<   2012年 05月 ( 36 )   > この月の画像一覧

5月31日 文化放送「吉田照美ソコダイジナトコ」アーサー・ビナード氏


 5月31日に放送された「吉田照美ソコダイジナトコ」でのアーサー・ビナード氏のコメント、解説です。ぜひお聴き下さい。




■ニュースの解説
「野田・小沢会談について」





■ニュースのポイント
大飯原発再稼働に向けて

[PR]
by penelox | 2012-05-31 23:59 | 震災/原発関連+社会全般

5月31日 MBS「たねまきジャーナル」京都大学原子炉実験所助教・小出裕章氏による解説


 いつもアップして下さる方に感謝です。5月31日の大阪MBS「たねまきジャーナル」の小出裕章氏のコーナーです。今回は福井・大飯原発の再稼働問題についてです。ぜひお聴き下さい。






「原発と憲法9条」(小出裕章・著/ 遊絲社)

b0022069_23223582.jpg





「騙されたあなたにも責任がある 脱原発の真実」(小出裕章・著/ 幻冬舎)


b0022069_2322206.jpg

[PR]
by penelox | 2012-05-31 23:23 | 震災/原発関連+社会全般

5月30日 MBS「たねまきジャーナル」京都大学原子炉実験所助教・小出裕章氏による解説



 いつもアップして下さる方に感謝です。5月30日の大阪MBS「たねまきジャーナル」の小出裕章氏のコーナーです。今回は4号機の使用済み核燃料プールに保管している未使用の燃料2体を、7月前後に試験的に取り出す方向で検討していることについてです。ぜひお聴き下さい。






「原発と憲法9条」(小出裕章・著/ 遊絲社)

b0022069_23311417.jpg



「騙されたあなたにも責任がある 脱原発の真実」(小出裕章・著/ 幻冬舎)

b0022069_23312094.jpg

[PR]
by penelox | 2012-05-30 23:31 | 震災/原発関連+社会全般

フクシマ 真実と未来:3号機臨界爆発映像と4号機爆発の解析(字幕)


 アーニー・ガンダーセン氏による福島第一原発事故に関する最新報告のようです。ぜひ御覧下さい。
 こちらのサイトに全訳がありますのでこちらも是非。
「新しい時代を作るのは老人ではない」



[PR]
by penelox | 2012-05-29 11:28 | 震災/原発関連+社会全般

5月28日 MBS「たねまきジャーナル: 特集 - 原発事故直後の放射能汚染の実態」


(YouTube上の番組詳細より)
福島原発の事故から1年が過ぎ、徐々に放射能汚染の被害の実態が明らかになりつつあります。
今夜は、<たね蒔き>でおなじみの神戸大学大学院の山内知也教授をゲストに、事故直後からおよそ10日間の放射能汚染について、その知られざる実態を伺います。
福島県内のみならず、関東にまで、拡散した今回の放射能汚染。はたして、本当の被害はどんなものだったのか、最新の情報をお届けします。


1




2

[PR]
by penelox | 2012-05-29 10:52 | 震災/原発関連+社会全般

5月26日 小出裕章氏横浜講演会


5月26日に行われた小出裕章氏講演会です。ぜひ御覧下さい。

[日時] 2012年5月26日(土) 12:15~
[場所] 神奈川芸術劇場
[テーマ] 子どもたちを放射能から守るために!
[ゲスト] 松田美由紀さん/ビデオメッセージ:山本太郎さん
[詳細] 「小出裕章さん講演会inヨコハマ 子どもたちを放射能から守るために!」


[PR]
by penelox | 2012-05-28 15:39 | 震災/原発関連+社会全般

5月23日 J-Wave 「JAM THE WORLD: TODAY'S HEADLINE」堤未果氏


 この番組は知らなかったので、アップされた方に感謝しいおります。「貧困大国アメリカ」や「政府は必ず嘘をつく」の著者でジャーナリスト・堤未果氏がニュース解説をされています。ぜひお聴き下さい。







「政府は必ず嘘をつく アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること」(堤未果・著/角川SSC新書)

b0022069_10565321.jpg

[PR]
by penelox | 2012-05-26 10:57 | 震災/原発関連+社会全般

5月24日 OurPlanet TV「contAct: 年1ミリシーベルト」で避難の権利~チェルノブイリ法」

5月24日のcontActです。ぜひ御覧下さい。



(YouTube上の番組詳細)
チェルノブイリ事故後、5年の歳月を経て制定された「チェルノブイリ法」。放射能被害にあった人たちの、避難生活や生活支援、健康診断や医療費助成について定めた法律だ。­法律では、「年1ミリシーベルト」以上の追加的被ばくを強いられる地域が「避難の権利ゾーン(=避難権付居住地域)」として規定されている。
  
ロシアで「チェルノブイリ法」の制定に貢献したチェルノブイリ同盟の副代表のアレクサンドル・ヴェリキンさんにお話を伺った。
 
ゲスト:アレクサンドル・ヴェリキン(チェルノブイリ同盟)
聞き手:白石草(OurPlanetTV)
 
◆アレクサンドル・ヴェリキン(チェルノブイリ同盟)
1953年レニングラード生まれ。レニングラード工業大学卒業後、1986年チェルノブイリ原発事故処理のため召集され、3ヶ月間作業に従事。1990年ソ連邦チェルノブ­イリ同盟大会へ代表団員として参加し、その後、同盟の幹部として、「チェルノブイリ法」の制定に貢献。作業労働者、原発事故の被害者の権利を擁護するための活動に従事して­いる。
 

関連番組
2011年12月8日配信
「なぜ避難勧奨地点にならないのか!? 〜苦悩する福島市渡利地区」
ゲスト:満田夏花(国際環境NGO FoE Japan)
[PR]
by penelox | 2012-05-26 10:38 | 震災/原発関連+社会全般

5月24日 MBS「たねまきジャーナル」京都大学原子炉実験所助教・小出裕章氏による解説


 いつもアップして下さる方に感謝です。5月24日の大阪MBS「たねまきジャーナル」の小出裕章氏のコーナーです。今回はリスナーからの質問コーナーです。ぜひお聴き下さい。





「原発と憲法9条」(小出裕章・著/ 遊絲社)

b0022069_23502611.jpg








「騙されたあなたにも責任がある 脱原発の真実」(小出裕章・著/ 幻冬舎)

b0022069_23505390.jpg

[PR]
by penelox | 2012-05-24 23:51 | 震災/原発関連+社会全般

真実はどこに?―WHOとIAEA 放射能汚染を巡って


 先日、Daily Motionで期間限定で上げられていたドキュメンタリーです。
 放射能の危険性に関するWHOやIAEAの舞台裏の混乱を知る上で大変重要な内容だと思います。ぜひ御覧頂きたいです。

(YouTube上の詳細)
真実はどこに? - WHOとIAEA 放射能汚染を巡って -
(原題:Controverses nucleaires)


WHO世界保健機関と IAEA国際原子力機関が共同で開催した、2001年キエフ国際会議の模様を捉えた、とても貴重なドキュメンタリーです。
特に福島の原発事故以来、私たち も避けて通れなくなった内部被曝の実態や、その証拠がどのように隠されてきたかを目の当たりにすることが出来ます。

ウラディミール・チェルトコフ(Wladimir Tchertkoff)監督、エマヌエラ・アンドレオリ、ロ マーノ・カヴァッゾニ助監督作品
フェルダ・フィルム、2004年、51分

日本語版制作 Echo Echanges France、りんご野
字幕翻訳 藤原かすみ、藤本智子、辻俊子、コリン・コバヤシ
字幕・ナレーション制作 岩城知子 
ナレーション 東陽子


[PR]
by penelox | 2012-05-24 12:06 | 震災/原発関連+社会全般