。

それゆえ、作り手として頑張るのは当たり前だけど、音楽について何かを書き、発信することはずっとやめられないし、またやめるべきでもないのだろうな。そんな気がする今日この頃。


9/3
やっと親知らずの抜いた箇所が落ち着いて来た。8月はホントあれの痛みしか記憶にない...。

9/4

Jasmine Ashというアメリカ・ポートランドのシンガー・ソング・ライターからメール。Aimee Mannに強く影響を受けたとおぼしき、フォーク・ロックスタイルの良質女性シンガー。また後日詳しく紹介させて下さい。




それにしても今年の阪神は地味に強いなぁ...。
こういう阪神はいままで見たことがないので、正直戸惑っている...こういう阪神ファンの方は多いのではないかな。
[PR]
by penelox | 2005-09-04 19:12 | 90年代