明日への(よれよれ)ステップ

Watanabe's Pop Picks 227
"Mirror Star" - The Fabulous Poodles
from the compilation "Mirror Stars"" (1978)

 今日も寒かったけれど、身体が慣れたのか、少しだけ緩んだような気もしましたね。
 何とはなしにパブロック流れの音の温かみに触れてみましたが、これは温かみというよりは、ロンドン裏通りのうらぶれ感と疲労感が年季の入ったおっさん達の皮肉混じりの音楽の中に溶けていて、キンクスが大不況下の75年のロンドンで結成されてたらこんな風になっちゃってたかなという、そういう、英国下町の匂いが染み付いた音だと思います(わかりにくいですね・・・)。こういう音楽もまた私にとっては、明日への元気の活力。活力と言っても、「さあ、頑張るぞ!」というような若々しく爽やかなものじゃなくて、腰痛に気をつけながらよろよろと、「まあ、やらなしゃあないのお・・・」と起き上がる・・・という感じなんですけどね(笑)。




 そういう、中年の、身体の芯から出て来たに違いない音は、やっぱり聴く者の身体の芯に来る音であった。
 
 ヴァイオリンを痙攣させてるヒゲのおっちゃんは、ブルーベルズからしっかり金をせしめたアノ人。

 この、彼らの1stと2ndを元にしたアメリカ編集盤のタイトルが私達の曲のタイトル"Midday Stars"に影響を与えた・・・というのは、実は誰にも知られていない。

b0022069_23381456.jpg


 いちびって(=調子に乗って、というニュアンスの関西弁です)人気ブログランキングなるものに登録してみました。もしよろしければクリックして下さいませ。
人気ブログランキングへ
[PR]
by penelox | 2009-12-20 23:39 | Pop Picks


<< Revolverの映像から(1) 歌の床暖 引き続き >>