<   2012年 02月 ( 64 )   > この月の画像一覧

2月29日 MBS「たねまきジャーナル: 原発とメディア」神保哲生氏


 2月29日の「たねまきジャーナル」の特集です。こちらでも出演番組を度々紹介させていただいているビデオ・ジャーナリストの神保哲生氏を招いて原発を巡るメデイアの問題についてお話を訊いています。ぜひお聴き下さい。

1



2

[PR]
by penelox | 2012-02-29 23:26 | 震災/原発関連+社会全般

2月29日 MBS「たねまきジャーナル」京都大学原子炉実験所助教・小出裕章氏による解説


 いつもアップして下さる方に感謝です。2月29日の大阪MBS「たねまきジャーナル」の小出氏のコーナーです。今回はゲストの神保哲生氏も加わり、この1年の原発報道の中で東電や政府が使う言葉についてなどを氏にお訊きしています。ぜひお聴き下さい。


[PR]
by penelox | 2012-02-29 23:06 | 震災/原発関連+社会全般

2月14日 名前のない新聞: 小出裕章氏インタビュー

「名前のない新聞」様による小出氏のインタビューです。ぜひ御覧下さい。

amanakuni.net

(YouTube上の内容詳細)
 もうすぐ福島の原発事故発生から1年ということで、名前のない新聞3月号のために京大原子炉実験所助教の小出裕章さんにインタビューさせていただきました。去年の4月(掲­載は5月号)にもインタビューしたので2回目です。
 小出さんはすべての取材に1時間以内という制限をつけているそうで、残念ながら聞きたかったこと全てを聞けたわけではありません。

 アップするにあたっては途中で電話がかかってきて中断した部分などは省略し、またこちらからの質問も字幕として載せて、全体を短くすることを心がけましたが、小出さんのお­話は全部入れました。
 なお名前のない新聞だけでなく海外の取材も一緒にしたので、海外から日本を見る視点での質問もあります。
 名前のない新聞への掲載はごく一部だけ内容を省略しました。3月初旬に印刷ができる予定で、そのころにPDFファイルで公開する予定です。


[PR]
by penelox | 2012-02-29 22:57 | 震災/原発関連+社会全般

2月28日 MBS「たねまきジャーナル」京都大学原子炉実験所助教・小出裕章氏による解説


 いつもアップして下さる方に感謝です。2月28日の大阪MBS「たねまきジャーナル」の小出氏のコーナーです。福島第一原子力発電所の民間事故調査委員会が独自に検証した事故報告書を公表したことについてなど、氏が答えています。ぜひお聴き下さい。



[PR]
by penelox | 2012-02-29 00:10 | 震災/原発関連+社会全般

2月27日 MBS「たねまきジャーナル」京都大学原子炉実験所助教・小出裕章氏による解説


 いつもアップして下さる方に感謝です。2月27日の大阪MBS「たねまきジャーナル」の小出氏のコーナーです。今回は福島第1原発の上空飛行禁止区域を半径3km以内に縮小したことなどについて氏が答えています。ぜひお聴き下さい。


[PR]
by penelox | 2012-02-27 22:23 | 震災/原発関連+社会全般

2月25日 朝日ニュースター「愛川欽也パックインジャーナル」

 2月25日に放送された「愛川欽也パックインジャーナル」です。今回は番組継続(ネット配信という形になるのでしょうか?)のお知らせと、小出裕章氏のゲスト出演という、嬉しい話題があります。内容も地上波では殆ど扱われない貴重な、しかし大変重要なものです。ぜひ御覧下さい。


◆原発問題のすべてを小出裕章さんに聞く
◆緑の政治運動とこれからの政党は
◆原発国民投票 大阪市6万2千、東京都は33万1千
◆橋下市長がじょじょに見えてきた
◆南京大虐殺はなかった、と河村名古屋市長

<コメンテーター>
早野 透(桜美林大学教授)、今井 一(ジャーナリスト)、川村晃司(テレビ朝日コメンテーター)、マエキタミヤコ(メディア・クリエイティブディレクター)、横尾和博(社会評論家)
<コーナーゲスト>
小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)


1



2




3




4




5




6




7




8

[PR]
by penelox | 2012-02-27 22:07 | 震災/原発関連+社会全般

2月23日 朝日ニュースター「ニュース解説 眼: 秘密保全法の大罪悪」青木理氏


 ジャーナリスト青木理氏による「ニュース解説 眼」です。権力によって都合の悪い「特別秘密」を「隠す法」より「出させる法」だろう、政府が持つ情報とは国民の共有財産であるという氏のお言葉。国家主義の立場(難しい言い方に聞こえるかも知れませんが、要は人ひとりの命、ひとりひとりの自由な活動、発言、考え、よりも、国家の利益を優先する立場)には私は与しないので、全く同感です。自分が個人としての尊厳を抑圧されていることにことさら無頓着な日本という国では、なかなかこの権力による国家主義台頭への布石に対して警戒心が浸透しないと思うのです。
 ぜひ御覧いただきい内容です。

解説 :青木理(ジャーナリスト)
アシスタント :井田香菜子(慶應義塾大学法学部3年)


[PR]
by penelox | 2012-02-26 09:51 | 震災/原発関連+社会全般

2月17日 朝日ニュースター「ニュース解説 眼: メデイア問題の本質〜再販制度」神保哲生氏

 いつも重要な視点を提供して下さる神保氏ですが、メディア問題のまた大きなひとつとして「再販制度」を取り上げています。YouTubeのコメント欄にある言葉がまさに言い得て妙です。「市場原理を煽っているマスコミに市場原理が働いていないという矛­盾。談合を批判しているマスコミが談合そのものであるという矛盾。特に放送業界は電波を独占し、新規参入すら許されていないという­矛盾。」
ぜひ御覧下さい。


解説:神保哲生(ビデオジャーナリスト)
アシスタント:井田香菜子(慶応大学3年)


[PR]
by penelox | 2012-02-26 09:30 | 震災/原発関連+社会全般

2月23日 OurPlanet TV「contAct: カメラの後ろ側の311」映画プロデューサー・安岡卓治氏


 2月20日の「cotAct」です。昨年3月11日の東日本大震災、福島第一原発事故を巡る映画が次々と作られつつあるなか、映画を撮る側にカメラを向けた作品「311」が3月3日から公開されるそうで、そのプロデューサーの方にお話を訊いています。ぜひ御覧頂きたいです。

(内容詳細)
東日本大震災から1年が経とうとしている。カメラが被災地を映すだけでなく、撮る側の素顔をも映し出したドキュメンタリー映画『311』が3月3日から公開される。
 
被災地の惨状、被災者の絶望を前に、言葉を失い立ちすくむ一方で、時に高揚し、時に混乱し、時に落胆する4人の監督たち―。メディアの持つ後ろめたさ、カメラの後ろ側を見­せた意図とは?そして、それを見せることで、観る者の心理へ向けた矛先に込めた思いとは?『311』共同監督のひとりで、映画プロデューサーの安岡卓治さんに聞く。 
 
(
ゲスト:安岡卓治(映画「311」共同監督、映画プロデューサー)
インタビュアー:土屋豊(映画監督)、高木祥衣(OurPlanetTV)
 
今週のニュース(番組冒頭01:35から)
(1) 2月17日 東京・霞ヶ関
  「朝鮮学校の無償化~詩人ら要請」
(2) 2月19日 東京・杉並区
  「杉並で脱原発デモ~子ども多数」
(3) 2月21日 東京・霞ヶ関
  「大飯原発再稼動~安全委、検証へ」
 
関連サイト
映画「311」公式サイト
 


[PR]
by penelox | 2012-02-26 09:10 | 震災/原発関連+社会全般

2月20日 アーニー・ガンダーセン氏 日本記者クラブでの会見


 先日出た「福島第一原発 ──真相と展望」の著者であり、こちらでも度々ご紹介したFairwinds Associates Inc.のアーニー・ガンダーセン氏がこの度来日され、会見を行いました。ぜひ御覧下さい。

Fairwinds Assocaites Inc.のHP

(内容詳細)
福島第一原発事故の直後、米テレビでメルトダウンが起きていると指摘した原子力技術者、アーニー・ガンダーセンさんが来日し、新著「福島第一原発 真相と展望」(集英社新書)について語り、質問に答えた。

福島第一原発のマークⅠ型原子炉について、設計上の問題を列挙した。さらに①放射能の封じ込めが設計上、最弱②地震・津波の情報無視③東電と規制当局の密接すぎる関係――­を指摘し、みな同じことしかいわない「やまびこ効果」で安全神話が広がった、と述べた。住民避難や廃炉、除染の課題をあげ、「日本政府は東電を守ることを最優先し、国民を­守ることは第二になっている」と批判した。また、原発建設の3条件として①冷却水の確保②地震③人口密度—をあげ、日本は①は十分だが、②と③からみて、原発は難しい、と­述べた。日本の国土面積は世界の0.3%なのに、世界の地震発生数の10%が集中し、世界のどこと比べても30倍の地震が起こる国だ、と説明。「100年に一度、ではなく­、1000年に一度のレベルで起こる地震に耐える原発は構造工学上、難しい」と述べ、「ほかの代替エネルギーを探す方が望ましい」と指摘した。使用済み核燃料の処分方法に­ついて、「私の学生のころから解決策は5年もあればできるといわれたが、その5年は一度も来なかった」と述べ、ガラス固化法は解決にならない、と説明した。

司会 日本記者クラブ企画委員 井田 由美(日本テレビ)
通訳 長井 鞠子 (サイマル・インターナショナル)





「福島第一原発 ──真相と展望」(アーニー・ガンダーセン・著 / 集英社新書)

b0022069_8532424.jpg

[PR]
by penelox | 2012-02-26 08:57 | 震災/原発関連+社会全般