8月8日 J-Wave 「JAM THE WORLD」堤未果氏


 8月8日に放送されたジャーナリスト堤未果氏によるJ-Wave「JAM THE WORLD」です。ぜひお聴き下さい。

(YouTube上の詳細)
■TODAY'S HEADLINE
 1. 野田首相「解散時期を明示することはできない」
 2. シリア大統領が反体制派弾圧宣言 「テロリスト」徹底排除
 3. 電力各社は値上げならリストラを 経産相が要求

■CUTTING EDGE
 「消費税増税を柱とする『社会保障と税の一体改革』関連法案が成立した暁には、近い将来、国民に信を問う」と、解散時期の確約を求める自民党に対して妥協案を提示した野田­総理。一方、解散の確約が得られなければ内閣不信任案、野田総理に対する問責決議案を提出する方針の自民党。はたして解散をめぐる攻防は、今後どうなっていくのか?政治ジャーナリストの鈴木哲夫さんに伺います。




■Breakthrough
 政府は、福島第一原発の事故を受けて、エネルギー・環境政策を白紙から見直すとして、将来の原発依存度について「ゼロ」、「15%」、「20%から25%」の3つのシナリ­オを挙げ、今月12日の午後6時まで国民の意見を募集しています。この国民の意見を募る制度、「パブリックコメント」と言うんですが、先月行われた「さよなら原発10万人集会」で、「パブリックコメントで政治家を動かそう」と呼びかけら­れ、にわかに注目を集めるようになりました。
 とはいえ、「知らない」「よく分からない」という人も多いですよね。パブリックコメントとはどんな制度なのか?政治を動かす力はあるのか? 

 今夜は、パブリックコメントに詳しい明治学院大学法学部教授の川上和久さんにお話を伺います。



「政府は必ず嘘をつく アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること」(堤未果・著/角川SSC新書)

b0022069_10565321.jpg

[PR]
by penelox | 2012-08-11 10:38 | 震災/原発関連+社会全般


<< 8月7日 TBSラジオ「DIG... 8月9日 文化放送「吉田照美ソ... >>