人気ブログランキング |

気分は81、2年・・・katsen

Watanabe's Pop Picks 159
"Florian" - Katsen

 マイスペースでシンセによる手作り音楽を公開している人達ってとっても多いですね。今はエレクトロニカというのか、エレポップというのか、シンセポップなのか、正直カテゴリーというのも細分化し過ぎるとあんまり意味がないような気もするんですが、私自身がそういうタイプの音でも惹かれるタイプというのはやっぱりあって、それは15,6歳から17,8歳の頃、年でいうと1981年から83年ぐらいの作品になる気がする・・・こういう傾向があるのは確かですね。

b0022069_8142270.jpg





 まもなくアルバム"It Hertz!"が出るらしいこの英国ブライトンのKatsen(カッツェン/たぶんドイツ語で猫という意味では)は、なんだか妙に80年代前半を感じさせるんですよね。エレポップでもまだ実験色が微妙に残る頃の音といいますか。影響を受けたアーティストのリストをみたらそりゃこういう音になるだろうな、とは思いますが、何でここまで自然にNew Wave、1981年か82年あたりなんでしょうかね・・・ふたりのメンバーは人を食ったような、狙ってる風でいて、しかし素朴に音に戯れてるだけのような、その辺りがまだミステリアスなのですが、音そのものであまりに屈託なく懐かしさと新鮮さが自然にクロスオーバーして来るので、何とも不思議な気分にさせられます。

 ともあれ、このバランス・・・リアルタイムで聴いてた私のような世代では作れない音楽だなぁと思うことしきり。時代はここまで来てるんですよね。


■Play For Today




■I'm In Love with a German Film Star
 これはThe Passions1981年のヒット曲(全英25位)のカヴァー。他のオリジナルと普通に並ぶところが凄い。




 改めてPVを色々観ますと、それ以降の音楽 - グランジ/オルタナを通過して以降のDIY感覚も感じられますし、過去の音楽やポップカルチャーをリメイク・リモデルする感覚が異様に研ぎ澄まされてる印象が強いですね。言ってみれば、たとえが変かも知れませんけれど、ヨシモトの若手お笑いコンビのハミ出さない器用さ、というのに近い感じ。コストパフォーマンスが高いというか、まとめ方が凄く上手い。ですから、現実にそういう音楽を聴いてた私などからすると、隙間からはみ出して来るその時代の匂いとか、本気じゃないんですよ的批評性というのが感じられないので、ついそういうのを求めてしまうところもあるのですが、これはこれで、あくまで過去の音楽が多すぎる時代の、ひとつのあり方なのかも知れません。

Katsen myspace page


b0022069_8141221.jpg




 いちびって(=調子に乗って、というニュアンスの関西弁です)人気ブログランキングなるものに登録してみました。もしよろしければクリックして下さいませ。
人気ブログランキングへ
by penelox | 2009-09-13 08:21 | Pop Picks


<< 秋の夜長に愛蘭土・・・Shau... 優しく可愛くセンス良く・・・O... >>