特攻の真実

「あんなふうに敬礼して見送ったんちゃうねん。みんな日本酒飲んだり、ポン打ったりな、滅茶苦茶して行ったんや。あんなもの正気でな、突入なんてできるわけがない。ほとんど当たるのが嫌で怖気づいて帰ってくる。しかし、着陸できないから、旋回してグルグルまわって、そのうち燃料がなくなって山に墜ちたとか、そんな例がいっぱいあったんだ」


(「週刊金曜日・佐高信の人物メモワール」より。俳優・故西村晃 / かつて井筒和幸監督にリアルな特攻映画をつくってくれと頼んだことに触れて。西村は実際に特攻隊員だった)
[PR]
by penelox | 2007-08-07 21:14 | 印象に残った言葉


<< 「アメリカ」なるものへの抵抗 いかがわしいもの >>