「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

It's Not You - The Penelopes



b0022069_21584574.jpg 耳をつんざくようなノイズの洪水も、派手で下世話なアレンジもなく、まして何かの記号やイメージに依拠することも極力避け、ひたすらメロディーを紡ぐことに専心するポップロック。93年当時でも過剰さが売りの殆どの音楽の中で、実にあっさりとしたこの1stアルバムだったのですが、そのぶん何をしたいか、その姿勢はいまでもとてもわかりやすいかも知れません。結果的にあれこれ迷ってる風じゃない出来(実際は迷いに迷っていたのですが)になっているのが、今の自分にとってはうらやましく響きます。やはり若さゆえなのかも知れません。

 前回、前々回と同じく1stアルバム収録、またスペインのElefant Recordsからも7インチシングルとして発売された曲、"It's Not You"。

It's Not You

(注・前回の"Sick Of You"はアップを終了しております。ご了承下さい)


 当時、アメリカの音楽ガイドとして知られるTrouser Pressにはこのアルバム、とても控えめで内向的な音楽と評されていまして、それがとても新鮮だったのをよく覚えています。アメリカ人の友人が、興奮してそのコピーを送って来たのが昨日のことのように思い出されます。もちろん良い意味での評価だったのですが、日本ではそこに殊更注目されたりということはなかったですからね。非常に細かいレビューがとても有り難かったですし、日本の外でどう聞こえるかについても、はじめて考えさせられるきっかけにもなりました。

ここで読めますね。


 このシングル盤の子どもは、恥ずかしながら、3才になるかならないかの頃の私。1968年(昭和43年)撮影です。この写真を使ったのは、子どもの泣くという行為に、何か象徴的なものを、そしてこの曲との連関を感じたからなんですね。泣くという行為は、歌によく使われる根源的な心の叫びの象徴ではあるのですが、自分で物事を動かせない子どもにとっては大人の耳目を引くための手段でもある訳ですね。それは同時にまた、自分の無力さを知るがゆえでもあるからで。

b0022069_21585964.jpg



世界を作ったのは君じゃない
この世界を支配しているのは君じゃない
今こそ自分の人生に向き合うべき時
10代のおもちゃ部屋にさよならを
別の怒りがまたここにある
君がそれに気がついてくれたらいいんだけど







 その無力感の認識は、また10代の終わりにも似ているところがあって...というのが、この曲とジャケのつながりでした。幼児期が生まれ出た最初の無力さを知る時期だとしたら、18,9才もまた、現実を前にして別の意味で自分の無力さを思い知る訳で、それは言い換えれば、社会における誕生、第二の誕生な訳ですよね。世界は単純じゃない...それをわかったうえで、はじめて人は、いわば冬へと歩き出す訳ですよね(笑)。まぁ考えてみれば、22,3才もある意味そうでしたね。ですから、新しい旅立ちについての歌、と言ってもいいのかも知れません。

 この曲を書いた頃というのは、前回も書きましたように、思春期のある蒼い思いが、まだ整理されず、いわば心の奥に澱のように残っていたと思います。そろそろそれを直視し、振り払うべきものは振払おうやないの...これもまた、そんな成長のプロセスが刻まれた歌だったと思います。音楽的な影響としては、当時よく聴いていた70年代前半〜半ばのアメリカンロック-シルヴァーとかオーリアンズとか初期のイーグルスとか、あるいは最初の頃のアンドリュー・ゴールドとか、そういったフォークロック/AOR初期にある、温もりのある開放感、陽だまり感を意識したつもりだったんですが、さほどそんな感じにはならなかったですね。
[PR]
by penelox | 2007-02-27 23:59 | The Penelopes関連

「ヴォストーク・カフェ Vol.1 ルイ・フィリップ・ライブ」  



 The Penelopes、4月のライブが決まりました。
私共とVelvet Moonさんによる新レーベルVostok Sound Organizationのライブイベント、名付けて「ヴォストーク・カフェ」。第一弾はあのポップ職人、ルイ・フィリップのスペシャル・ライブです。

  ヴォストーク・サウンド・オーガニゼイション・プレゼンツ
「ヴォストーク・カフェ Vol.1 ルイ・フィリップ・ライブ」

b0022069_1144811.gif


4月13日(金) 京都木屋町モダンタイムス
京都市中京区木屋町三条上がる エンパイヤビルB1
京阪三条駅徒歩5分/地下鉄東西線市役所前駅徒歩3分/阪急河原町駅徒歩12分
Tel/Fax:075)212−8385
E-mail: info@mtimes.jp
http://www.mtimes.jp/
共演: ザ・ぺネロープス、ボーイフレンズ・デッド、ミニスカート
DJ: マチガミ(Ready For the 80's)
料金: 2000円(ワンドリンク込み)
開場/開演: 7時

Vostok Sound Organization Presents
"VOSTOK CAFE Vol.1 - Louis Philippe Live In Japan"

Date: April 13th(Fri)
Place: Modern Times, Kiyamachi, Kyoto
Empire Bldg. B1,  Kiyamachi Sanjyo Agaru, Nakagyo-ku, Kyoto-shi
Tel/Fax:075)212−8385
E-mail: info@mtimes.jp
http://www.mtimes.jp/
with: The Penelopes, Boyfriend's Dead, Miniskirt
DJ: Machigami(Ready For the 80's)
Charge: \2,000.-(w/1 drink)
Open/Start: 7:00p.m.

 宝塚を拠点に活動中のピュア・ポップバンドThe Penelopes(ザ・ペネロープス)/Vaudeville Park Records(ボードヴィルパークレコード)のwatanabeと、大阪のレコードショップVelvet Moon(ヴェルベット・ムーン)の共同主宰により始動する新レーベル、Vostok Sound Organization(ヴォストーク・サウンド・オーガニゼイション)。そのスタートに合わせ、レーベル・アーティストを迎えたポップ・ミーティング「ヴォストーク・カフェ」を開催します。

 その第一弾は、80年代にあのマイク・オールウェイ率いる「エル」レーベルの黄金期を支え、実力派ポップマエストロとして現在も活躍中のシンガーソングライター、ルイ・フィリップのスペシャル・ライブ。名うてのPOP職人による唯一無二の世界が、春の京都を優しく彩ります。

 日本からはもちろんペネロープス、そして21世紀型シューゲイザーの新鋭、ボーイフレンズ・デッド、ドイツ人エドガー・フランツ率いるアート・ギターポップなミニスカートの3バンドが登場。豊潤なメロディーたっぷりのポップカフェで楽しいひとときをお過ごし下さい。

各アーティスト、関連サイトは以下の通りです。ぜひご参照下さい。

Louis Philippe

Boyfriend's Dead

Miniskirt

The Penelopes / Vaudeville Park Records

Velvet Moon

Ready For the 80's

"Wonder Of It All"(2005) - Louis Philippe
目下のところ最新作。
b0022069_1147404.jpg










"Yuri Gagarin"(1989) - Louis Philippe
最近紙ジャケで再発されましたね。
b0022069_11485136.jpg











(3/13追記)

誠に申し訳ありませんが、4月13日(金)の「ヴォストーク・カフェ Vol.1 ルイ・フィリップ・ライブ」ですが、私penelox(=watanabe)の不手際により、残念ながらルイ氏が出演出来なくなりました。

楽しみにしていたファンの皆様、関係者の皆様、本当に申し訳ございません。

理由につきましては、簡単に言えば、お互いのメールがちゃんと届かなかったことと、私の早とちりによる勘違いです。本当にお恥ずかしい限りです。そして、皆様には申し訳ない気持ちで一杯です。

これに関しましてはもちろん、私に非があります。詳しくはまた改めて説明させていただきたいと思います。本当に申し訳ございません。

ただし、イベントそのものに関しましては、レーベルイベントでもありますので、引き続き行なう予定にしておりますので、よろしくお願いいたします。
[PR]
by penelox | 2007-02-22 11:38 | Vostokコンピ関連

Sick of You - The Penelopes



from album "In A Big Golden Cage"(1993)


 初期の曲は、何か他にはない面白いものを作ろうという意気込みと、アイデア、テーマがたくさんあり過ぎて、それを整理し切れない状況がもろ反映される...その、実に当たり前ながらなかなか気付かないことを最近色んなバンドを聴き直して改めて思い知っています。

 ある意図に基づいてある種意識的に「曲を表現の道具として使おう」とスタートしても、無意識に出て来る決意表明、意気込みの熱量もまた大きく、それらに押し切られてしまうことが多いのでしょう。私の場合そうなったのは、たぶんまだ当時は音楽を作るということが、思春期に出せなかった思いを吐き出すプロセス、としての要素が強く、真に意図や計画性を持った創作にはまだ達していなかったからなんだろうなと思います。それに、作品を果たして作り続けられるのか、その不安のほうが強く、要するに余裕がなかったんですね。ですから当時としては自然ではあるのですが、どうにもぎこちなく、今聴くとピントのズレやちぐはぐさが目立ち、恥ずかしく思えてしまうのです。まあでも、否定しても仕方ないのですが。ともかく、これもそんな類いのひとつでした。

27歳の時に出した1stアルバム、"In A Big Golden Cage"から。

Sick of You

b0022069_23141858.jpg

(注・前回の"Evergreen"はアップを終了しております。ご了承下さい)



このアルバムのブックレットには訳詞がついていなかったので、ここに書いてみます。本邦初公開、こんな感じの内容でした。


ああ 君にはうんざりだ
だってわかってくれないから
教えてほしいよ 一体誰が
君にわからせるんだろうな

ああ 君にはうんざりだ
だって わかってくれないんだもの
教えてほしいよ 一体誰が
君を苦しめられるんだろうか

ああ 君にはもううんざりだよ
だけど ひとりぼっちにはならないで
だって君は
ひとりぼっちの時間がゆっくり過ぎてゆくってことがわからない
いつか君は僕に感謝するだろう
ひとりぼっちじゃなかったことを


b0022069_23151334.jpg 最初はラブソング - むしろルージング・ラブ・ソングと言うべきか...うまく行かないままフェイドアウトして行く状況を前にして、自己嫌悪や苛立ちを抑え込もうと強がり、自尊心だけは必死に守ろうしている(最後の二行は特にそんな感じです)...まぁある意味、どこにでもいる人間の歌 - のつもりで書いていたのですが、書いてるうちに当時無意識下にあった思い - 当時の、バブリーな方向に流れる一方の世の中へのフラストレーションと、それに抗すべくある種の決意表明のようなもの - が出て来て、変わって行ったんですね。結局日常を切り取るような一行も全く浮かばないまま、どっちに強意を置くのかも整理出来ないまま、熱量で押し切ってしまった...そんな感じの作品になってしまったんですね。たぶん当時歌詞に関してひどく落ち込んだのはその未整理がいやだったんだなと、今となっては思いますが、それでも出すしかなかったんですよね。

 つまりは、結局のところでき上がった作品は、表の顔は中途半端なルージング・ラブ・ソングで、裏の顔もまた中途半端に社会からの孤立感に悩む...そんな年代なりの、日本への愛憎相半ばする思いを書き綴った末に、自分の住む世界へ失望感とともに宛てた生真面目な手紙...そんな、中途半端の二重構造になった訳です。しかも宛名をちゃんと書かなかったせいで、自分のところに戻って来てしまった...そんなところなんですね(笑)。結果的に悲喜劇なのが実に自分らしくて、いつまでも苦い思い出として残る曲。

 もともとは90年初め頃に書いた作品で、パステルズや初期プライマル・スクリームにインスパイアされたようなフニャフニャな歌い方をしていたのですが、やたらとそういうスタイルがもてはやされ始めたので正式録音の際にはやめましたね。簡単に乗って来る向きや流行を信じてなかったというか...まぁ当時はそんな感じで素直になれないというか、疑り深かったですね。ギターサウンドは弟Satoshiなりの83年の頃のピーター・バック・スタイルの解釈、といった趣きです。全体として、ホントにシンプルなアレンジで今聴くと驚くんですが、当時は全然そうは思ってなかったんです。時間が経つと色んな角度からものが見えるようになるものです。
[PR]
by penelox | 2007-02-18 23:16 | The Penelopes関連

最近読んだ本


 たぶん11月以降に読んだ本です。ほとんど新書ばかり。

・「愛国の作法」姜尚中(朝日新書)

 「美しい国へ」や「国家の品格」に対する回答、とでもいうべき本。
 ていねいな言葉で、郷土を愛することと国家を愛することを峻別し、国を愛する、とはどういうことかについて語る。決して読み易い、とは言えなくて、かなりの基礎知識が必要です。しかし、在日韓国人の政治学者という著者の視点は実に貴重なもので、よりひらかれた日本社会を希求するとすれば、ここにある視点は大変重要だと思います。


・「イギリス的人生」小野寺健(ちくま文庫)

 ドラブル、ウルフ、スパーク、マードック、シリトー、ウォー、フォースター、そしてオーウェル...英国文学へのよき案内本として捉えました。実に楽しい時間でした。


・「プリンシプルのない日本」白洲次郎(新潮文庫)
・「風の男・白洲次郎」青柳恵介(新潮文庫)


 いわゆる「白洲本」。前者は彼が集中的に一時期に書き残した文章や対談。後者は彼の代表的評伝。
この人物のユニークな生きざま、英国留学が与えたものも(私も留学経験から、時代は違えど)想像はつくだけに、個人的にとても面白く、色々勉強になりました。

 ただし、いわゆる白洲ブームにまつわるある部分(終戦直後GHQにたてついた数少ない日本人である事を取り上げてヒロイックに捉える向きや、明治のおぼっちゃまワル、としてブランド的にあがめたり、ナショナリストや憲法改正派が一部だけ捉えて政治的に利用する流れ)に関しては、非常に懐疑的に見ている。彼の生きた時代背景なども含めて、もっともっと広い視点で見るべきだと思うのだが。なんでこんなことを書くかというと、前にさんまをホストにしたTV番組で彼を取り上げていて、あまりに「白洲次郎」を単純化していく流れが、非常にいやらしく、うさん臭く感じられたから。白洲次郎は私の祖父母世代であり、生まれた時には祖父が既にいなかった私には、たいへんその人となり(いわゆる明治の男)は興味深いのだが、いなかっただけにまた幻想が育まれやすい。TVという、視聴率のためならいくらでも歪曲できるメディアで、今後神格化する流れがどんどん出て来るのかと思うと暗澹たる思い。


・「松本清張と昭和史」保阪正康(平凡社新書)

これも大変面白かった。松本の名著「昭和史発掘」「日本の黒い霧」の背景を探る。


・「民族という名の宗教」なだいなだ(岩波新書)

 90年代初頭という、東欧、ソ連の民主化による東側の崩壊が雪崩式に進んだ時代に書かれた本ながら、私が日頃、しかも長年思っていた、言葉になり切れない未熟な部分も含めた考えを、ここまでピタッと言い当てられたのもなかなかないです。ナルシスティックなナショナリズムが声高に叫ばれる今こそ、立ち止まって考えたい内容満載。


・「アメリカ黒人の歴史 新版」本田創造(岩波新書)

音楽の本ではないけれど、ロックミュージックが好きな人はぜひ読むべきだと思う。
[PR]
by penelox | 2007-02-11 15:00 |

Evergreen - The Penelopes

b0022069_20374438.gif

b0022069_20382066.gif

b0022069_20383317.gif


(mixi日記より)

 ちょっと珍しい写真を紹介させて下さい。
この3枚は、1992年1月の、つまり今から15年前のThe Penelopesです。

(上)satoshi watanabe(G)
(中)tastuhiko watanabe(VO/G)
(下)satoshi nishide(Kb)

 心斎橋Club Quattroで行なわれるモノクロームセットの来日公演の前座を務めるため、芦屋のスタジオ8でリハーサル中のスナップ(実際ステージではもうひとりのギタリストが入ったのですが、確かこの日は来れなかったのだと思います)です。


 1年の英国留学から帰国後、何が何でも音楽で身を立ててやるんだと勢い込み、中古のギターとリズムボックス、ラジカセを使って、取りつかれたようにデモを多数録音。しかし時代はバブル全盛期の90年。大学を卒業する頃、就職先の引き合いは、勘違いしてしまうほどありました。様々な大手企業からの誘いに情けないほど決意は揺らぎ、色々あった挙げ句この年に貿易商社勤務のサラリーマンとして働き始めたものの、悩みに悩む日々。音楽への思いを強く抱いたまま、昼間はスプーンやナイフをアジアやヨーロッパに輸出する仕事、夜は4トラックMTRでデモ録音を繰り返す毎日でした。そんな日々が続いた91年の秋、一本の電話が入ります。相手はレコード会社の人で、来年2月にモノクローム・セットの前座をつとめて欲しい、そして3月のワールドワイドなコンピレーションに参加して欲しい、との事。以前に奈良のぼうしレーベルに送ったテープが東芝EMIに回り、そこで予定されていたカセットコンピの話が大きくなっていたのでした。

 急きょバンドっぽい体裁を整えるために(事実上デモ作りは殆ど私ひとりでやっていたので)、ギタリストとして弟のsatoshi、キーボード・プレイヤーのnishide君、そしてもうひとり、当時警察官だったギタリスト(現在消息がつかめないので名前は伏せます)に連絡、4人で練習を開始したのです。b0022069_20424338.gifその結果、12月には、92年3月末にリリースされるコンピレーション"The Birth Of The True"に収録されることとなる、この曲を録音することとなります。それがこの、"Evergreen"。

Evergreen

 会社には風邪を引いたと偽って、中津のスタジオで10時間足らずで録音されたこの曲、もともとは91年の夏に書いた曲でした。のち1年後の93年にリリースした1stアルバム"In A Big Golden Cage"にも収録されています。

b0022069_20445866.gif

 いまでも演奏している訳ですから、もう15年もやってる曲なのですが、実際のところもう廃盤になっているアルバムですし、見つけるのもなかなか困難ですので、皆さんに覚えてもらい、ライブで歌っていただきたくここで公開することにしました。レコード会社も、本人が廃盤を使ってやってることにまさかゴチャゴチャ言わないでしょう(笑)。
[PR]
by penelox | 2007-02-10 15:00 | The Penelopes関連

The Penelopesの次のライブ

 (mixi日記に加筆)

 あっと言う間に2月。

 このあいだのライブの音源をまだアップ出来て無いにもかかわらず、もう次のライブの事もちょっと考えないといけないという状況。

次はおそらく、4月の2週目の週末に京都で、ということになりそうです。

 まだ伏せているのですが、某アーティストの来日ライブのサポート。やる曲も少し変えようと思っています。最新アルバム"Summerdew Avenue"から2曲、その前の"Eternal Spring"から2曲はやるとして、あと、リクエストのあった"Listen To Their Words"(94年のコンピ"Ask the SKy"に収録)と、5枚目のアルバム"Inner Light"から、いままでやってないのをやりたいなと思っています。それも、アコースティックな感じで...。このアルバムは、"Timeless"ぐらいしかやってないし、19曲もあるので、いまだに自分にとってはデカい山というか、新鮮な発見のある作品なのです。

で、早速アコギで練習を始めたんですが、今日は寒かったからか、久々に稽古したからか、指が痛いの何の...。

 しかし、昔の曲をだいぶ経ってからやるのは、とても新鮮で、面白い事。歌詞の視点なんかも、ずいぶん変わっていて、ホンマに自分で書いたんかいな...と思うことがあります。

 ここのところのライブ活動は、毎回参加メンバーも違いますし、一回限り、という要素がかなりあって、それがまた面白いから続けられてるのかも知れません。

またよろしければ、遊びに来て下さい。春の京都もなかなか乙だと思いますよ。

 補足として"Inner Light"の試聴ができるサイトをリンクしましたので、よろしければ聴いてみて下さい。

こちら

b0022069_1523925.jpg

 今のところ"Lost In Your Eyes"をやりたいですね。これは創作の段階でとても想い出深く、かつ、納得した形にならなかった(どの曲も実際はそうなのだけれど、これは特に)ので、もう少し良い感じになれば、と思っています。

 ビートルズの"I Will"を意識したのですが、そもそもが8トラックのカセットMTRで録音したチープな音である上、DATに落とし、マスタリングし、CDになった時には、最初持っていたまろやかさ、低音の温かみが全て失われるという、悲惨な結果に終わった(まぁ、私の知識不足が原因ですが)ので、今度ライブでやる時は、もう少し良い感じにして、10年近くの悔しさを晴らしたいものですね...。
[PR]
by penelox | 2007-02-02 23:59 | The Penelopes関連