<   2007年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

60's UK Girl Pop

 たまにmixiの日記をそのまま転載することがありますが、それには私なりの考えがありまして。別に誰かにきかれた訳ではないですが、たまに細かいチェックを入れられる方がいらっしゃるので、ちょっと書いてみます。

 まず、mixiにここの日記をそのままリンクするのは何か悔しいんです(笑)。mixiですぐ返信をいただける貴重さは捨て難い。

 かと言って、mixiで書いたことをそのままこちらに転載するのも負けた気がするんです(笑)。

 いや、負けたというのは相応しく無いですね。そもそもこちらはあまり返信はないですし、求めている訳でもないのです。日々の気持ちを綴るなんてことは、誰が見ているかわからないネットでは恐くてとても出来ないので、ただ、ここを中継地点にして、素晴らしいモノに出会っていただけたら良いなと、そう思っているのであります。

 ですので、できるだけmixiとは違うことを書こうとはしていますが、どちらにしても素晴らしいモノ、人の紹介ばかりです。で、mixiで書いたもので、これはどうしてもmixiやってない方にも! と思う時はそのままコピーして掲載しています。

 まあそんなポリシーでやっております。とにかく良い音楽、モノ、作品、人の紹介、"Something Wonderful"の紹介。素晴らしいものたちへの愛情を語っているだけのブログです。


============================================================


 i-tunesでの音楽三昧の日々、最近はこんな感じです。

 60's英国女性シンガーの「あの」感じ-もっちゃり感とドリーミー感の二枚腰(?)的味わい、ちょっと味が野暮ったい、でも食べ続けると癖になるお菓子みたいな(悪意はありませんのでスミマセン)独特の人懐っこさ...に飢えていて、こんなコンピになりました。同じ歌手の色んな曲をちょっとずつ...なんですが、好みからダスティー・スプリングフィールドとサンディー・ショー、ペトゥラ・クラークに集中してますね。


01.You Don't Have To Say You Love Me - Dusty Springfield(1966)

b0022069_11431259.jpg

 ガールポップ、というにはもう少し大人っぽい感覚なのですが、私的には、一番好きなタイプの声質なもので、このコンピのあっちこっちにこの方の曲を鏤めております。でもこの曲は彼女のレパートリーでも、一番庶民肌な(?)アレンジかも。





02.I Know A Place - Petula Clark(1965)

b0022069_1144138.jpg

 ルックス的にもとても地味といえばそうなのですが、だからこそ、英国の庶民の好みのある部分を象徴してる感が強い方。国民的歌手なんですよね。





03..Those Were The Days - Mary Hopkin(1968)

目がさめるような声をしてらっしゃる。トラッド的匂いやアップル感(?)が好きです。

b0022069_18342551.jpg










04.I Don't Need Anything - Sandie Shaw(1967)
何故かこんな曲がこんなところに来てます。この方も色々な意味で英国っぽい歌手。
この曲はアメリカのシンガー、Maxine Brown(マキシン・ブラウン)のヒット曲のカヴァーだそうです。

b0022069_18352684.jpg









05.I Couldn't Live Without Your Love - Petula Clark(1966)

b0022069_22412645.jpg









06.Son Of A Preacher Man - Dusty Springfield(1968)

07.You're My World - Cilla Black(1964)

b0022069_0342092.jpg

 もともとはビートルズ絡みのリヴァプール出身の方。この人はのちTVタレント的になって行ったんじゃないですかね。クイズ番組に出てるのを見たことがあります。




08.Long Live Love - Sandie Shaw(1965)

b0022069_22432417.jpg









09.Puppet On A String - Sandie Shaw(1967)

b0022069_11465936.jpg

サンディー・ショーは色んな曲歌ってますね、それにしても。





10.Downtown - Petula Clark(1964)

b0022069_22385742.jpg

私の英国到着時に最初に聴こえて来た曲(エアポートバスの中)なので非常に印象的。





11.Tell Him - Billie Davis(1963)

b0022069_18325996.jpg

パンチが効いてて良い感じです。









12.I Only Want To Be With You - Dusty Springfield(1963)

これも有名ですけれど、おとなしい曲の方がこの方のハスキーヴォイスは映えますね。



13.Don't Sleep In the Subway - Petula Clark(1967)

この曲の転調にはゾクッとします。

14.Anyone Who Had A Heart - Cilla Black(1964)

こうやって聴くとバカラックの曲が多いですね。

15.Terry - Twinkle(1964)

b0022069_031142.jpg

たどたどしいような、それでいて歌心がある、なかなか個性的な歌手です。






16.Goodbye - Mary Hopkin(1969)

b0022069_0292415.jpg

 これは瑞々しくて良いですね! 良質のポップというのは、一瞬夢を見せてくれる...世界はこんなにも美しいのかと一瞬思わせてくれる...こういう曲を聴くと特にそう思います。




17.(There's) Always Something There To Remind Me - Sandie Shaw(1964)
どういう訳か映像がなかったのですが、良い曲です。

18.To Sir With Love - Lulu(1967)

ルルはあんまり極めてないのです。

b0022069_18334438.jpg









19.The Look Of Love - Dusty Springfield(1967)

これ、絶妙過ぎてたまりません。

20.Alfie - CIlla Black(1966)

これもバカラックですね。

21.Golden Lights - Twinkle(1965)
スミスのカヴァーの方が好きですが、やっぱり独特の歌心があります。

22.Girl Don't Come - Sandie Shaw(1965)

b0022069_22421694.jpg

サンディー・ショーは、こちらの方がさらに好きです。お姉さんぽい声が良いですね。

 





それにしてもまぁ表現力がなくて失礼しました(苦笑)。



(注・レコードジャケットは必ずしもその曲が入っているアルバムという訳ではありませんので念のため)
[PR]
by penelox | 2007-03-29 23:59 | 60年代

改めて「ヴォストーク・カフェ Vol.1 ルイ・フィリップ・ライブ」に関しましてのお知らせ


 ここ数日、御迷惑をおかけしましたが、ルイ・フィリップ氏の来日日程に合わせ、日時を前日に移すことで、予定していたのと同じイベントを行なうこととなりました。


 詳細は以下のようになります。
 4月13日(金)から12日(木)への変更以外は全く同じです。また、ルイさんの出演は10時ぐらいになりますことをご了承下さい(御本人の希望です、念のため)。

ヴォストーク・サウンド・オーガニゼイション・プレゼンツ
「ヴォストーク・カフェ Vol.1 ルイ・フィリップ・ライブ」

4月12日(木) 京都木屋町モダンタイムス
京都市中京区木屋町三条上がる エンパイヤビルB1
京阪三条駅徒歩5分/地下鉄東西線市役所前駅徒歩3分/阪急河原町駅徒歩12分
Tel/Fax:075)212−8385
E-mail: info@mtimes.jp
http://www.mtimes.jp/
共演: ザ・ぺネロープス、ボーイフレンズ・デッド、ミニスカート
DJ: マチガミ(Ready For the 80's)
料金: 2000円(ワンドリンク込み)
開場/開演: 7時

Vostok Sound Organization Presents
"VOSTOK CAFE Vol.1 - Louis Philippe Live In Japan"

Date: April 12th(Thur)
Place: Modern Times, Kiyamachi, Kyoto
Empire Bldg. B1,  Kiyamachi Sanjyo Agaru, Nakagyo-ku, Kyoto-shi
Tel/Fax:075)212−8385
E-mail: info@mtimes.jp
http://www.mtimes.jp/
with: The Penelopes, Boyfriend's Dead, Miniskirt
DJ: Machigami(Ready For the 80's)
Charge: \2,000.-(w/1 drink)
Open/Start: 7:00p.m.


Louis Philippe

Boyfriend's Dead

Miniskirt

Velvet Moon

Ready For the 80's



多大な御迷惑をおかけしたことを深くお詫び致しますとともに、改めて何卒よろしくお願いいたします。
[PR]
by penelox | 2007-03-16 12:27 | Vostokコンピ関連

お詫び


 2月22日の日記にも追記いたしましたが、先日発表いたしました4月13日(金)の「ヴォストーク・カフェ Vol.1 ルイ・フィリップ・ライブ」ですが、私penelox(=watanabe)の不手際により、残念ながらルイ氏が出演出来なくなりました。

楽しみにしていたファンの皆様、関係者の皆様、本当に申し訳ございません。

 理由につきましては、簡単に言えば、お互いのメールがちゃんと届かなかったことと、私の早とちりによる勘違いです。本当にお恥ずかしい限りです。そして、皆様には申し訳ない気持ちで一杯です。

これに関しましてはもちろん、私に非があります。

 ルイさんから12月下旬に、4月に家族と日本に行くんだけれど、どこかミニライブする場所はないか、という問い合わせがありました。

 で、こちらは関西ですので、大阪か京都には来られますか、スケジュール次第では探しますよと御連絡いたしました。それで1月後半のメールで、4/12(木),13日(金)は京都にいる、というお話でしたので、では13日、京都で進めますが良いですよね? ということでメールいたしました。ところが、その日が結局無理になったという返事が、今日まで私のところには全く届きませんでした。彼によると、一時期大量のスパムメールが彼のPCに届いていて、それゆえに連絡が取れ無かったようなのです。彼が送ったメールは全く私に届かず、また私が送ったもののいくつかも届かなかったようです。しかし、返事のないのを了承したものと勘違いしたのですから完全に私の早とちりであり、ミスです。甘かったと思います。

このような経緯で真に申し訳ない事態になりました。改めて、心より皆様に深くお詫び致します。


 ただし、イベントそのものに関しましては、レーベルイベントでもあります。私達Penelopesを含めた3バンドで、引き続き行なう予定にしておりますので、よろしくお願いいたします。
[PR]
by penelox | 2007-03-13 22:33 | Vostokコンピ関連

「ウルトラマン」第15話『恐怖の宇宙線』


(1966年10月23日放映)


 子どもの落書きという、無限の可能性が怪獣登場の引き金になってしまうという、これまた皮肉な話。どういうことかは、ぜひ本編を御覧いただきたいのですが。


 登場する怪獣ガヴァドンは、子供の最初の落書き通り、何一つ恐ろしさのない、のっぺらぼうなもの。これはこれでまた、当時はトラウマになってしまうほど子供心には衝撃的でしたね。何しろ、怪獣らしさが欠片もないのですから。実に自由な発想、斬新なデザイン。

b0022069_1229463.jpg



b0022069_1230398.jpg

 調子に乗った子供達が今度は色々と書き足して、二度目の登場で怪獣らしくはなるのですが、それでも、やることといったら、ただ寝ているだけ。ビル街に映るガヴァドンの寝顔という構図が、非常にイマジネイティヴでした。この絵と、どデカいいびきは、子供の頃からずっと忘れて無かった。






 退治しようと悪戦苦闘する大人達、ウルトラマンがまるで子供たちの敵にさえ見えてしまう図式。挙げ句は、子供たちに「ウルトラマンの馬鹿野郎!」と叫ばせる。これは完全に確信犯ですね。


 このセリフゆえ、全体に実相寺映像美学よりも、佐々木哲学が前に出ている気がする作品。それは、子どもの無限の可能性はまた、残酷さとセットであること、暴力として利用される可能性もまた含んでいることも忘れてはならない、ということでしょうか。それを世の親たちに問うている気がするのです。

 怪獣番組に夢中になる子供達を諌める、親のあなたはわかっているのかな? 暴力的だからと怪獣番組を非難し、一方で子供達の無限の可能性をまるで美しいもののように賞賛するが、そのふたつは実は別物じゃないんだよと。

...そんな苦いメッセージが、この歳になると確かに伝わって来ます。


 ラスト、子供達の広場での落書きに困り果てる科特隊員たち、というシーンで終わるというのが、実に何とも皮肉。今どき、こんな強いメッセージ性を持った終わらせ方をするドラマを、(大人向けでさえ)私は知らない。広告代理店に蹂躙される以前のTVドラマの、強い実験性と社会性が、「ウルトラマン」のそこかしこにあるのは事実なのです。



 このメッセージ性の強さは、佐々木氏がもともと大学時代に児童文学研究部に所属し、児童文学者の戦争責任をテーマに書いたりしていたこととつながるのかも知れません。

 昭和40年代というのは、また戦後20年に過ぎず、戦争に行った人達もまだまだ元気でした。そのなかには、戦後、(諸事情はあったにせよともかくは)平和憲法を持ち、不戦の誓いをしたにも関わらず、真摯な反省などはどこ吹く風、戦争責任を曖昧に回避したまま、のうのうと日本社会の中枢で甘い汁を吸う人達も少なく無かった訳です。

 当時30才だった佐々木氏が29才の実相寺氏と組んで作ったこの作品には、佐々木氏のそんな人々への、そしてその図式に気付かず、短絡的な怪獣番組批判に走る世の親達の無神経さへの怒りがあり、そのエネルギーが、怪獣ドラマの中に異物を混入させてやろうという実相寺氏の意気込みと出会って化学反応を起こしている...そんな印象が強いのです。

 特撮ドラマにそんな意気込みが殆ど入り込めない今、こんな作品は実にうらやましい。40年経ってまた日本は、こういうことも表現しづらいような、不自由な社会システムを作ってしまった訳です。


 佐々木守氏といえば、今深夜に放映されている「アイアンキング」もまた、彼の手によるものでした。30数年前の本放送以来、久しぶりに見ている(しかも当時はちょこちょこ見た程度)のだけれど、実に面白い。この作品についても、いずれ何か書いてみたいものです。
[PR]
by penelox | 2007-03-11 12:38 | 懐かしいテレビ番組/主題歌など

「ウルトラマン」第14話『真珠貝防衛指令』


(1966年10月16日放映)


 人間のエゴイズムを皮肉たっぷりに描くという意味で、佐々木守-実相寺昭雄コンビの作品群は「ウルトラマン」のエピソードの中で独特の光彩を放っている訳ですが、この作品では女性の美への執念、というテーマをユーモラスに描いていて、嫌味な感じにはなっていない...そんな感じでしょうか。

 もっとも、ユーモアが過ぎて、桜井浩子氏への魚眼レンズによるアップ撮影には、さすがに本人からのクレームが出たようで。



b0022069_1533385.jpg

...ふざけるなといえば、フジアキコ(桜井氏の演じた隊員)を魚眼レンズで撮ったのも、実相寺であった。

だが、脚本の佐々木(守)は、フジ隊員をきれいに撮れと、実相寺に指示していたのだった。

「うん、いいよ」

二つ返事で引き受けた実相寺は、魚眼レンズを使った。

その結果、鼻の穴が広がり、目がタレている、とんでもないアップのシーンとなってしまった。

(「ウルトラマン創世記」桜井浩子著より)




 確かにこのシーンは印象的で、子供心にも忘れられないものでした。この話での桜井さんはショーウィンドウに鼻をくっつけてブタみたくなるシーンもあったと思う。それすらも、別におかしいと思ったりは全くなく、こういうものだと思ってみていた幼少期...いやはや。

いまでも、一般的に受け止められている美意識とは反対方向に持って行くことで、却ってその魅力を際立たせる、という、このヒネクレた(? いや、ギャップを大事にする)方法論は、無意識のうちに血肉化して自分のなかにある。逆光の中でこそ、物事の核心が浮かび上がる...とでも言いましょうか。このヒネクレ感は、のちに発見するコステロやXTCの音楽の中にも確かにあった感覚でした。


 ですから今改めてみても、これがあるからこそ、最後に真珠を身に付ける美しいシーンや、銀座でのイデ隊員とのデートシーンの淡い雰囲気がかえって印象的で、むしろ桜井浩子の魅力の詰まった主演作として、楽しい作品になっていると思うのですが。


それはさておき...


 悪いのは人間であって怪獣のほうではない...これをはっきり打ち出すのが、佐々木-実相寺コンビによる作品の際立った特徴で、これゆえに「ウルトラマン」全般までそう取られることさえあるのですが、人間の考える正義というものへの懐疑が、この全39話のドラマの全体に常に強く貫かれているのかというと、実際はそうでもないように思います。

 そもそも「ウルトラマン」においては、脚本、監督をローテーションで回したぶん、その個性によって描かれる正義への温度差は話ごとに違うんですよね。結果的にはその温度差、懐の大きさがバラエティーとしてバランスよく収まった訳ですが、これはそう意図された、というよりも、最初はわかりやすい勧善懲悪ものとして始まったものの、作っているうちに、作り手達が考えさせられ、より深いものへと変わって行ったケース、それにこのコンビの作風に他の作り手も影響されたケース...様々な場合があったんじゃないでしょうかね。


 ちなみに初代ウルトラマンの怪獣のデザインは非常に秀逸で、たとえばエイリアンに代表されるようなアメリカ風の怪物とくらべると、悪の権化のようなものは殆どいないのがまた、個人的に好きなところなのですが、ここで登場するガマクジラも、ちっとも憎らしくないんですよね。醜い化け物といえばそうなんですが、むしろかわいらしいぐらいで。

b0022069_15335363.jpg

 ですから、当時子供がむしろ怪獣の方を応援したり、そもそも人気怪獣、というものがあったこと自体、そのデザインの素晴らしさを証明するもので、これも結果的に、ドラマの苦味を際立たせて行ったと思いますね。まぁこれは、わざわざ私が言わなくても、既に常識となっていますけれど。
[PR]
by penelox | 2007-03-09 15:39 | 懐かしいテレビ番組/主題歌など

実相寺昭雄監督

wikipediaで実相寺監督の項を読む。


1937年3月29日 - 2006年11月29日


11月...亡くなられたのは、もうそんな前だったっけ...絶句してしまった。
書きたいと思っているうちに時間が経ってしまっていた。



 ここ数年、急に昔の特撮を振り返りたくなり、それで実相寺監督による「ウルトラマン」「ウルトラセブン」「怪奇大作戦」などを猛烈な勢いで鑑賞、その独特の映像世界を堪能し、それについてもここで少し書いていた。それに、よく読む「ちくま」には実相寺氏をはじめとする特撮関係にかつて関わった方のエッセイが定期的に掲載されていて、かなり興味深かった(今は石堂淑朗氏が書いている)。

 それだけに、昨年初めに佐々木守氏の追悼文を書いていた実相寺氏が、こんなに早く逝去されてしまうとは、思いもよらなかった。私がエエ加減なことを書いた「シルバー仮面」のリメイクが、まさか彼の遺作になろうとは。


 今月の「ちくま」のあとがき、編集部の方による言葉。
 記録的な暖冬からゴジラ映画の話、そしてそのシリーズの大監督である 本多猪四郎監督の事に続けて。



作風はまったく違うが、本多さんを敬愛していた実相寺昭雄監督のウルトラマンにも、同じような群集シーン(リヤカーに家財道具を載せ、赤ん坊を背負いながら、黙々と避難するシーンがしばしば描かれている)が何度か描かれている。「本多先生の真似をしたかったんだよ」とうかがったことがあったが、「赤い夕陽をバックに宇宙人を出したくなるのは、子供の頃すごした中国の原風景だね」とも言っていたように、実相寺さん自身の引揚者体験もあったようだ。

b0022069_23522215.jpg


 この、中国の原風景、というのも、昭和の特撮(のみならず映画全般の)のひとつのキーワードでもある気がするのだけれど、ここではひとまずおくとして。


 彼の作品の強烈な映像は、もう心の一部になってしまっていて、自分の中のある種の基準、スタンダードになっていたなとつくづく感じる。ガヴァドン、ジャミラ、スカイドン、第四惑星のロボット長官、メトロン星人のちゃぶ台シーン...。

 それは、別に私だけではなくて、たくさんの人がそうやって、良いもの、美しいものについてのある基準を作ってもらったと感じてるのを知ってるんです。だからこそ、もっともっと色んな人、特撮に興味もないような色んな世代の方に、ぜひ見て欲しいなと強く思う。


彼の監督作品について思うことを、ちょっと色々書いてみるつもりです。
[PR]
by penelox | 2007-03-07 23:54 | SF/特撮(Tokusatsu)

"1983"着うた配信



 3/3(土)より、The Penelopesの最新アルバム"Summerdew Avenue"の一曲"1983"の着うた配信をGIGA WAVEにて開始します。

アクセスはこちらDiscoverymusicのサイトからか、

こちらのGIGAのサイトでも行けるかと。

皆様、よろしければどうぞ。 b0022069_0151410.gif
[PR]
by penelox | 2007-03-02 00:00 | The Penelopes関連