「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

The Music Lovers interview (part 2)


マシュー・エドワーズ インタビュー(2)

b0022069_1431472.jpgMatthew Edwards interview(2)

 -ソングライティグの過程についておうかがいしたいです。誰かが最初に歌を持って来るのですか? それとも、曲の一部から始まってジャムセッションで完成させるのでしょうか? あるいは全く何もないところから始めて、最後に歌詞を乗せるのでしょうか? 私には最初あなたがギターだけで他のメンバーの前で歌い、それから他の音を加えて行くように思えるのですが(注・これは音楽を作っている者としての勘)。



 そう。俺が歌詞と曲を書き(たいていギターでね)、グループがそこから曲をアレンジして行く。"I Don't Mind"だけが例外で、淳の曲を俺が書き直した、だから共作した、と言える。もっとソングライティングでコラボレイトをしたいね。



About songwriting process. Anyone brings a song first? Or beginning with part of a song and completing by jam session? Or starting from nothing and adding lyrics finally? It seems to me that first Matthew sings in front of the members with guitar only, then adding the other sounds...


Yes, I write the words and music (usually on guitar) and the group arranges the song from there.There are exceptions - 'I don't mind' was me re-writing a song of Jun's,so we co-wrote it. I'd like to do more collaborative songwriting.



 -タイトルや歌詞についてです。ありがちなポップミュージックのやり方とは全く違うものがありますよね。ちょっと説明していただけますか? 旅への思いのようなものを感じますし、悲しみや人間存在の儚さをある種非喜劇的なやり方で扱っているというか。


 そう、確かに悲しみを扱っている。つまり、喪失を扱っている訳だ...自分達自身をシニカルだったり踏みつけられた風にはしたくない。恋に落ち、可能性を持ち、オープンでいるという...ああ、そしてそこには多くのセックスもあるな!
b0022069_1442941.jpg

About titles and lyrics.there seems to be something quite different from the way of the usual pop music. Could you explain about them? I feel something like wanderlust, and dealing with sadness, frality of human existence in some tragicomical way.


Yes, dealing with sadness definately; dealing with loss... not allowing ourselves to become cynical or downtodden. Falling in love. Remaining capable and open... oh and lots of sex in there too!


 -あなた方について、「ほぼ全員が非アメリカ人のバンド」という情報をきいていたからなのかも知れないですが、他のアメリカ人のバンドでは持ち得ない視点を持っているように思えるんですよ。そして、それがあなた方の音楽の独自性にもつながってるんじゃないかと。

 アメリカに関する現在の状況は、あなたの目にはどう映りますか(音楽的であれ、政治的であれ、何でも構いません)?



 俺はこの国を愛してるよ...アメリカに住むもっと多くの人が、何がアメリカを実際偉大なものにしたのかを理解してくれたらいいのにな。たとえば、ウォルマートやマクドナルドとかってのは、基本的にはアメリカ的なものではないんだけど、それを誰もわかってないし気にしてもいないようだ。


Though it may be because I heard the information about you being 'almost non-American' band, you seem to have the viewpoint that other American bands can't have, and that leads to the uniqueness of your music.
How does the current situation about America look in your eye (musically or politically or whatever)?



I love this country... I just wish that more people in the US had a better grasp on what actually made America great. For instance, Walmart, McDonalds et al are all fundementally un-American and no-one seems to see it or care.


 -バンドの未来について教えて下さい。はっきりしたプランはありますか。日本に来る予定は?


 日本はぜひ行きたいね。淳の母国だし、(イングランド同様)帝国としての過去を持つ島国だ。この類似点が魅力的なんだ。まずはそっちのレーベルで我々の作品をリリースしてもらわないといけないよな??? ホントにすぐにでもそうなって欲しいんだよ。
 
 グループとしての「プラン」に関しては、前にも言った通り、3枚のThe Music Loversのアルバムを出して、それで終わりだ。


About the band future. Is there any clear plan? And will you come to Japan?


We would LOVE to come to Japan. It is Jun's home country and (like England) it is an island race with an imperial past - I find these parallels fascinating. First, we need to get a label to release us there??? I really hope we make it there soon.

Regarding a 'plan' for the group, as i have said, there will be three ML's albums then the group will finish



 -終わりなんですか? 何か理由があるのですか? その後はどうするんです?


 世捨て人になるかもな。


>is there any reason? have you got any plan after that?


I might become a hermit.


 ...(質問に困ってしまった。)最後に、バンドの名前です。凄くインパクトがあってストレートですよね。何故この名前にしたんですか?


 単にケン・ラッセルのひどく陳腐な同名映画を観て、この名前が厚かましくてセクシーだと思ってね。それでさ。


Finally about the band name. so strong and direct. Why did you choose it?

Simply, I had seen Ken Russells awful camp film of the name and thought the name was bold and sexy, so...


 追加の質問として、彼自身の事についても少しきいてみた。


 -あなた方のサイトにあるバンドの歴史を読みましたが、「テッド(Edwards氏の事)はビンゴの呼び出し係、パーク・レンジャー、賞を受賞した若き作家などを経験した」とありました。どんな賞を取ったんです? 作家として身を立てることを考えたりしていたのですか? あるいはいまでもそんな計画があるのでしょうか?


 2つ賞を貰ったことがある-10歳の時に"How and Why"ブックス(英国の教育機関)から、ディック・ターピンという追いはぎ(18世紀の路上強盗。美男で、庶民のヒーローとして喝采を浴びた)についてのエッセイで賞を取ったんだ。「8-11歳のベストエッセイ」ということだったと思うな。

 17の時にはオブザーバー紙がスポンサーのクリエイティブ・ライティングのコンテストで3位になった。
b0022069_1452363.jpgそれは異人種間の恋についての短編だった。実際はあんまり良い出来じゃなかったんだけどね。

 大学では文学を学んだんだが、作家になりたいという意志は全くなかった。むしろ、得意だったもの、という感じだ。


I read the history of the band on your site, which says 'Ted was at various times a bingo-caller, a parks-ranger, and a prize-winning young writer'.What prize did you win? did you think about establishing as a writer? Or still have the plan?


I won two writing awards - When I was 10 I won a prize from 'How and Why' books (an English institution) for an essay I wrote on Dick Turpin, the highway man (a thief of the road). I think it was 'best essay 8 - 11 years-old'.

When I was 17 I came third in a creative writing contest sponsored by The Observer, and English daily newspaper: It was a short story about inter-racial love. Not much good really.

I did study lit at college, but not with any intention of being a writer. Rather, it was all I was'good' at.


 -よろしければ、あなたのお気に入りの作家や本を挙げていただけますか?


「贋金つくり」アンドレ・ジイド、"Christie Malry's Double Entry" B.S.ジョンソン、「炎に消えた名画」チャールズ・ウィルフォード、"If this is a man/The Truce"プリーモ・レーヴィ、デヴィッド・グーディスの本全て、"Scoop"イヴリン・ウォー、「フランケンシュタイン」メアリー・シェリー、"Testament Of Youth"ベラ・ブリテン、「大地」エミール・ゾラ、ニック・トーシュ、ジョージ・オーウェル、ジャン・ジュネ、アンジェラ・カーター、ウィンダム・ルイス、パトリシア・ハイスミス、デレク・レイモンド。


>If possible, could you name your favourite writers and books?


The Counterfeiters - Andre Gide, Christy Malry's Own Double Entry - BS Johnson, Burnt Orange Heresy - Charles Willeford, If this is a man/The Truce- Primo Levi, All David Goodis' books, Scoop - Evelyn Waugh, Frankenstein -Mary Shelley, Testament of Youth - Vera Brittain, La Terre - Emile Zola, Nick Tosches, George Orwell, Jean Genet, Angela Carter, Wyndham Lewis, Patricia Highsmith, Derek Raymond


The Music Lovers official site

MySpace.com


Guide For Young People (new album coming soon)b0022069_13482233.gif








-The Music Lovers Discography-

Cheap Songs Tell the Truth EP (Nov.2003)b0022069_1349781.gif









The Words We Say Before We Sleep (October 05, 2004)b0022069_13494327.gif









(part 3に続く)
[PR]
by penelox | 2006-05-31 23:59 | The Music Lovers

The Music Lovers interview(part 1)

 Matthew Edwards(Vo/G)、Jon Brooder(B/Harmonica)、Bryan Cain(G/Vo)、Jun Kurihara(Vo/Accordion/Keyboard)、Colin Sherlock(Dr)の5人からなるアメリカはサンフランシスコのグループ、The Music Lovers。
b0022069_113645.jpg
2003年にインディーレーベル、Le Grand Magisteryと契約を交わし、"Cheap Songs Tell the Truth EP"(2003)、"The Words We Say Before We Sleep"(2004)と順調にリリースを重ねる。

 近々3枚目となる作品(フルアルバムとしては2枚目)"Guide For Young People"を発表する彼等、縁あって私watanabeが今年秋に大阪のCDショップVelvet Moonさんとスタートする予定の新レーベルのコンピレーションに参加していただくことになり、ここに中心人物のMatthew Edwards、そしてこのニューアルバムから正式メンバーとなったJun Kuriharaのインタビューを数回に渡ってお送りして行くことと相成りました。

 なお、Kuriharaさんと書きますと、わかる方もおられるでしょう。そうです、元ネロリーズであり、ソロアーティストとしても活躍しているあの栗原淳さんです。私watanabeのThe Penelopesが最初に在籍したレーベル、ポルスプエストの看板アーティストであったあの方。現在はThe Music Loversのメンバーなのです。

 こちらがThe Music Loversのオフィシャルサイト。

 こちらがMySpace.comの彼等のページ。


 マシュー・エドワーズ・インタビュー(1)

b0022069_114057.jpgMatthew Edwards interview(1)

 -活動の歴史を拝見しますと、それぞれのメンバーが独特のバックグラウンドをお持ちですね。みなさんはどのように出会い、そしてどのようにしてThe Music Loversはスタートしたのでしょうか。何があなた方を結び付けたのでしょう。また、かつてやってらしたバンドThe Hairdressersについて教えていただけせんか?


 Jon Brooderとは俺がサンフランシスコでキャバレーのMCをやってて、彼が演奏しに来た晩に出会った。何回か俺の昔のバンドThe Hairdressersを観に来てね。それでウチの当時のベーシストが抜けた時に加入するよう誘ったのさ。彼は凄い存在感のある奴だと思ったんでね。他のThe Music Loversの創立メンバーはもうひとりの英国人、Paul Comaskyだった(注・語っているMatthew Edwards氏もバーミンガム出身の英国人)。彼はメーンでメキシコ料理店をオープンするために辞めた。

 栗原淳とはお互いがモノクロームセットのツアーに加わるように頼まれた時に出会ったんだ。ふたりともその時は断ったんだけど、ポップミュージックへの愛、服、それにジャン・ジュネを通じて結びついた。Bryan Cainは俺がキャバレー時代から知っていたんだ、イカれたカントリーをやるバンドでギターを弾いててね。Colinはもともとアイルランド出身の船長。地元でのショーを観に来て、そして一緒にやりたがったと、まあシンプルな理由さ。

 The HairdressersはパンクロックのJudy Garlandと言うべきかな - 誤解された、美しい、しかし、つんのめるようなエモーショナルな、ドラッグに塗れた音楽だった。

 何が俺達Music Loversを結びつけたかと言えば、どうしようもないほどの必要性からだな。


According to the band history, each member has some unique background. How did you meet and the band get started? Could you tell me about the previous band 'The Hairdressers'? And what do you think made you get
together?



Jon Brooder and I met when I was MCing a cabaret evening in San Francisco and he came down to perform. He came to see my old group The Hairdresers a couple of times,and when our bass player left I invited him to join. I just thought he was a very charismatic individual. The other founder member of The ML's was Paul Comaskey, another Englishman... he left to open a Mexican restaurant in Maine. Jun Kurihara and I met when we were both approached to join a touring version of The Monochrome Set. We both declined, but bonded over a love of pop, clothes and Jean Genet. Bryan Cain I knew from the cabaret days when he'd been guitar player for an extraordinary country drag act. Colin is a former sea captain from Ireland...
he approached us at a SF show and wanted to play - simple.

The Hairdressers were punk rock Judy Garland's - missunderstood, beautiful, but stumbling and emotional and full of drugs.

And what do you think made you get together?

Desperate need.


 -The Music Loversを始めるにあたって、何か理想のようなものはありました? 特定のバンドや音楽とか。何か目標とか(音楽的にでも何でも。経済的にでも)。


 経済的なものは全く無かったな! 俺が唯一規範としていたのはThe Music Loversがグループとして持っているビジョンを絶対に薄めない、ということだった。エンターテイナーであり、そして最も重要なことなんだが、率直でいる、ということ。人生はアイロニー(皮肉)には短か過ぎる。ユーモアはイエス、アイロニーはノー、といったところだ。


In the beginning, was there any certain ideal - certain band or music? and any goal(something musical or whatever, even financial)?

Certainly not financial! My only criterea was that The Music Lovers would never dilute the vision we had of the group - to be entertainers and most importantly to be candid - Life is far too short for irony, humor yes, irony - no.


 -メンバーのうち4人がアメリカ人ではないですよね。それはあなた方の音楽を説明するのに強調されるべきことでしょうか?それともそうではない?


 強調されようと無視されようと、それは俺には殆ど重要な事ではない。しかし、コスモポリタンがこのグループを構成していて、我々の趣味の広さが最終的な音に関して作用しているのは間違いないね。

b0022069_1114335.jpgFour of the members seem to be non-American. Do you think it should be emphasized in decribing your music ? Or not?

Emphasised or ignored - it means little to me. However, the cosmopolitan make up of our group and our very varied tastes must come into play regarding our final sound.


 -あなたにとっての印象に残るような年代(注・子供の頃、という意味で書いたのですが、ちょっと使う言葉を間違えましたね、すみません)に影響を与えたアーティストを教えて頂けますか?


 今が俺にとっての印象に残る年代だよ- まるでルネッサンスのようなね! 子供の頃ってことかい?オヤジやオフクロのレコードコレクション、それに友達の家で聴いたやつ - 70年代のエルヴィス(プレスリー)、ロックステディー、ジュディー・ガーランド、PJ・プロビー、マール・ハガード、ハーブ・アルパート、ザ・ムーブ...あたりになるかな。10代の頃は、パティー・スミス、 マーヴィン・ゲイ、ローラ・ニーロ、X-レイ・スペックス、オンリー・ワンズ、ディスコ物、ボブ・ディラン、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、TSOP(The Sound Of Philadelphia)、ポストカード・レコード...このあたりだな。


Could you name the artists who influenced on you in your impressive age?


This is my 'impressive' age - like the rennaissance! Do you mean when I was a kid? I'd have to say my Mom and Dad's record collection and the stuff I heard at friends houses - 70's Elvis, rocksteady, Judy Garland, PJ Proby,
Merle Haggard, Herb Alpert, The Move... as a teenager - Patti Smith, Marvin
Gaye, Laura Nyro, X Ray Spex, The Only Ones, disco, Bob Dylan, Velvet
Underground, TSOP, Postcard Records...



 -あなた方の周囲で、音楽的に近いなと感じるバンドはいますか? サンフランシスコはあなた方のやってるような音楽をやるのには良い場所ですか?


 サンフランシスコは綺麗な街なんだが、俺はここでは全く孤独な生活を送っていてね、最近のシーンについちゃ全くもって何も知らないな。The SermonとThe Holy KIssは好きだけどね。


Have you got any band around you that you feel close to you musically? Is San Francisco a good place for you to play the music like yours?


SF is a beautiful city, but I lead a pretty reclusive life here and I am
none to au fait with the current scene. Though I do like The Sermon a lot
and The Holy Kiss...



 -ニューアルバムの曲をいくつか聴かせていただいたのですが、前作"The Words We Say Before We Sleep"よりももっと元気で活き活きしてると思いました。前作は、もっとラウンジっぽいというか(ありきたりな言い方にきこえたら申し訳ないです)ソフトというか...でも新しい曲はもっとポップロック寄りというか、インディーミュージックにさほど興味のないかも知れない人達も引き付けるように思えるんです。こんな劇的な変化をもたらしたのは何なんでしょうか。それは意識してそうなったのでしょうか、それとも自然な流れだったんでしょうか?



 へえ〜っ、俺は実際のところニューアルバムは前作より遥かにインディーっぽいと思ったんだけどな。前のアルバムは、絶望の中、ひどい場所で、しかし希望を持って書かれた- 新作はロマンティックで好戦的で、よりノイジーでセクシーだ。

b0022069_1152228.jpg
もし前作が"Scott 4"(Scott Walkerのアルバム)とすると、今回のは"Kilimanjaro"(Teardrop Explodes)かDexy's(Dexy's Midnight Runners)の1st、って感じだ。全ては自然に起こることなんだ- The Music Loversは学んでこうなるんじゃない、我々は自然とこんな感じなんだ!


I heard some tracks from the new album, which were more cheerful, livelier than the last "The Words" CD. "The Words" sounded more "loungy"(I'm so sorry if it sounds too cheesy), soft... but the new songs seem to be more pop rock oriented, seem to attract more audience who may not be so interested in indie music. What brought you such a drastic change? Were you very conscous of doing so? Or natural course?

Wow, I actually thought that the new album was far more indie than the last! The first record was written in desperation, in a bad place but with hope - The new one is romantic and belligerant, noisier and sexier. If 'Words...'was our Scott 4 then 'Lovers Guide...' is our Kilimangaro or Dexy's first. Everything happens naturally -The Music Lovers are not studied, we are naturally like this!

(part2に続く)
[PR]
by penelox | 2006-05-29 23:59 | The Music Lovers

Miyataコラム "Everyday WIth Gentle Tune"

 当方のHPで連載中のベーシストMiyataによるコラム、"Everyday With Gentle Tune"を更新しました。
 少しこちらに転載。


  ===================================================



b0022069_11514070.gif

 ペネロープスの新作サンプルが届きました。

 
 前作で、初めてエルグラフィックで飾られたアルバムをみた時の感動もすごかったですが、今作もまたすごく良過ぎます。制作段階で画像データをチェックさせてもらってたものの、実物は、色の出具合いでけっこう印象が変わるなぁ...と思って。ほんとに美しい出来栄えです。

 
b0022069_1152397.gif



 







 



   ===================================================


 全文はこちらで。The Penelopesのニューアルバムについて触れていますので、ぜひ御覧下さい。


 また、フリーマガジンのJungle Life6月号でも彼女が当レーベルについて文を寄せていますので、ぜひ御覧下さい。レコード店やライブハウス、スタジオなどで配布しています。
[PR]
by penelox | 2006-05-26 23:59 | The Penelopes関連

2006年現在の猛虎に思う

5/24

 チラシ到着。自分のバンドの事、ニューアルバムの事、近々ブログにアップ予定のThe Music Loversインタビュ-も含めたコンピの事...やるべきことに加え、たくさんのメール。いつも不思議に思うのだが、皆さん私の事を同じ時期に思い出すのか、同じ日に示し合わせたように色んな知人、友人、関係者からメールが来る。何か理由があるんだろうか。


 全く音楽とは関係ない、プロ野球の話。

2006年 セ・りーグ勝敗表(5月24日現在)
順位 チーム 試合 勝敗分 勝率 差
1   巨 人 44 27 15 2 .643   
2   阪 神 42 26 15 1 .634 0.5
3   中 日 41 22 18 1 .550 3.5
4   ヤクル 42 21 21 0 .500 2.0
5   広 島 43 19 22 2 .463 1.5
6   横 浜 44 14 28 2 .333 5.5

 昨年の覇者阪神、村上ファンド問題に揺れること無く、交流戦に入ってから俄然エンジンがかかって来た感じ。ここに来て5連勝、首位巨人に0.5ゲーム差に猛追。逆に中日はまたモタモタし始めている。

 巨人が今年首位にいるのは、特に驚くにあたらないと思う。もともと主軸の実績だけ見れば怖いチームで、投手陣がさらに整備されたこと、そして何より監督が変わったことでの戦術面、それ以上に心理面がかなり強化されたのだろうと思う。去年が実力に比しておかし過ぎたのだ(阪神ファンとしては今年もあの方の「悪太郎采配」による弱体化を少し期待していたのだが)。

 しかしそれでも、今の巨人に圧倒的な強さというのは感じないし、何よりマスコミへの露出という意味では、少しも巨人復活の気運が盛り上がって来ない。ゆえにプロ野球離れが進んでいる、と巷間囁かれている訳だけれど、実際は巨人人気、ブランドが下降しているのであって、全体の人気の問題ではないように思うのだ。

 つまり、ファン層の変化-Jリーグ型の地方ごとのプロ野球人気へと移行し、一方では「巨人ファン」と言われる層の空洞化がここ数年急速に進んでいた事-が、巨人首位で明らかになった、ということではないだろうか。これもまあ、あちこちで指摘されていることだけれど。

 考えてみれば90年代以降の10数年は、巨人人気がゆるやかな凋落へと向かった時代だったと思う。長島人気とFA補強、ドラフト改悪による場当たり的、不均衡な戦力補強に依存し、一時的にファンを惹き付けることが出来たものの、松井を流出し、せっかく前回の原監督で見えた希望、往年の巨人野球(=スモール・べースボール)の伝統を堀内政権がガタガタにしてしまった。

 それを今季、原監督の「ジャイアンツ愛」で復活させて来た訳だが、もはやそれだけでは新たなファンを発掘するには十分ではない、という所まで来てしまった、ということなのでは。

 最近の巨人の強さと反比例した巨人ファンの盛り上がりのなさを見るにつけ、特に90年代に入っての巨人の横暴(ドラフト、FA、1リーグ制、ミスターを操り人形化)の突出が、ついには巨人ファンさえも大いにしらけさせ、巨人離れを加速させたこと、そして、もはやジャイアンツイコール全国区の日本代表チーム、という時代は終わったのだ、ということを強く感じさせる。

 たぶん、東京という地域代表の一チームとしてやり直さなければ、もはや読売ジャイアンツのさらなる人気低下は避けられないんじゃないかなと思う。

 たとえば、ヤクルトが下町で巨人が山の手、とか住み分けして、地域ナショナリズムを喚起させるベクトルで行く、とか。

 一方の阪神の場合、やはりファンが何よりプロ野球全体をよく知っているし、深い愛情を持っている。多くのベテラン阪神ファンは、実に細かく自チーム、そして他チームの事を知っている。それは、ヨソのチームに行った元阪神の選手が気になるとかもあるのだろうが、戦力分析やドラマを発見することで、相手がいて成り立つプロ野球そのものの愉悦に浸る術を覚えたからだ。チームとしての優勝を期待出来なかったぶん、勝ち負けだけではない各方面に楽しみを見出せたのだ、ある意味悲しい話ではあるが(笑)。

 そして、80年代以降の長期低迷の原因として、阪神タイガース(球団そのもの、そしてタイガースとマスコミの関係、親会社の問題)の構造的問題を、イヤというほど見て来てた。それゆえ、常に親会社とチームを用心深く、鋭く監視し続けて来た歴史がある。それによって球団側も、ファンの厳しい視線に応えるべく、時間とお金をかけ、二軍からその育成環境を整備し、指導者育成にしても長期的に行なって来た。濱中や関本、今岡、井川は岡田監督が二軍監督を長く務めた時期に手塩にかけて育て、よき相談相手として支えて来た選手なのだ。ファンの厳しい(しかしそれは愛情ゆえの)視線がチームを強くして来たのである。

 だから、昔からのファンは今でも慎重に見ている。10年以上Aクラス、優勝数回を繰り返さなければ、真に強くなったとは認めないと思う。いつあの時代に逆戻りするかと、気が気でないのだ。江夏や田淵、掛布、バースといったスーパースターをあっけなく見捨てたこの冷酷な球団の側面を、過去の悲劇を忘れていないのである。

 そういった意味では、阪神には語れるドラマが多いのだろう。巨人ファンの多くが、辞めていった選手、移籍していった選手に関心を失うのと対照的に、いつまでも元・阪神はファンの間では語り種になる。共有する文化が豊かなのだ。これは、日本のプロ野球ファンの文化としては、今後を考えれば先取りしている要素だし、たとえば世界におけるサッカー文化と比べても、全く遜色ないものなんじゃないかな。
[PR]
by penelox | 2006-05-24 23:59 | 野球のことしか語らない場所

Pure Pop Chart - May 22.2006

5/22

 当方のHPに隔週で掲載しているPure Pop Chartを、こちらでも公開します。
 このチャートは、2000年から(一時休止も挟みつつ)続けているコーナーで、単純に私の好きな音楽、お薦めしたい音楽をチャート形式で紹介するものです。私の好みですから、順位に特別意味がある訳ではありません。まぁもちろん、1位になるアーティストに思い入れが強いのは確かですけれど。

Pure Pop Chart、5/22付チャートはこちら。

01.My World / Secret Affair
b0022069_11332157.gif
02.Palm Tree / Superstar
03.The Eton Rifles / The Jam
04.Too Late / Shoes
05.Plastic Flowers / Mood Six
06.News AT Ten / The Vapors
07.Circus Games / Skids
08.Get Up / R.E.M.*
09.Revue / Squeeze
10.(Stuck In A) Fantasy / The Distractions*


詳しい解説はこちらからどうぞ。

今週のエントリーは*の付いた2曲。ちょっと今は70年代後半から80年代初めの英国パワーポップ寄りかも知れません。

解説もこちらに付けて欲しい、という声がありましたらまた載せますね。
[PR]
by penelox | 2006-05-22 23:59 | Pure Pop Chart

内遊外歓

5/21

 大橋巨泉氏のオフィシャルサイトに、週刊現代のコラム「内遊外歓」終了についてのメッセージが。

 こちらがそのコラムの最終回。

 で、こちらがその反響を受けての巨泉氏からのメッセージ。

 唐突な終了に、各方面からかなり反響があった模様。やっぱりあのコラムを目当てに「週刊現代」を読んでた人は多かったのだと思う。コンビニで買える雑誌では数少ない真っ当なコラムのひとつだったので、残念に思う人は多いだろう。コンビニで買える、というのは、常に移動している私にとってはとても貴重なのだ。何しろまともに本屋がない町もあるし、時間帯によっては本屋がもう終っている場合もある。

 (ちなみに前の私の日記で書いた経緯は私の見間違いでした。実際は新編集長が直接会って話すこともなく、メールで通知、と書いてしまいましたが、電話一本でただ終了を告げて来た、という事です。いい加減な事を書いてしまいすみません)

 彼の文章にいつも貫かれているなと思う思念は、特にこの部分に現れていると思う。
 引用になりますが。

 ボクが議員になったのも、発言を続けているのも、ただただひとつの使命感のためである。皇国少年として洗脳され、「兵隊さんになって、天皇陛下のために死ぬんだ」と本気で思っていたボクに訪れた8月15日の敗戦は、信じられない程のショックだった。ひと口に百八十度の価値観の転換というが、今の人には想像がつくまい。昨日まで正しいと教えられて来たものが誤りで、黒と言われて来たものが白になるのである。少くとも11歳の少年にはムリであった。終戦の日から約1年間の時間の記憶は、ボクの72年間の人生の中から完全に抜け落ちている。少年は少年なりに、懸命に適応させようと、考え続けたのであろう。
 
 '47年になって疎開先から帰京した頃には、少年は民主主義を享受していたと思う。平和憲法ほど、ボクの心を躍らせたものはない。「これでもう兵隊になって死ななくても良いんだ」。“敵性”と禁じられていた野球も出来、ジャズも聞ける。国のための個人でなく、世界は個人の集まりで出来ているIIこの価値体系は死ぬまで守って行こう、と決心した。そして多少の紆余曲折はあったものの、この国はそれに添って進んで来た。それが怪しくなって来たのである。ボクが憲法改正に反対なのは、短かい人生の中で、価値観の転換は二度できないからだ。あの大転換、1年の空白を体験した人間は、それを続く世代に伝えてゆく義務がある、という使命感である。



 私が子どもの頃、親から絶えずきかされていた事、思春期に色々と反抗し、無視し、反発し、自分の生き方を貫こうとしても、結局忘れることが出来なかったのが、実はここに書かれている事と同じだった。私の両親は1932年(昭和7年)生まれ、巨泉氏の2つ上。学年にすると父がふたつ違い、母はひとつ違い、ということになる。上にもあるような価値観の凄まじい転換を経験した世代を親に持つ私達の多くが、戦後世代の親に育てられた世代とはかなり違う教育を受けていた事-論理だけではない皮膚感覚として叩き込まれた、権力への盲信を常に懐疑する姿勢、自分のアタマを使って粘り強く考える事の大事さ、民主主義への前向きなビジョン...それらを自覚し始めたのは、私自身はある程度の年齢になってからであり、それを次世代へのバトンとして渡されていた事に気付いたのもまた最近の事だった。

 かつては昭和40年代や50年代を、子ども時代のノスタルジー、として想起する事が多かったが、最近は、戦中世代の文化が開花した時代、としてもう少しよく見るべきだな、という思いが強くなって来ている。少なくとも、団塊世代の文化が開花した(?)昭和60年代の拝金主義的陳腐さよりは、よっぽど見るべきものが多い。

 この巨泉氏の姿勢の一端である、昭和40-50年代に司会を務めた「11PM」などにおいて強調されていた当時のレジャー指向の側面については、上記のような前提で考えるべきなのだが、それが下の世代にちゃんと伝わったとはとても思えない。たとえば、テリー伊藤氏が養老孟司氏との対談本の巻頭で次世代(この場合ご自身の団塊世代以降)への悪影響を揶揄気味に(つまり、巨泉氏がさんざん日本人に享楽指向を煽った癖に、引退したら今度は逆の事を言いやがって、みたいな)語っているところにも窺える。おそらくテリー氏のようなひと世代下の団塊世代からすると、昭和ヒトケタ世代の理想主義、戦後民主主義への思い入れとそのブレなさが、羨望と尊敬、しかし同じ皮膚感覚としての経験を持たないがゆえに反発を引き起こし偽善に映るのであろう。全共闘世代としての恨みもあるのだろうし。たとえばビートたけし氏にしても、ひたすら巨泉氏を揶揄するのは、もちろん愛情も籠っているけれど、この世代全体に対して無意識に出るコンプレックスと反発心に見える。

 昭和60年代というのは、そんな団塊世代の、昭和ヒトケタ世代への反発が原動力になっていた要素もあるのだろう。
[PR]
by penelox | 2006-05-21 23:59 |

最近読んだ本、読んでる最中の本

5/17

 3月ぐらいからの数カ月の間に読んだ本、読み進めている本を。

「イギリス怖くて不思議なお話」(桐生操著・PHP文庫)
 余計色々調べたいことが増えてしまった。好奇心を駆られる面白い話満載。

「英国生活誌」(出口保夫著・日本放送出版協会)
「ブレア時代のイギリス」(山口二郎著・岩波新書)

 これらは英国好きの習慣本(習慣として読む本)。また改めて。

「ティータイムのその前に」(磯淵猛著・ちくま文庫)
 紅茶好き(コーヒーも好きだし、凝っている訳でもないが)なので。お茶の世界も深いもんですね。

「わがまち宝塚と歴史」(前田光夫著・関西成光)
 宝塚の風土記も調べているので。地名の由来など、面白いことが色々と。

「出発点」(大橋巨泉著・講談社文庫)
 ちょうど10年ぐらい前の、いわゆる「内遊外歓」を編集したコラム集。
最近思う所あって、多数の「巨泉」本を読んでいるところ。

 あれやこれやと知識を披瀝するが、結局どんな社会になって欲しいのか、それが見えない人が多い。自分の売り出し、保身目的の、単なる長いものに巻かれろ式の御用TV文化人(知識人?)に比べると、この方の立ち位置は遥かにはっきりしている。別に生業を持ち、一定の距離を保っているからこその、マスコミや政治に対する歯切れの良い物言い。そしてそれは、世間を、モノを、そして人を知らないがゆえの単純さとは対極にあるというのが、最近色々読むうちにわかって来た。
 議員を辞されたのは残念だったが、それも今となってはわかる気もします。

 印象に残った箇所をひとつ。

 ...恩師木村毅先生(注・巨泉氏は早稲田大新聞学科中退)は、戦前の数々の事件を解説しながら、こう教えてくれた。
 「どんなに秀れた権力でも、権力は必ず腐敗する。これはいかなる政治体制でも防げないだろう。もしそれが防げるとしたら、それは政治のシステムでなく、ジャーナリズムの存在しかない。君たちが、そうしたジャーナリストになってくれることを望む」

 先生の希望に反して、新聞記者になるどころか卒業さえ出来なかったボクだったが、どんな職業についてもその教えだけは忘れたことがなかった。テレビのコメンテイターになっても、ボクは自分はジャーナリストだと思っていたし、従って反権力に徹して来た。それは決して右とか左とかではなく、あくまで「反権力」だったのだが、民主主義が定着していない我が国では政府、与党に反対の発言をすると、すぐ左翼だとか、あいつはアカだとか呼ばれた。...



「ウルトラマンの東京」(実相寺昭雄著・ちくま文庫)
この方も思う所あって色々と触れている。大変楽しく興味深く読めた。これはまたいずれ改めて。

「いまだから話せる 中曽根政治の功と罪」(藤原弘達著・日新報道)
 メディアを使ったイメージ政治を我が国で最初にやったと言えるこの人の評価を、退陣する期に合わせて行なった書。
 もう約20年前に出た本だけれど、今の小泉政権の事を考えるのにも、また色々参考になります。

「日本むかしばなし集」(坪田譲治著・新潮文庫)
 完全に趣味の本。昔ばなしが好きなので。

「関西に蠢く懲りない面々」(一ノ宮美成+グループ・K21著・講談社アルファ文庫)
 前の本とは物凄い落差だが、バブル以降のヤクザ、不動産、サラ金などのビジネスを巡るトラブルが、どれだけ後を立たないかよくわかる本です。

「極楽に行く人 地獄に行く人」(水木しげる著・知恵の森文庫)
 読み続けている「水木」本のひとつ。面白い。

「だれが「本」を殺すのか」(佐野眞一著・新潮文庫)
 偶然下巻から見つかったので読み進めている。ベストセラーになった事は知りませんでした。様々な業界への取材を通して、「本」の今、そして今後を探る。面白いです。
[PR]
by penelox | 2006-05-17 23:59 |

リメイクするのなら. . .

5/13

 「ちくま」5月号を読んでいると、実相寺昭雄氏の佐々木守追悼エッセイに、「シルバー仮面」のリメイクの話が。


...守とは「シルバー仮面」リ・メーク版の脚本を依頼したのが最後になった。時代を明治から大正にして、ドイツから帰国する森鴎外に、後を追うエリスをからめる。エリスがシルバー仮面に変身する奇想天外なもので、シノプシスの段階で、筆は止まったままに終わった。現在、若い脚本家がその跡を辿っている。...

 
実相寺監督には大変申し訳ないけれど、面白そうだなぁというのと、あまりに奇想天外に過ぎるというのが半々。

 「ミラーマン」にしても「赤影」にしても、はたまた「キャシャーン」にしてもそうだったが、かつての「シルバー仮面」の続きを観たい層をほったらかしにしている気がして、あまりそそられない。それなら、別のタイトルでも良いんじゃないの...?という感は拭えず、逆にそのタイトルを使う理由を勘ぐってしまうのだ。
 
 結局、面白そうですね、ただし「シルバー仮面」でなければ...といったところに落ち着いてしまう。もし、タイトルがかつてのファンを釣ることだけの目的なのだとすると、それはそれで、もう仕方ないのだが。

 どうも、昭和40年代に放映された特撮やアニメをリメイクすると、ロクなものにならない気がする。リメイクがダメ、というのではなく、かつての続編を何故作れないの? ということだ。そこに、真剣に(放映された)オリジナルに真正面から向き合えてないんじゃないの?(視聴者と作り手で共有された)作品、というものへの愛情というのがわかって無いんじゃないの? という大きな疑問が湧くのだ。

 作り手として、常に変化を求めるのはわかるけれど、たとえば、「スタートレック」なんか、過去とうまくつなげて、壮大かつ重厚な物語にしているではないか。 愛情を込め、過去を尊重し、そこから未来に向けて新しい物語を綴ることが、そんなに難しいの? と思う。

 どうも日本人は、過去に正面から向き合うのが非常に下手な国民に思える。それゆえ、世代世代で全てが完結してしまい、世代を超えて伝わって行くようなグランド・ビジョンが作られない...そんな事を想起させ、非常に残念なのだ。
[PR]
by penelox | 2006-05-13 23:59 | 懐かしいテレビ番組/主題歌など

昭和三昧(2) ひとり実相寺祭

5/12

(5/13のmixi日記を編集。日付は違うもののの、5/13のここでの日記の導入部として良いかなと思い、こちらに掲載)

============================================================

 このところ、どうも特撮づいてしまっています(苦笑)。
 特に連休中にこの方のいくつかの作品を立続けに観てしまいましてね。

 実相寺昭雄。

 wikipediaに書かれていることなどを元に、おおまかなプロフィールを書いてみますと...

 実相寺 昭雄(じっそうじ あきお、1937年3月29日 - )
東京生まれ、中国青島育ち。青島での幼少期に金森馨(のちに 舞台美術家)と出会い、大きな影響を受ける。早稲田大学第二文学部卒業後、TBSに入社、TV演出部を経て映画部に転属、円谷プロに出向。映画監督、演出家、脚本家、小説家として活動。
現在東京芸術大学演奏芸術センター教授(現在はもう退官されたのかな?)。
 
 殊にウルトラシリーズの演出で知られる。映画監督としては仏教やエロティシズムをテーマにした作品で有名。妻は女優の原知佐子。
 
 脚本執筆時には万福寺百合(まんぷくじ ゆり)、川崎高のペンネームも使用していた。

 鉄道ファン、特に路面電車ファンでも知られ、雑誌「東京人」などにコラムなどを度々執筆しているほか、2003年には「昭和情景博物館」というプラモデルの監修もしている。



 子供の頃、ともかくズシンと心に響くと言いますか、インパクトの強い特撮作品がいくつかありました。その多くは「ウルトラマン」「ウルトラセブン」「怪奇大作戦」あたりに集中してしまうんですね。
 
文明批判などの社会的メッセージをこめたそういう諸作品が60年代後半から70年代初めには多数放映されており、我々の年代はたいていこれらを、幼児期に植え付けられた映像そのもののインパクトゆえに懐かしさとともに思い出したのですが、高学年になるとそのメッセージに気付き、たとえばその後、海外の高い芸術性、メッセージ性を持つSFドラマなどに興味を持つきっかけになって行ったと思うんです。

 そんな諸作品を後で再放送で見直した時、次第に同じ名前がクレジットされている事に気付いて行った訳です。幼い頃には考えもしなかったのですが、誰が脚本を書き、誰が監督し、誰が演じ、番組を誰がプロデュースしていたのか。そこを意識して見始めると、この人たち誰なんだろうと、興味が湧いたのですね。そして注意していると、同じ名前が、普通の映画や、大河ドラマで見つかるようになります。

 しかし私自身は、次第にそんな記憶も日常の中に埋没し、忘れてしまっていた、というのが正直なところ。音楽(洋楽)に興味の対象が移った、いうのもあって、そのままさほど興味も湧かないまま20年ぐらい経ってしまったのかな。

 その人達-つまり、円谷英二をはじめとして、金城哲夫、上原正三、佐々木守、市川森一、山際永三や真船禎、石堂淑朗...当時の特撮ドラマに関わったこういった方々の事をもっとじっくり知ろうと、はじめて意識的に向き合うようになったのは、35も過ぎてからでした。それは、自分が親の世代-つまり戦中世代であり、殆どは昭和ヒトケタ世代-から何を受け取っていたのか、昭和とは、戦後とは何だったのか...を考え始めたのと、きっかけ、タイミングとしては全く同じだったと思います。

 で、そんな中のひとりが実相寺昭雄氏だったという訳です。

 代表作「帝都物語」('88)で知られるこの監督。昭和40年代における作品に限って言えば、どれも凄まじくはっきりした美意識に支えられています。あまり映像に関してのボキャブラリーがないので説明がぎこちなくて申し訳ないですが、たとえばスタイリッシュなまでに古い建物やロケーションを好み、陰影の強い、そして演者に異様に接近した画面を多用する(ナメの実相寺と呼ばれたそうな)。場面の切り替わりには懐かしさを誘うような効果音を必ず入れ、円形や光を頻繁に挿入する。真剣なメッセージ調のセリフの時ほど穏やかで明るい、そこにそぐわない様な音楽を入れる(これは音と映像をコントラストと捉えているのか、はぐらかしにそうしているのか、わからないけれど)。

 無声映画なども含めたかつての「映画」のお約束、そして育った時代-昭和へのオマージュを盛り込んだその映像は、本当に(時にストーリーそのものを忘れるほど!)それ自体がイマジネイティヴで面白い。ある意味永遠のワンパターンとも言えますが(失礼)、映像美にこだわった、説明的というより観念的、感覚的な画面作りに長けた独特の作風の監督で、おそらくそれゆえ、(まだストーリーを深く味わえない)子供心に非常に強い印象が残っていたんでしょう。

 著作であるエッセー「怪獣な日々」「ウルトラマンの東京」を読み、興味の湧くまま夜中にいくつかの作品をダァーッと観てしまったらもういけない。彼の円谷プロでの監督作品、すなわち...

 ウルトラマン「真珠貝防衛指令」「恐怖の宇宙線」「地上破壊工作」「故郷は地球」「空の贈り物」「怪獣墓場」。

 次いでウルトラセブン「狙われた街」「第四惑星の悪夢」「円盤が来た」。

 さらに怪奇大作戦「恐怖の電話」「死神の子守歌」「呪いの壷」「京都買います」...。
 
このへんを次々と堪能。その後タイミングよく30数年ぶりにシルバー仮面「ふるさとは地球」「地球人は宇宙の敵」を観るに至り、「ひとり実相寺祭り」を開催している己に気付いたのであった(苦笑)。

 いかん、今また映画「無常」、「曼陀羅」に手が伸びようとしている。
考えてみれば「子連れ狼」「長崎犯科帳」(実相寺氏がオープニングを演出している)も忘れず観ている(「ミニ萬屋錦之介祭り」も忘れていない私)。

 それどころではない、ある方にいただいた90年の「ウルトラQ ザ・ムービー 星の伝説」までも、今またちゃんと観ようとしているのだ。これは相当重症である...。

==============================================================

 このところ、この方に関する事を、色々思うところあって書いている。まぁ、昭和に関する興味の一端です。

「マイ・ブーム」なんて言葉(もはや死語?)は好きではないし、祭という言葉に潜む空しさが好きなのでこんなタイトルにした。
[PR]
by penelox | 2006-05-12 23:59 | 懐かしいテレビ番組/主題歌など

夢のロケット

5/8

 昨日なんとか、コンピ向けの曲"Trick Of The Light"のミックスを終了。時間を置いて、また聴き直さないとわからないけれど、とりあえずは良い感じになったと思う。

 それにしても苦労した。結局一年近く一曲であれやこれやと悩んでいたのだ。

 曲について説明すれば、中期XTC的なリズムにPenelopes節が乗る、といった趣き。今回はあんまり音をごちゃごちゃさせないで、いつもの泣きのメロディーというより、やや実験的で、コンピの中で「縁の下の力持ち」になりそうな曲を目指した。
    
 Penelopesはこのコンピではメインアクトではない。あくまで15,6いるアーティストの中のひとつで、他のアーティストの間に立った、ある種「接着剤」」にならなければいけない。それをとても意識したので、地味な曲だとは思うけれど、また新たな地平に(物凄く小さな)一歩を刻んだかなと。

 タイトルは「光のトリック」。
光のトリックを使ってでも、輝かないといけない人達...そんな人達が必要なのだと、当たり前のように思い込ませるこの社会のいびつなシステム...。

 それはまた、「夢」の名のもとに忍び込んでいるとも言えます。
 そんな、「夢」に「光」を当てた曲。



 終わるといつも脱力感に襲われるが、そうも言ってられない。まだまだやる事がたくさんある。

 Velvet Moonさんと始めるそのレーベルは、宇宙と過去の時代へのノスタルジーに関係ある名前になる。こんな事を書くと、またしてもオールドSFチックなものか、と言われそうだが、まさにその通り(笑)。

 ビロードの月へ、ボードヴィル公園から発射する夢のロケット。秒読みはまもなく。
分離した人工衛星が、軌道に無事乗りましたら、皆様拍手ご喝采を。


 これがヒントです(映画のセットではありません。実在のもの)。

b0022069_114091.gif

[PR]
by penelox | 2006-05-08 23:59 | Vostokコンピ関連