7月23日 孫崎享氏「「戦後史の正体」について」


 7月23日に発売された著書「戦後史の正体」について、孫崎氏ご自身が語っている映像です。今こそ持つべき大変重要なポイントだと思いますので、ぜひ。


日本の戦後史は、アメリカからの圧力を前提に考察しなければ、その本質が見えてこない。元外務省・国際情報局長という日本のインテリジェンス(諜報)部門のトップで、「日­本の外務省が生んだ唯一の国家戦略家」と呼ばれる著者が、これまでのタブーを破り、日米関係と戦後70年の真実について語る。

著者:孫崎享
1943年生まれ。1966年、東京大学法学部中退、外務省入省。
駐ウズベキスタン大使、国際情報局長、駐イラン大使をへて、2009年まで防衛大学校教授。ツイッター・アカウント(@magosaki_ukeru)は3万5000人の­フォロワーをもつ。
著書に『日米同盟の正体―迷走する安全保障』 (講談社現代新書)、『日本の国境問題―尖閣・竹島・北方領土』(ちくま新書905)、『不愉快な現実―中国の大国化、米国の戦略転換』
(講談社現代新書)など。






「戦後史の正体」(孫崎享・著 / 創元社)

b0022069_11233571.jpg

by penelox | 2012-07-26 11:24 | 震災/原発関連+社会全般


<< 7月26日 MBS「たねまきジ... 7月23日 政治評論家・森田実... >>